07 25

原発‐小出情報など20110725

7/25(月)毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日も毎日放送アナウンサー水野晶子さんの司会、毎日新聞ほっと兵庫編集長平野幸夫さんの案内で放送されました。

 原発事故関係のニュース、牛肉からセシウム検出、政府は買い上げ対象を広げ、問題のわらを食べた可能性のある牛を買い上げます。その牛は1000頭以上が流通しています。秋田の腐葉土からセシウム発見(栃木県産のもの)、ホームセンターで売られていたものです。腐葉土には濃度基準はないものの、使用を止めるようにしています。

 関西でも10%節電であり、9/22まで関電管内で求められ、東電と違い法的拘束力・罰則はありません。

 そして、小出先生のお話、
ホームセンターの腐葉土(栃木県産)のセシウム、腐葉土は木の葉の落ちたものであり、「放射能は出て当然」であり、こうしてものが見つかる場所が広がり、栃木のセシウム濃度は不明なもの、「濃度の高低を問わなければ日本中、いや世界中が汚れている」のです。


 木の葉っぱ、第2次補正予算に、林野庁がバイオマス発電の予算をつけ、被災地にバイオマス発電所を作るものの、被災地の瓦礫の中の木を使う予定であり、瓦礫処理でエコと言うのですが、木の放射能中の放射能汚染は当然あり、しかしむつかしいことであり、震災で瓦礫になり、放射能でも汚れている、放射能はなくならない、焼いてもなくならない、瓦礫処理のため焼くなら、放射能拡散を防ぐため排気ガスの問題、残った灰は大変な放射能が出てしまうのです。しかし、瓦礫は膨大であり、被曝は避けられないのです。


 原発の汚染水の処理、遮水壁(地下ダム)の話が具体化したものの、秋ではなく、今やらないといけない、また地下は30mではなく、10m掘ればいいということは、地下何mまで核燃料がめり込むかは不明であり、5~10mと言っているものの、確信なし、岩盤に達するまでやるなら、もっと大変です。また、格納容器のことが分からず工程表を作ってしまった、原子炉の中身を見られるのは分からない、2,3号機は建屋にすら入れないのです。「中身が分からないまま対策を立てないといけない」と言うのが原子力事故の本質なのです。

 
 今日のお話は以上です、また明日もお知らせいたしました。


 続いて、たね蒔きジャーナル、この前好評の、琉球大学名誉教授の矢ヶ崎先生、先週水曜日(20日)に続いてのお話がありました。同じ場所をたくさんの放射能で攻撃するのですが、その後のお話です。


 内部被曝の恐怖は、広島、長崎でも学んでいたのですが、矢ヶ崎先生、原爆で被爆者が放射線に打たれ、核分裂の放射線(初期放射線)は爆心から2kmであり、核分裂による放射能の灰、広範囲に内部被曝をさせられました。きのこ雲、あの雲が放射能の埃なのです。原子雲、放射性の埃であり、空気の酸素、窒素を電離化し、放射能の埃のところに雲ができる=黒い雨であり、それだけでなく普通の埃でも大変なものなのです。


 ところが、アメリカが核兵器で世界をコントロールしたくて、原爆の破壊力を見て、放射線被曝はあまり大きくないとしてしまった(これを知らせたら、アメリカ国民も核兵器に反対するから)ので、つまり、核兵器を使った瞬間だけでなく、その後ずっと多くの人を苦しめるのに、後者がないとアメリカはしたのです。


が、後者(内部被曝)は66年経っても深刻で、9月2日、日本は東京湾でミズーリーに降伏文書に調印したときに、多くの記者が世界から来て、広島、長崎に来て、被爆の現状を知らせていて、ロンドンの記者、現在でも原爆でけがをしていない人が住民の死亡者が続いている、原子の伝染病と表現しているのです。ニューヨークタイムスの記者が1日100人死んでいると報じました。これを知り、マンハッタン計画のファーレスという人が、大急ぎで東京に来て、この報道を否定する記者会見をしたのです。そして、アメリカが占領下、原爆のデータを隠蔽し、被爆者のサンプルは取るものの、治療はしないことをして、これは今も非難を浴びていますが、放射能の埃がなかったことにされて=内部被曝なしとされ、「被爆者の内部被曝の要素が削除されました」。


さらに、広島、長崎を台風(枕崎台風)がその後襲い、「洗い流された後のデータしか残らなかった」のです。放射能が洗い流された後のデータしか残っておらず、その前のデータは、アメリカ占領前の、日本の測定したデータも封印され、市民の触れられるデータは、台風前のものは残っていないのです。今、深刻なのは、国際放射線防護委員会の基準に、内部被曝が見えないようにされてしまい、占領終了後、日本の放射線治療、研究の際に、爆心から2kmより離れたらだめとされ(原爆医療法、1957年=内部被曝無視)、被爆者が苦しんでいても、内部被曝なしなので、国が支援せず、原爆症集団認定訴訟があり、矢ヶ崎先生、内部被曝を認めよと主張されたものの、しかし、日本独自の被爆データはなく、アメリカの持っているデータしかないので、放射性降下物なし、国際放射線防護委員会に入れ込み、壮大な科学的なごまかしをしたことは大変なのです。国際基準で決められたため、大変なのです。


福島の子供を守るため、年間20ミリシーベルト、これには内部被曝のことは入っていない(国際放射線防護委員会が内部被曝を知らない、あっても外部の1/100としている)、子供に20ミリ適用は矢ヶ崎先生に取ってみたらとんでもない、「80兆個の分子を1ミリシーベルトで切断できる」ので、人間の全分子を破壊できるのが1ミリシーベルトであり、外部被爆では平均化され、細胞に1個ずつになりますが、内部被曝だと、集中的にやられるところと、そうでないところがあり、危険なのが遺伝子の切断、生物の修復作用を壊して遺伝組み換えに誤差をもたらす、この2点が危険なのです。1ミリシーベルトでも、こんなに大変なのです。


 今日はこれで終わりですが、最後の、1ミリシーベルトで人間の全細胞を破壊できると言うこと、そして、広島、長崎で内部被曝が無視されたこと、これ、福島の未来に大変なことです。この内容も私に無断でいくらでも拡散してください。また、矢ヶ崎先生が出られたらお知らせいたします。


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ