07 12

原発ー小出情報など20110711

7/11(月)毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」<小出裕章・京都大学原子炉実験所助教の話です。ラジオを聞き起こしたものが友人から送られてきました。詳細は小出非公式ブログをご覧ください。http://hiroakikoide.wordpress.com>、、今夜も毎日放送アナウンサーの水野晶子さんの司会、毎日新聞ほっと兵庫編集長平野幸夫さんの解説で放送されました。

 原発関係のニュース、南相馬市のセシウム問題、同じ農家の加工肉が静岡、大阪、東京、神奈川、愛媛と5つの都府県に流通されていました。福島事故で、緊急時避難準備区域の牛から、3200ベクレル/kgの肉が出ましたがこれは流通せず、しかし、先月までに出荷した肉が流通しているのです。静岡市は、1998ベクレル/kgのセシウムを発見し、もう14.8kg販売・消費されています。えさのわらから17000ベクレル/kgのセシウムで、基準値の56倍なのです。原発事故当時屋外にあったわらであり、震災後物流が滞り、仕方なく牛に与えられました。平野さん、起きると危惧されていたことが起きたとのコメントでした。全頭検査も必要かも知れません。

 追加のストレステスト、政府が結論を出し、運転再開に統一見解で、EUの導入しているストレステストを参考に2段階の評価を行い、津波・地震にどこまで耐えられるか、運転を続けるかを評価します。しかし、新たな安全評価の具体的な内容は未定です。安全委員会、保安院が数日中に作成し、電力会社が検査を行い、安全委が評価と、チェルノブイリは起こらないと言っていた安全委が行うのです。

 玄海原発やらせ問題、佐賀県が委員会を開き、九電を参考人として招き、誰がメールを作ったか、九電は明らかにしていません。賛成メールの2割がやらせなのです。平野さん、深刻な話なのに、喜劇に見えると言われました。ストレステスト、安全の余裕と言うことが分からずなぜ言えるのか、というコメントです。九電のやらせ、三すくみ(九電と佐賀県の利害が絡み、九電は決算を控え、半期で1000億円の損失であり、それだけ原発が安く、安全を代償に走っていたということ)であり、石油・LNGで6~9億かかる、それを受けて自治体も九電から企業献金を受けており、地元企業が九電により潤うので、早く再開したいとのことで、住んでいる国民はないのです。また、安全委員会の責任は問われていません。斑目氏、答弁する資格もないとの平野さんの指摘で、そんなもののチェックは無意味である、責任を問われたのは西山氏のみ、それも不倫でした・・・

 JNNの世論調査、再稼動反対が58%、賛成35%、原発が総選挙の争点なると8割が答えています。千葉県のゴミの灰からセシウムが検出され、剪定された木の枝などのものと言われています。

 そして、小出先生のお話、
牛肉について、南相馬市の農場の牛からセシウムが出たこと、わらが原因と小出先生も思われています。わらは、事故当時屋外にあり、汚染されて然るべきで、このセシウムの値、原発から30kmほどで、放射能が北西に流れ、風下になり、この汚染はごく当たり前なのです。近隣に比べて南相馬は比較的低いと水野さん思っていたのに、ばらつき、ホットスポットが起こったためと小出先生の判断です。

また、加工肉が各地に流通し、「3月11日を境に世界は変わった」、放射能まみれになってしまい、大阪は例外ではない、それを受け入れないといけない、子供には食べさせてはいけない、わからないままの流通を変えないといけないということです。全頭検査をしたら、どれを子供に与えたらいけないか分かる、それを東電に責任を取らせて検査をやらせるべき(東電に買い取らせても、捨てるだけであり、1次産業は壊滅する、それより、検査して、大人が受け入れるべき)という見解です。

 しかし、最初のスクリーニング(体の表面)は抜けており、外部からでは分からない、一頭ずつ、内部被曝を調べるべき、東電にこの大変な検査をさせるべきとのことです。


 リスナーより、セシウムを含む肉を食べていたらどうなるか、セシウムはアルカリ金属(カリウムと同じ挙動を取る)、セシウムは全身に分布し、排泄もされるが、カリウムを取るとセシウムは排泄されるが、全部排泄されるのではない。セシウムは半減期30年、人間の代謝はもっと早く排泄されるのです。大人は、セシウムに汚染されたものを、どう摂取するかを考えるべきなのです。しかし、カリウムはあまり分布していない、カリウムだけ取るのは無理、「大人は被曝をあきらめるべき」とのことです。

 
 関東、福島以外のところからも汚染肉の出る可能性はあり、チェックして摂取を抑える必要があるのですが、どの食べ物がどれだけ汚れているか、それを検査して明示しないといけない、これは魚介類も同じです。日本の政府は基準を超えたものはダメ、それ以下は安全と言っているが、サイエンス的にはあり得ないのです。


 ゴミの焼却、千葉県柏市のゴミからセシウムが9倍出ている、これまでは下水処理施設の汚泥でしたが、今回は一般のゴミであり、これについて、小出先生、放射性物質を環境にでないように苦労していたが、そんなレベルではない、木の枝、葉っぱが原因であり、これについて、放射能は増えも減りもしない、汚染はそのままで、濃度が変わるだけであり、燃やさなくてもそこにあるので、「日本の法律体系が適用できない汚染になっている」のです。


 今日のお話は以上です。もう、放射能汚染からは逃げられないのです。以上、お伝えいたしました。


続いて、上田崇順アナウンサーが原発に代わる自然エネルギーについて取材し、そのお話がありました。


 自然エネルギーの可能性、日本の1%であり、水力を入れて10%、太陽光、風力発電は、風力、日本風力発電協会によると、1807台の風車があり、1台で1000~2000kwの発電能力があります。合計244万kwで、風車で原発2.4基の電力になります。しかし全て全部活躍できておらず、国が初期投資に助成金を出し、地方がそれでメリットがある(売電もある)のですが、地方が1,2台建てても、雷、故障、メンテナンスがあり、その必要が予想以上にかかり、風車を回すと赤字になるケースもあり、撤去されたものもあるのです。


うまく行ったのが高知県で、梼原(ゆすはら)町、中型風車が6基、黒字を出している、山間で、冬は雪も降りますが、99年に4億円で風車を買い(補助2億ありますが、予算3.3億円)、3500~4400万円に四国電力に売り、大きな収入です。発電量が多くまかなえる、ここは事前に調査を行い、風速の高いところがあり、そこに建てて成功しているのです。売電した金をためて、太陽光パネルを個人が買う補助にしています。家庭に4kwのパネルに80万円の助成を行い、106件助成して成功しています。自然エネルギーの比率を町としてあげているのです。梼原町は40基の風車を建てるべく計画しています。国の助成はなく、1基建てるのも大変だが、建設、メンテナンスを民間に委託し、風車を立てる土地を貸す、3セクにするという方法で初期投資のリスクを避けているのです。


 うまく行っている自治体でも民間頼みであり、民間の参入、条件自体です。全量買取となると、風力発電の価格は上がるのです。


 山梨で、北杜市の歯医者さん、大友さんが太陽光発電の会社を作り、自宅、農地のあぜ道のはずれを借りてパネルを設置し、今も増やして時間がない、増やせば得になるのです。制度として、太陽光は売電があり、高値で買取でき、会社として利益が出るのです。設備を最初に作り、5年で元が取れるのです。風力は1kw11円、太陽光は1kw40円であり、高い売電価格は10年続き、6年後もOKであり、その後、安くなっても買い取ってもらえるのです。家庭用のパネルは4kwで200万円、この会社だと家庭用の6割の価格での設置が出来て、住宅20件分も発電できるのです。パネルはまだ倉庫にあり、どんどん設置したい、農地は余っているので、これが出来るのです。ただ、周辺の住民は選んで買えない(東電に売ってからなので)のです。ヨーロッパはそれが選べるのです。電力自由化に期待しており、火力、原子力も資源、廃棄物の問題で続けられない、原子力は捨て場所なしで、自然エネルギーしかもうないという大友さんの見解でした。これは自然エネルギーで発電したものとして売る制度が必要というコメントがありまし
た。
(B


 面白いお話でした。以上お伝えいたしました。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ