11 05

細野大臣 AP通信に明言 「放射性廃棄物処理 見通し立たず」

細野大臣 AP通信に明言 「放射性廃棄物処理 見通し立たず」 廃棄物圧縮技術などの研究開発に、これから何年もかかる…… 絶望的事態、明らかに!

 AP通信が4日、東京発で全世界に報じたところによると、細野大臣は同通信に対し、フクイチの事故で巨大な量の放射性物質が放出され、その安全な処分には(いまは存在しない)新テクノロジーや創造的な方法が必要とされることを認めた。
 → http://www.timesunion.com/news/article/Japan-s-new-crisis-radioactive-waste-disposal-2251543.php

 ……But Hosono, in a response to a question from The AP, acknowledged Friday that the crisis has spawned a huge amount of irradiated waste that will require new technology and creative methods to dispose of safely.

 細野大臣はAPに対してこう明言した。
 「われわれは今なお、放射性廃棄物をどう取り扱うべきか、全体像を持っていない。その研究・開発だけで何年もかかるだろう。たとえば、巨大な量の放射性廃棄物を移動させるため、量を圧縮するテクノロジーを開発する必要がある」
 
 "We still don't have a full picture of how to deal with the waste," he said. "It would require research and development that may take years. For instance, we still need to develop technology to compress the volume of the huge amounts of waste that we cannot move around."

Posted by 大沼安史 at 11:26 午前 | Permalink | トラックバック (0
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ