-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08 23

原発-小出情報など2011082301

※小出先生のお話 2011/8/23(処理に何百年かかる、

 文化放送のソコダイジナコト、吉田照美さんの司会で、昨日に続いて週刊エンターの中で小出先生のお話がありました。

http://ggtms.com/p/koide.html

 これで聞けます。


<内容>

 事故の収束のこと、難しい、恐れているのは大量の放射能放出であり、事故から10日で大量に出たが、その後は大量放出は避けられている(汚染水は溢れている)のですが、また、大量放出が起きないとは断言できないのです。圧力容器内の水蒸気爆発の可能性があり、今までの10倍の放出がありえて、東電も被曝しつつ原子炉の冷却をやっています。



1~3号機は運転中、1号機は炉心に水がなく、メルトダウン、2,3号機は水位計すら調整不能で、こっちもメルトダウンを推定し、政府も認めているが、2,3号機はメルトダウンしていない可能性もあり、炉心本体が残っているが、こっちがメルトダウンしたら、水蒸気爆発の可能性があるのです。1号機はなかったのですが、2,3号機の水蒸気爆発の可能性があるのです。冷却作業を当面続けないといけないのです。これは、気が遠くなるほど時間がかかる(半年~1年)、ウラン全体が融け落ちる発熱は半年~1年は予断を許さない、その後も、放射能は消えない、放っておけば環境を汚染するので、地下ダムがいるし、チェルノブイリの石棺も要るのです。原子炉をお墓の中に閉じ込める、「何年、何十年、何百年かかる」のです。


 なぜ、こういうことを政府、東電は隠すのか、福島の放射能の汚染、小出先生のいらっしゃるところ(熊取)におもちゃの原子炉があるが、放射線管理区域、放射能で汚れていたら仕事にならず、きれいにしている、物を持ち出すときに放射能の汚染を取るが、福島の、人の住んでいるところ、放射線管理区域から持ち出してはいけないほどの汚染で、小出先生の管理区域の方がきれいなのです。日本の法律、全て崩壊し、日本は法治国家だが、国家こそ法律を守らないといけない、年間1ミリシーベルト以上の被曝はアウト、1平方あたり4万ベクレルのものを持ち出したら処罰、ところが、福島事故でこれを無視して(誰が無視したか調べるべき、「政府首脳は刑務所に入れるべき」)、年間20ミリシーベルトまで我慢しろと言っているのです。


これを適用すると、福島全域を放射線管理区域=無人地域にしないといけないので、とんでもないことであり、地震と津波なら必ず復興できるが、放射能汚染されたところはだめなのです。福島全域が失われる、とんでもないことが起きていると実感して欲しいというのが小出先生のお話です。


※小出先生 文化放送ソコダイジナトコ 続き(絶望したら終わり)


 永岡です、先ほどお伝えいたしました文化放送ソコダイジナトコ、小出先生と吉田照美さんのお話の続きがアップされました。

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/23/terumi-aug23-2/

<内容>

 放射能汚染の日本の今後について、汚染は日本全域か、について、放射能被曝はどんな微量でも危険であり、放射能は世界に広がっていて、地球の裏側でも汚染されている、沖縄、北海道、沖縄も飛んでいて、これから福島の放射能から日本人は逃れられない。濃淡はあり、福島の汚染は大変で、茨城、東京もホットスポットあり、神奈川でもお茶が汚染され、汚染食物がこれから出てくるのです。


 これからの希望、小出先生、原子力廃絶を願いながら事故を防げなかった一人であり、残念だが、これから希望は正直に言うと持てないが、絶望したらそこで終わり、責任は子供を守りたいということなのです。吉田さんも、人のためになりたいと言い、最後まで自分のためという人が多すぎるとコメントしていました。これは、大事なことと思いました。


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。