08 03

大震災にーー石牟礼道子

震災の3月11日は石牟礼道子さんの84歳の誕生日だったそうです。
水俣病を取り上げた「苦界浄土」の石牟礼道子の実に凛々しくも深い
言葉です

花を奉る

春風萌(きざ)すといえども
われら人類の劫塵(ごう)いまや累(かさ)なりて 
三界いわん方なく昏(くら)し
まなこを沈めてわずかに日々を忍ぶに 
なにに誘(いざ)なわるるにや
虚空はるかに一連の花
まさに咲(ひら)かんとするを聴く
ひとひらの花弁
彼方(かなた)に身じろぐを
まぼろしの如(ごと)くに視(み)れば 
常世(とこよ)なる仄明(ほのあか)りを
花その懐に抱けり 
常世の仄明りとは
暁の蓮沼に揺るる蕾(つぼみ)の如くにして 
われら世々の悲願をあらわせり 
かの一輪を拝受して寄辺(よるべ)なき今日の魂に奉らんとす
花や何 ひとそれぞれの涙のしずくに洗われて咲き出づるなり 
花やまた何 亡き人を偲(しの)ぶよすがを探さんとするに
声に出せぬ胸底の想いあり
そを取りて花となし み灯りにせんとや願う
灯らんとして消ゆる言の葉といえども
いずれ冥途(めいど)の風の中にて
おのおのひとりゆくときの花あかりなるを
この世を有縁(えにし)といい 無縁ともいう
その境界にありて 
ただ夢のごとくなるも花かえりみれば
目裏(まなうら)にあるものの御形(おんかたち)
かりそめの御姿なれども
おろそかならず
ゆえにわれら
この空しきを礼拝す
然(しか)して空しとは云(い)わず
現世はいよいよ地獄とや云わん
虚無とや云わん
ただ滅亡の世迫るを待つのみか
こゝに於いて
われらなお
地上にひらく一輪の花の力を念じて合掌す

2011年  大震災の翌月に         石牟礼道子


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ