10 12

たね蒔きジャーナル20111012

10/12(水)毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。

 原発のニュース、福島の米が、暫定規制値の500ベクレルを下回り、予備調査で500ベクレルの二本松のものは470ベクレルであり、これは、調査研究用に買い上げます。

 横浜の土で、ストロンチウムが検出され、4万ベクレル/kgのセシウムがあり、住民の要望で民間の検査が、ストロンチウムの検出を受け、横浜市も検査します。横浜市は過去の核実験ではなく、今回の事故とのことです。

 小出先生のお話、東京・世田谷の一部で2.7マイクロシーベルトは高い、通常の50倍であり、飯館村で2マイクロであり、「本当にいやだ」という数値なのです。



 近藤さん、東京いくらと言ってみんな安心していることについて、広い範囲での汚染については役に立つが、東京でもホットスポットがもちろんあり、雨水のたまっているところ、側溝は高く、調べれば調べるほど高いところが出るのです。東京がいくらというのは、細かいところではなく、きめ細かく測らないといけないのです。近藤さん、意識が高止まりして、もういいやと、やけになっている、そういう時に出される(もっと鋭い時もあった)といい、小出先生、2.7マイクロに驚いているが、普通の人は慣れたと言われています。区民の人の要望で測って2.7マイクロが出て、東京の過去の最高は0.49であり、その5倍、住民が訴えないと、分からない、住民の意識が大切なのです。2.7マイクロが、雨どいのところなどなら、そういう数値は不思議でない、世田谷だけの問題ではないのです。


 ホットスポット、西日本にもあり得るが、あっても比較的見つけにくい(薄まっている)のです。


 横浜のマンション屋上の堆積物から195ベクレル/kgのストロンチウム、小出先生、この問題でマスコミに追われて、これ、堆積物のたまっている、雨水、泥のたまるところなら、あり得る数値であり、世田谷のホットスポットと同じであり、世田谷では6万ベクレルの数値があり、セシウムは何百、千倍あり、福島から出て、自然環境での濃縮が起こったのです。


 チェルノブイリは1平方メートル4万ベクレルは管理区域にしないといけないので、換算の必要があるが、6万ベクレルは管理区域にしないといけないのです。


 サンマ、福島100km圏内の操業を中止し、しかし、科学的な判断はなく、小出先生、今はアドバイスできないのです。しかし海藻に濃縮され、魚は最後に濃縮されるのですが、サンマの季節であり、たくさん獲りたいのに、少しでも汚染されていたら全部売れない危機感が漁業者にある、100kmを外したら消費者に受け入れられると思われたのかも知れませんが、データが必要なのです。


 米のこと、福島の米、規制値の500ベクレルを超えなかったので出荷可能であるとなり、福島知事は米の安全宣言を行い、「間違いである」、放射能の安全はない、安全宣言をしてはいけない、500ベクレル以下でも危険であり、10ベクレルでも危険、国の暫定規制を下回ったから安全と言うのは科学的には全く間違っているのです。3・11以前は1ベクレルあるかないか、もう500倍を許容しろと言うのが政府の考えです。あとは勝手にしろと言うことなのです。


 チェルノブイリのベラルーシの専門家が来日し、日本政府の暫定規制値は高すぎて理解できないと発言し、ベラルーシの基準は日本よりはるかに厳しいのです。ただし、どこまで規制を決めても危険はある、ベラルーシが安全ではない、どの食べ物がどれだけ汚れているかを示すのが必要であり、低い基準値を下回ったから安全ではないのです。食品、具体地なしで広がっているのです。


 今日の小出先生のお話をお知らせいたしました。


たね蒔きジャーナル、続いて、大阪の取材を続けているジャーナリストの吉富有治さんのお話でした。その前に、近藤さん、自分の実現をしたいために、縦型のシステムを作りたいと、近藤さんの指摘がありました。そのため、今度のW選挙は日本の民主主義が問われると指摘がありました。


 で、吉富さんのお話、大阪秋の陣、吉富さん、橋下徹、改革者か壊し屋か、を出して、大阪市長選、橋下vs平松の一騎撃ち、平松氏は自公民の協力を仰ぎ、自民の本部と、大阪府連にねじれがあり、一筋縄に行かない、自民の中に、橋下氏とけんかしたくない(石原幹事長が大阪都容認)、自民には、衆院選で下野した、返り咲くために橋下氏の力が欲しい、府連にも大阪都を容認しており、もともと大阪都は前の太田知事に自民党が知恵を付けたものであり、府連と市議団に温度差があり、しかし市議団は平松氏を応援していますが、府連は国政のこともあり、橋下氏を敵に回したくない模様です。橋下氏は人気者?であり、敵に回したくないのです。


 構図で、維新vs非維新(自公民)とはならない、市の自民党は平松氏を応援したく、府連が黙っていても市の方は平松氏を応援し、今日の産経、府の谷川氏が丸山氏を推し、他のところは別の人を推している、維新vs自公民には明確になっていないのです。


 丸山氏に出てほしいと自民より打診があり、丸山氏のコメントは出ないと(想定外)であり、これで谷川氏がほっとしている、谷川氏が維新と闘うために打診したと思われないのです。表向きは維新より出る候補(自民から維新に引き抜いた)と対決するのに、谷川氏がどこまで本気で丸山氏に打診したか疑問、自民の大都市構想研究会で、大阪都構想でのこと、維新にラブコールを送っているのです。ここに谷川氏が加わり、裏をかいたかも知れないが、谷川氏、維新とけんかするかは疑問なのです。近藤さんも同感です。


 谷川氏は道州制を唱えており、しかしダメと言う実績を作っていたのです。


 吉富さんの取材で、もうアカンと言っており、行きつくのは橋下氏と激突したくないのです。それが党本部と府の本音です。


 しかし、リスナーより、橋下氏、追い込まれているとの指摘があり、橋下氏の支持率が下がっており、就任時は8割、最近は40%台であり、半分で、吉富さんも取材して、以前と比べて動員力が落ちており、満杯にならない、維新の会の選対責任者は焦っており、橋下人気に陰りがあるのです。そして、水野さん、府知事候補を橋下氏がすんなり決められないのもこれと指摘して、辛坊氏、東国原氏など名前が出ても、橋下氏は頑張っても、財政指標は好転していない、それを首長経験者なら大阪は大変と分かるため、こういう人が乗らないのです。


 リスナーより、橋下氏の対案の支持があるのですが、近藤さん、政策的に、教育に手を突っ込み、これが引っ掛かる、やり方は公務員、先生を既得権として叩いて世論を上げているが、教育が権力により差許されるのに懸念があり、また競争力の高い人材を育てると言うのも、生きるなど、震災後価値観も変わったと近藤さんの指摘があり、訴え方は変わっている、民主主義、橋下氏はオールマイティでやりたいが、その帰結は専制と腐敗なら、専制の方が怖いと言うことなのです。しかし、橋下氏の言う腐敗には説得力もあり、しかし、オールマイティを求めることへの近藤さんの批判がありました。今の政治への幻滅があり、ヒーローを得てほしいとの大衆の希望があり、しかし、議会はどうすべきか、単に大阪都ではなく、プロセスの民主主義を考えないといけないのです。


 吉富さんの本に、橋下氏の目標は儲けることであり、大阪に閉塞感があり、経済が良くないと言うことで大阪都構想で経済を良くする(金儲け、企業誘致、カジノで税収を増やす)ことであり、大阪市と大阪府を合併しても、橋下氏の理想にはならない、財政には大阪都が稼げるのか、という疑問が吉富さんにあり、稼ぐのは難しいと言われました。

 
 時間になってしまい、今後も、吉富さんのお話がある模様です。面白いお話でした、これを、お伝えいたしました。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ