08 22

原発ー小出情報など20110822

テレビ朝日モーニングバードでの発言(2011/8/18)と文化放送 ソコダイジナコト 小出先生のお話(2011/8/22)(日本の核武装志向をまとめてくださいました。(友人のメールから。転載許可済)

※小出先生他 テレビ朝日モーニングバードでの発言(2011/8/18)

 永岡です、小出先生が、テレビ朝日のモーニングバードに8月18日ビデオ出演され、その模様が動画サイトに集められていました。

http://ggtms.com/p/koide.html


 この日の内容、例により書き起こしします。


 もうすぐ現政権が終わり、この政権の対応が正しかったのか、そもそも政府は放射能を甘く見ているのではないかというテーマで、まず小出先生のお話です。彼らは、こんな事故が起きるとは思っておらず、どんな対応も出来ず、何とか事故が小さくなるようにと願っていただけで、後手後手に回ったのです。3月12日の段階で原子炉爆発を小出先生想定した、しかし、政府も、専門家も分かっていたか、爆発したら3km、20kmでは済まず、福島全体の避難をなぜしなかったか、理解できない、防災は悪い想定をしてやるべきなのに、楽観的な見通しをして、対策を少なくしたいと思っていたのです。


 アメリカは東京にいる9万人のアメリカ人の避難を検討したが、日米同盟を重視してやめた、しかし、日本政府は、検討したのか、被曝した人が大勢いて、避難せずに、被曝した人がたくさんいる、日本では、チェルノブイリ以後、事故は起きるかも知れないと思い、事故対策のために、SPEEDIというシステムに100億円、20年をかけたのです。SPEEDIを開発した人は徹夜で計算して対処したのに、日本政府は隠した、半月後に出して、南西、北西方向に放射能が流れて子供も含めて被曝した、それがわかるならせめて子供にヨード財を飲ませるのに、隠して、子供の被曝をさせてしまったのです。


 事故の調査、SPEEDIを役に立てようと、政府は考えていなかった模様であり、この日の新聞で45%の子供の被曝が分かり、これについて、健康が目的で基準を作るのではなく、健康より別のものを優先している、それをしないと国家が崩壊する、法律なら、福島全域を放射線管理区域にして人を追い出さないといけない、放射能は目に見えず、危険であり、信じられない広大な面積を放棄しないといけない、それは日本という国家に選択できず、住民に被爆させる選択を国家は取ったと小出先生、言われました。


 チェルノブイリではどうだったか、今度は小出先生の同僚、今中哲二先生のお話があり、旧ソ連は人々の避難をどうさせるか、チェルノブイリのそばのプリピャチから避難させるため、バスを1200台動員してあっという間に避難させました。30km圏内は今も立ち入り禁止で、除染を試みたものの、そんなに落ちない、広大な面積でとてもやり切れず(経済的にも物理的にも不可能)、除染していないのです。


 こうなる可能性が分かっているのに、福島の人を逃がさなかった理由、この番組担当者も分からないのです。チェルノブイリでは、当時のソ連は移住希望者を移住させたのです。福島で、支援活動をしている日本大学の小澤祥司先生、ヨウ素は消えて、セシウムが汚染の主体であり、半減期が長く、これからなくならない、毎時80マイクロシーベルト/時間(年間700ミリ)もの汚染なのです。これは住める線量ではなく、除染について、ある程度市街地なら除染は有効(道路、建物、側溝を洗う)だが、取ったものをどこへ持っていくか決まっていない、水で流すと下流に汚染が起こるのです。計画的避難区域は森林に囲まれており、農地は森林に囲まれて、農地を除染しても回りからまた汚染されるのです。森林+農地全体を除染しないといけない、森林は木を切り草を抜き、腐葉土も全て取らないといけないのです。


 ソ連の取った避難区域、強制避難区域は飯館村のレベルであり、義務的移住区域、移住権利区域にすると、宮城県の一部まで入るのです。番組の方は、日本政府はソ連以下であると言っています。


 いつ帰れるか、小澤先生のお話は、汚染度ははっきりしており、ここは30年帰れない、ここは10年後に帰れるとして、長く帰れない人に、代替地を用意する必要があると語られました。


 チェルノブイリは20~30年経っても汚染されている、土地の買い上げではない、30年後に帰れるので、その間国が土地代を支払うことが必要とのことが、番組担当者から話されました。しかし、政府は買い上げなど検討しているか、不明なのです。これは、人権問題だと、スタジオで話されました。


 これ、東京から放送されているとは思われないくらいのものでした。この番組、関西では高校野球のため放映されず、このサイトで初めて知りました。以上、お伝えいたしました。


※文化放送 ソコダイジナコト 小出先生のお話(2011/8/22)(日本の核武装志向、

 永岡です、小出先生非公式まとめに、文化放送の、吉田照美のソコダイジナコトに小出先生が出演された記録があり、

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/22/terumi-aug22/

 例により聞いて書き起しました。


 1週間前の取材で、小出先生、正確なところは分からないと言われ、政府、東電の出すデータに基づいて判断しているものの、一番大事なのはデータがどこまで正確かであり、データが覆されることもあるのです。


 1号機の水素爆発、2号機もサプレッションチェンバー爆発、しかしメルトダウンかは不明、3号機は水素爆発(核爆発との推測もある)、4号機に燃料はなく、使用済みプールにあり、3号機から水素が来て爆発したと思われます。使用済みプールの階だけでなく、それを支えているところも破壊され、使用済みプールの崩壊の危険性があり、下の階の補強を東電もすると言うものの、あれだけの地震であり、使用済みプールの崩壊する余震のないことを願っています。


 連日テレビではやっていないが、原発は収束しておらず、まだまだ問題なのです。


 汚染水のこと、地下に染みるのを防ぐため、地下ダムを小出先生発言したのに、東電は株主総会で、1000億円かかるので総会の前に発表したくないというのですが、冗談を言わないで欲しい、事故収束、賠償に何十兆円かかるのです。総会後も東電はやっていません。工程表改定でいずれやると言うものの、今も汚染水は海にもれている、一刻も早くやらないといけないのです。


 北海道で原発の再稼動、吉田さんもとんでもないと思い、小出先生、原発はいつか事故を起こすので止めたかった、ここまで来て、日本の原発は全て止まると思ったのに、政府、産業界も止めない、止めたら電気代が上がるとか言っているのです。ドイツとか止めているのに、当事国が止めないのです。産業界は原発に利益を求めて、経済原則でも原発は成り立たないとわかっているのに止めないのです。メディアも追求せず、世界のメディアが小出先生に来て、なぜ日本のメディアはダメかと聞き、日本はお上意識が強いと答えると、海外のメディアは信じられないと言うのです。


 各国のメディア、世界が原子力を止めようとしているのに、日本がなぜ止めないのかと質問し、小出先生、産業界の欲求は崩れ、問題は「核」、核兵器であり、去年の秋にNHKが核を求めた日本を放映し、日本は戦争に負けて二等国になった、それで、原子力の平和利用を標榜して、核兵器開発をやっていた、それを小出先生、政府の外交文書で知っており、NHKがなぜ言い出したか、日本が強国になるには、核兵器もいると、政府も覚悟を決めたと(そのためにNHKがこれを放映したと)小出先生判断されたのです。


 核兵器のために原発を続けたと言うのです。放出放射能は事故直後の1/1000万になったと言ったものの、チェルノブイリで広島原爆800発の放射能が出た、福島では80発分でたわけです。


 明日の放送でもこれが報じられるそうなので、このページにアップされたらまたお知らせいたします。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ