2号機、「核分裂」!の可能性 ホウ酸水を注入

Category : ニュース
福島第一原発2号機、「核分裂」!の可能性 ホウ酸水を注入
朝日新聞2011年11月2日
 東京電力福島第一原発2号機で、原子炉格納容器内の気体から半減期の短い放射性のキセノンが微量検出され、核分裂反応が起きている可能性があることから、東電は2日午前2時50分ごろ、核分裂を抑える性質があるホウ酸水の注入を始めた。原発敷地内の放射線量を測るモニタリングポストの測定値には変動はみられないという。

【底が抜けたカマの抜け殻を冷やして「冷温停止」、見たことないのに見てきたような「冷温停止」発表→殆ど収束していない現実がだんだん隠される】
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR