10 08

報道の取材に応じることを禁止! 被曝線量1msvあたり1万円!

報道の取材に応じることを禁止! 被曝線量1msvあたり1万円!―― ドイツZDF放送 下請け作業員の機密保持契約書 被曝手当同意書をスクープ報道!

 ドイツ公共第2テレビ、ZDFが10月4日、報道番組「フロンタール21」で、フクシマ原発下請け作業員の過酷な労働の実態を報じた。
 (26分過ぎから開始) → http://www.zdf.de/ZDFmediathek/beitrag/video/1457128/Frontal21-Sendung-vom-4.-Oktober-2011?bc=sts;sta#/beitrag/video/1457128/Frontal21-Sendung-vom-4.-Oktober-2011

 その中で、下請け企業が作業員と交わした雇用契約(機密保持条項)、および被曝作業への同意書が映像で報じられている。重要な資料と思われるので、以下に書き起こす。

 ◇ 雇用契約・機密保持条項 
(ビデオ開始後28分32秒前後)
  
 第4条(機密保持)
    乙は、本業務を行うにあたり、東京電力第1原子力構内外を問わず、知り得た情報(書面。あるいは口頭・目視など形態に係わりなく)、厳に機密を保持するものとする。
    また、各種報道機関からの取材は、業務情報の如何に関わらず一切受けないものとする。

 ◇ 同意書 (ビデオ開始後32分58秒前後)
  

    東日本震災により被害を受けた原子力発電所の状況改善のために行なう緊急作業について以下の点に同意します。

  1.●●●●●●工事したことによる将来の健康リスクに対する補償として以下の金額を作業員本人に対して直接支給する。

     ①. A・B装備で作業する者に時給300円
     ②. C・D装備で作業する者に時給1000円
     ③. 被曝線量1msvにつき10,000円

  2.上記補償に応じた経費相当分を別途雇用主に対して支給する。

  3.●●●●●●雇用主の3者は以下の点について同意する。

     ①.緊急作業での許容被曝線量は平成23年3月11日を起算日として6ヶ月当たり60msvを上限とし、年間100msv以下とする。
     ②.3者はそれぞれ電離放射線障害防止規則に従って作業員の健康被害を防止するよう努力する。

     ③.管理された状態での被曝による健康障害は手当の範囲内に含まれる。それ以上の補償は行なわない。但し、一時に多量の放射線を浴びる被曝事故があった場合の補償は別途協議する。

◇ ユーチューブ版 (日本語字幕付き)は → http://www.youtube.com/watch?v=aAE-QBmC1VA

◇ このZDF放送の報道に関しては、「梶村太一郎さんのベルリン報告」を参照 → http://tkajimura.blogspot.com/2011/10/podam.html
 

Posted by 大沼安史 at 10:21 午前 | Permalink | トラックバック (0)

〔フクシマ・NEWS〕 JR東が除染を行わないまま 10/10 常磐線・久ノ浜~広野運転再開を発表 JRは放射線被ばく対策を行え! 動労水戸が10/8ストライキへ

続きを読む "〔フクシマ・NEWS〕 JR東が除染を行わないまま 10/10 常磐線・久ノ浜~広野運転再開を発表 JRは放射線被ばく対策を行え! 動労水戸が10/8ストライキへ"

Posted by 大沼安史 at 09:20 午前 | Permalink | トラックバック (0)
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ