09 28

「たね蒔きジャーナル」20110927

9月27日(火)毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞ほっと兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で放送されました。

 原発関係のニュース、国は原子力の方向を決める会議を開きました。国民の意見の98%(1万件中40%が原発の意見)が脱原発で、事故の影響、放射性廃棄物のものなどであり、慶応の金子勝さんも参加しています。

 枝野大臣、原発再稼働、安全組織の改編で努力しており、安全庁の発足を待たずに今年度中にやると言っているのです。野田総理は来年夏と言っていたものの、枝野氏は今年度中と言っているのです。

 福島事故、避難準備区域、30日に解除であり、半径20~30kmの5つの市町村で、5万8千人のうち半分が避難しています。斑目氏、良い方向に向かっていると語っています。

 東電が事故時のマニュアルを黒く塗りつぶしたこと、元のものを出すように委員会は求めています。保安院、1~3号機の手順書の提出を今日、明日に求めます。

 そして、小出先生の原発事故解説、東電の体質について
、資料を黒塗りにしていたこと、衆院の科学技術委員会が提出を求めたのにこの始末で、これについて「原子力に関してはいつものこと」なのです。昔からこうであり、本来なら保安院が怒らないといけないのに、「国が黒塗りにしたこともある」、伊方原発訴訟(73年~)に小出先生関わり、国に証拠の裁判所への提出を求め、まず拒否、その後黒塗りが出てきたのです。サイエンスのデータで、明らかにしても困らないのに、企業秘密としたのです。裁判所の提出命令に従わず、住民側が負けたのです。証拠になるデータが揃わず、証拠を出し合って妥当性を検討するのに、国が立証を放棄して勝ったのです。保安院が今回黒塗りなしにしろと言っても、今までのことを経ないといけないのです。


 東電、保安院の意向を見たと言っており、体質的に、毎日新聞、東電に天下っている(天上がりもあり、東電霞が関出張所と揶揄される)と報じ、その体質のものなのです。


 原子力委員会が政策大綱の見直しをして、国の基本方針を決め、脱原発の金子勝さんも入っているのですが、これで方向性、変わればいいが、「難しい」のです。安全委員会、保安院、東電がグルになり原子力を進めてきた、2005年からの名称で、それ以前から国と電力会社がグルになり原子力を進めており、一朝一夕で体質が変わるものではないのです。


 1年以内に見直すと言うものの、国を縛る大綱はなし、名前は立派でも、一般の方に意見を募集し、原発反対の声が98%なのです。小出先生、「今回はやらせが出来なかったのです」、直ちに廃止しろとの声が67%、「うれしい」のですが、これを無視できないと水野さん、平野さんも言い、しかし野田総理は外国で再稼働を言っており、今まで国民に背いてきた、国民が何を言っても、原子力を進める大綱になると小出先生言われ、批判的な人を入れても、ガス抜き、多数決で圧倒的少数で終わっていたのです。よく見ないといけないのです。


 米のこと、二本松で米からセシウムが500ベクレル/kgの規制値と同じ値が出て、「当然のこと」、これからそれより多いもの、低いもの、様々な汚染濃度のものが出るのです。米は主食で3食食べる、他のものと同じ500ベクレルはもちろんおかしい、チェルノブイリでは輸入食品370ベクレル/kgであったのに、それより緩いのです。「遥かに緩まっている」のであり、食べると内部被曝する、規制値は、すでに環境は汚れており、農業者は被曝しつつ働いている、汚染の度合いはいろいろあり、農業者の作るものは受け入れないといけない、規制値を引くことに反対、しかし子供には違うと言うことで、子供には、1kgあたり事故前は0.何ベクレルであり、「500はおろか、100、10も子供には論外」で、きちっと測定して、子供に汚染のないものを回さないといけないのです。しかし、政府は何もしていないのです。


 小出先生のお話、毎回厳しいですが、これが現実です。これを、お伝えいたしました


続いて、民主党は党の復興増税のことを決めましたが、税制調査会の副会長の尾立源幸のお話がありました。


 尾立さん忙しい中であり、リスナーより膨大な質問、意見があり、厳しいことを国民にする前に国会議員が身を切れとの意見だろうと判断され、議員が身を切ること、金が足りないから税金を上げるのは小学生でもできる、議員が身を切れとあり、でも増税するのですが、大前提は復興に必要な財源が11.2兆円要り、身を切って税金なしで5兆円ほど確保したものの、これを積み増したいのに、まだ5~6兆円足りない、国会議員の報酬カット、政党助成金カットをして国民に広く薄く求めたいと言うことなのです。


 増税額を減らすため、議員定数、議員歳費を減らす、国の財産(宿舎の問題)もある、100億円で作る、事業仕分けしたのに、公務員宿舎の見直しを行うまで事業を凍結することであり、1年かけて公務員宿舎のことを検討し、今まで方針がなかった、27.8万戸の宿舎、米軍跡地の宿舎を15%カットして土地も売却して作ると言うのですが、公務員に宿舎は要るのかと平野さんの意見もあり、国民は納得しないと言うことで、この結論は昨年暮れに出て、しかし党内でいいのか、出来たら売る、被災者に入ってもらうとの声も出ているのです。ですが、それを言ってから増税と言わないといけないと水野さんの意見でした。


 議員定数、議員歳費を削るのもいつまでに削るかは、マニフェストで衆院480→400にする、歳費は4月から50万円カット(9月まで)、一方公務員法改正で、総理は30%カット、一般議員は10%カットするのです。政府案で、自民・公明が賛成するかは不明なのです。


 民主党のみ政党交付金返上は、単独でできる、これも議論に入れているのです。しかし、議論と出てきたものが違っており、民主党を信じられるか、みんな心配であり、定数、歳費は震災前から言っていたのに、しかしやっていない、政党交付金の返上を、与野党合意でできたらいいが、民主党単独で返上したいと、さっきまで議論してきたと言うことなのです。


 11.2兆円の復興費用、原発の除染だとこんなレベルではない、もっと要るのに、今の野田政権、財務省の財政再建から抜け出せず、日本郵政の株など、税外収入を確保しないといけないのに、やらずに来ている、財源を確保せよとのことで、前原氏のもとで、国民負担を最小にするため、税外収入の積み増しを求めており、JT株、エネルギー特別会計から出すのです。


 リスナーより、税金の使い方で失望させていると指摘があり、信頼されない政府では、増税できないと尾立さんの見解がありました。タバコも1本2円であり、たばこ増税にリスナーからも批判があり、たばこの税金は健康の観点から減らすための税、税収確保のためということで、健康の観点から増税を求めているのですが、これで反発を買っている、健康と言うなら、たばこを作るなとの声もありました。小宮山大臣も700円値上げと言い、野田大臣反対していたのに、また増税すると言うのは、違うものが出てくる、たばこ増税批判はパフォーマンスとの批判がありました。党内の愛煙家からも、1本吸うたびに復興貢献ということで案として入れている、自民・公明と交渉するとのことでした。


 リスナーより、いつの間にか金が違う形で利用されるのでは、復興ビジョンなしで増税するなとの声があり、増税は別会計で、もらったお金を一目瞭然とのことでした。


 これで時間でした。尾立さんはまた出られるとのことです。これを、お伝えいたしました。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ