10 20

細川元首相、野田首相を叱る 私なら脱原発、と言いますがね リーダーは旗幟鮮明にしないと ねずみ色の旗じゃ困る

ザ・特集:秋の京都歩きつつ、心は再び永田町? 細川元首相、野田首相を叱る
 秋、ふと京都に足を運びたくなる。元首相、細川護煕さん(73)もそんなひとり。永田町を離れ、ロクロを回していたはずが、野田佳彦首相誕生にひと肌脱いだ。そしていま、首相に少々、注文もあるようだ。色づきはじめた古都の細川家ゆかりの寺で、その思いを聞いた。【鈴木琢磨】

 ◇代表選1カ月前だったか 一緒に座禅を組みました 足も痛かったんじゃないかな

 ◇私なら脱原発、と言いますがね リーダーは旗幟鮮明にしないと ねずみ色の旗じゃ困る
 静かな朝である。ただ鳥のさえずりと疎水のせせらぎが聞こえるのみ。「京都に座りにきたんですよ。野田さんを誘って」。ここは南禅寺の天授庵(てんじゅあん)。枯れ山水の庭をながめていた細川さんがとつとつと語りだす。「あれは民主党の代表選(8月29日)の1カ月ほど前だったかなあ、私がよく座る建仁寺で、一緒に座禅を組みました。野田さんはこっそり新幹線の始発に乗ってきてね。靴下を脱ぎ、あぐらをかき、1時間足らず。初めての体験ですから緊張したでしょう。足も痛かったんじゃないのかな、あの体だし、アハハ。老師に色紙をもらいました。<脚下照顧>。わが足元を見つめよとの意味ですかね」

 松下政経塾の評議員でもあった細川さん、早くから1期生の野田さんに目をつけていた。「寡黙なのがいい。聡明(そうめい)才弁、ぺらぺらしゃべるのは結構いるけど」。野田さんは細川さんが結党した日本新党にはせ参じ、千葉県議から国政へ。師弟関係はずっと続いていた。「民主党の2政権の挫折を見ていて、いよいよ野田という逸材をどう国家のために生かすか、思いをめぐらせるようになりました。江戸時代の禅僧、仙〓が面白いカエルの絵に添えて書いていますよ。<座禅して人が仏になるならば>。その通り。座ったからどうなるものでもありません。たまには生臭の世界から解放された時間を持てれば、そう思っただけです」

 なんとしても愛弟子を首相にしたい--、その一念が小沢一郎元代表と野田さんの極秘会談仲介へつながる。8月25日の昼下がり、ホテルニューオータニの一室で3人は会った。「小沢さんはあれだけの勢力を持っておられるわけだから、あいさつしておくべきだと考えていました。お互いちゃんと話したことがないというし。お茶かコーヒーだったかな、40分ばかりの気持ちよい会談でした。野田さんは出るとは言いましたが、応援してくださいとは言わなかったな。その後、輿石東さんが幹事長になって、小沢さんから電話がかかってきた。とてもいい人事だった、と。やはり気配りが大事な世界なんですよ」

 住職が抹茶と菓子を運んでくる。細川さん、慣れた手つきで一服やりながら、ちょっと茶わんでもめでたらどうかという顔をする。あいにくこちらは知識がない。いましばらく生臭インタビューにお付き合い願う。ところで、司法の裁きの場に立った小沢元代表への評価は? 「うーん、それはねえ。政治家の出処進退は自身が判断することですから。胸の内は想像できないけど、総理になりたいとかではないでしょう。菅直人さんみたいに排除したり、敵に回したりすれば、立ちゆかなくなる。距離感が大切です。私が心配していたのは小沢さんのことより、役所との距離感です。政治主導といっても、頼るところは頼る。そうしなければ何もできませんから」

 さっきから禅寺の静寂を破って細川さんの携帯電話が鳴る。「申し訳ない。外務省や財務省、あちこちから相談したいと」。神奈川県の湯河原に庵(いおり)を結び、晴耕雨読の日々と思いきや、慌ただしい。「いまのままでは日本はダメになる。枯木寒巌(こぼくかんがん)(情味がない)であっていいわけがない」。いささかテレながら境内を歩き、そのまま裏手へ回る。ご先祖さま、戦国から安土桃山時代にかけての武将、細川幽斎の霊をまつるやしろのそばに小さな石がぽつん。<細川家の墓>。「私の字です。4年前、気に入った石を見つけたので。死んだら、ここに入ります」

 この国への憂いの深さが再び心を永田町へと向かわせる、その覚悟を見てくれ、といわんばかり。パフォーマンスかもしれないが、いつもの雰囲気と違う。そして、もうひとつの菩提(ぼだい)寺、洛西にある地蔵院へと走る車中、流れゆく京の町並みを見ながら、口にしたのが「方丈記」の鴨長明や「徒然草」の吉田兼好。「根本は<変わる>ことに対する切なさ、はかなさ。つまりは諸行無常です。戦後、日本はどんどん足元がぐらついてきていたのに誰もが平和と豊かさを変わらないものだと思い込んできた。3・11の大震災は必ず<変わる>のだ、と改めて教えてくれたのでしょう」

 地蔵院は竹林の寺、高くそびえる竹のトンネルをくぐるとお堂が現れる。お地蔵さまと細川家の守り神、童子像に細川さん、そっと手を合わせる。「国民が一番、心配しているのは原発ですよ。日本列島の浮沈にかかわります。その点、浜岡原発をすぐ止めた菅さんを高く評価しているんです。この地震列島で、原発は制御不能な不完全システムです。増設はやめ、安全性を確認できないものは即時停止し、寿命のきたものから廃炉にしていく。20~30年で新エネルギーに代替できるかどうかわからないけれど、退路を断たないとテークオフはできませんよ。私なら思い切って脱原発、と言いますがね」

 どじょう演説で民主党国会議員と国民の気持ちをつかんだ野田さん、首相になるや、なぜか増税議論ばかりで脱原発は夢物語みたいに遠くへ、遠くへ。国民は疑心暗鬼である。「国民から見限られないようにしないと。一国のリーダーは旗幟(きし)鮮明にしなければ。白か黒か、ねずみ色の旗じゃ困る。経済界などの圧力もあるだろうから、はっきり言いにくいかもしれないが、国が滅んで何の経済か。TPP(環太平洋パートナーシップ協定)も大問題に違いないが、まずは脱原発へかじを切ること。松下政経塾を設立した松下幸之助さんは経営の神様といわれた人だったが。でも、ちゃんとしないと、増税への国民の理解なんてとても得られませんよ」

 竹林の賢者よろしく熱弁をふるう。いまにも官邸に乗り込んでいきそうな勢いで。かつて国民福祉税導入でつまずき、政権崩壊へと転がり落ちた悔いもあるのだろう。方丈でもう一服、お茶をいただく。床の間に細川さんの筆になる書がかかっている。<人生五十功無きを愧(は)ず>。首相辞任の日の日記に書き付けていたご先祖さま、室町初期の武将、細川頼之の言葉である。地蔵院にはその頼之の墓がある。「日本新党は3年で解党しました。野田内閣には同志も多く加わっています。誰かが同窓会をやると言ってるらしいが、子どもじみているよ。この危機を乗り越えるため、歯をくいしばって努力するのみでしょう」

==============

 「ザ・特集」は毎週木曜掲載です。ご意見、ご感想はt.yukan@mainichi.co.jpファクス03・3212・0279まで

毎日新聞 2011年10月20日 東京朝刊
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ