06 20

京都土曜サロンへのお誘い

 6月の京都土曜サロンは、日本読書新聞の元編集長で伝説の名編集者として知られる巌浩さんを特別ゲストにお招きして開きます。巌さんは最近、歌文集「浪々」(弦書房)を出版され、それを中心にゆっくりと語り会いたいと思っています。ご参加をお待ちしています。問い合わせは池田まで。

 6月25日(土)午後1時から(今回は昼からゆっくりと・・)
 会場は、武田好史宅の「春庭居」
     京都市左京区下鴨上川原町73
     (地下鉄北大路駅下車徒歩5分。北大路橋東詰最初の信号を南に30メートル下がった東側)
 費用は無料
          
 ゲスト、巌浩(いわお・ひろ)
 1925年大分県津久見市生まれ。第七高等学校を経て1944年東大文学部入学、45年1月~9月、陸軍都城連隊、阿蘇山中で終戦。46年、復学、49年卒業。日本読書新聞社に入社、現代ジャーナリズム出版会を設立し、並行して伝統と現代社を設立し、雑誌「伝統と現代」を発行。          
 1984年、沼津市の松蔭寺、奈良の春日大社で労務に従事。その後、春日大社の万葉文学講座の助手。アララギ派会員。熊本の季刊「道標」などに連載執筆中。(歌文集「浪々」の紹介から)

書評1 http://ikedatomotaka.main.jp/swfu/d/syohyou1.pdf
書評2 http://ikedatomotaka.main.jp/swfu/d/syohyou2.pdf

           
スポンサーサイト
Comment
5
巌浩さんの集まりに
呼びかけ人の三室勇さんから

巌浩さん(85歳)の初めての本、歌文集「浪々」を
祝う集いをおこないたいと思います。

日本の1950~1970年代の出版状況をよくご存じの
巌さんは九州出身の豪快さと繊細さを兼ね備えた
すばらしい方です。

また老いの先達者としても見事と、私は感服しています。
小さな集いながら、清涼感のある心地よい集まりになると思います。

歌文集「浪々」の書評がいくつか出ています。
そのPDFを添付します。
三室勇

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ