07 08

原発-小出情報など20110707

7/7(木)毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」<小出裕章・京都大学原子炉実験所助教の話です。ラジオを聞き起こしたものが友人から送られてきました。詳細は小出非公式ブログをご覧ください。http://hiroakikoide.wordpress.com>、今日は木曜日で千葉猛さんの司会、毎日新聞論説委員の落合博さんの解説で放送されました。

 原発のニュース、玄海原発の再稼動、岸本町長は再開同意を撤回しました。理由は二つで、ストレステストと、やらせメール問題で、ストレステストは、再開同意後に政府が言ったことで、検査はもっと早くやれ、菅総理は信用できないと言うことです。一般製品と異なり、数がないので実際に負荷をかけて出来ず、コンピューターシミュレーションでの信頼性への疑問があるのです。枝野氏、結果次第では運転中の原発も止めると言っています。古川佐賀知事も、原発再会を当面見送ると言うことです。海江田大臣、再開要請の後でストレステストであり、自らの進退に言及しています。誰が何を決定しているのか、分からないのです。

 やらせメール問題、経産省の住民説明会で九電社員が再開メールを子会社に依頼したこと、九電との信頼関係が破壊されたということで、九電も社内調査です。

 定期検査停止中の玄海原発、再開停止の仮処分を住民が求めました。電源喪失のことを想定していないということであり、メルトダウンを防げないと言うことです。

 山口、上関原発埋め立ての免許を発行していません。

 愛媛県、伊方再稼動で、議会に対して保安院黒木氏が再稼動問題なしと言いました。ストレステストに質問が集中したのに、これを実施しないと安全が確認できないのではないと言うのです、ムチャクチャです。

 そして、小出先生のお話、玄海原発のやらせメール問題、

「相変わらず」、昔からよくあったことなのです。内部から話を聞いて、推進側は昔からやっていたのです、慣習、ありふれた出来事で、なぜ今問題になるのかと言うことなのです。しかし、福島事故のためこそ、やらせをやらないといけないとの小出先生の見解なのです。


 また、鹿児島議会、一度否定しつつ、国会で追及されてうそをつけなくなったので、この結果であり、こういうことはよくあったと言うことなのです。原発再稼動を撤回したのですが、法的に地元の理解は不要なのです。地元がお金が欲しいから誘致した、地元がウンと言わないと再稼動できない、地元を困窮させて金で飲ませたのに、それもできなくなったのです。また、周辺自治体は交付金なしで、事故があれば交付金なしのところも大変なことになり、反対せざるを得なくなったということなのです。


 これまで、地元は金で了解してきた、地元の了解を法的に決めても出来たのですが、地元だけでなく、電気の消費地まで了解を得ないといけないとのことなのです。


 そして、福島事故、3号機に窒素を入れる配管でトラブルであり、3号機、水素爆発の可能性、東電が捨てきれないと思っている模様です。メルトダウン他は全く進んでおらず、原子炉内のことが東電すらわからない困難があり、1号機はメルトダウンを認めつつ、しかし、メルトダウンなら水素爆発はない、しかし、2,3号機の模様が分からず、あらゆる可能性を考えて対処しないといけないのです、大変な困難です。


 3号機、プルトニウムがあり、これが爆発したら、プルトニウムは人類最悪の猛毒であり、これを燃料にするのがいけない、ところが、原子炉を動かすと膨大な核分裂生成物を産み、それと比べて、MOXによるプルトニウムの危険性はまだ小さいのです。もっと大きな問題があるのです。


 これから何十年原子力の知識が要るのに、学生の原子力離れがあり、60~70年前は大日本帝国、帝国大学が7つあり、60年代に原子力工学科ができたのです。その頃は原子力が夢のエネルギーと思っていた、小出先生もそうである、しかし、やってみたら夢は実現しないと、20年前から原子力工学科に学生が来なくなり、7つつの帝国大学から消えた、つまり、原子力に夢が持てなくなり、優秀な学生が来なくなり、文科省はお金をばらまいても来てくれないのです。しかし、膨大な核分裂生成物の処理は何万年かかる、原子力の専門家を残さないといけないのです。


 やらせメールは昔からとの証言に愕然となりました。だんだん、絶望的なお話になりますが、今後も小出先生のお話をお伝えいたします。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ