11 13

ニューヨーク・タイムズ記者がフクイチ・ルポ 「バスの中 線量計は300マイクロシーベルトに跳ね上がった!

ニューヨーク・タイムズ記者がフクイチ・ルポ 「バスの中 線量計は300マイクロシーベルトに跳ね上がった!

 → http://www.nytimes.com/2011/11/13/world/devastation-at-japan-site-seen-up-close.html?_r=1&pagewanted=all

 以下は、NYTのマーチン・ファクラー記者のフクイチ・ルポのハイライト部分。

 ・細野大臣が数百人の作業員に対して「みなさんは3、4月の非常に困難な事態を乗り越えられた。だから、いまの状態がある」と語った。
 しかし、この楽観的な演説はより深刻な真実をすり抜けるものだった。わずか2週間前、東電は新たな核分裂の燃え盛りであるかもしれない兆候を確認したばかり。それは冷温停止状態から程遠い事態を示唆しうるものである。
 “You were able to put an end to the very excruciating predicament that we faced in March and April,” said Mr. Hosono, who wore the blue uniform of the workers. “That is why we are able to get where we are now.”
 The hopeful talk skims over more troubling truths. Just two weeks ago, Tepco announced it found telltale signs that one of the reactor cores may have experienced a burst of renewed fission, a frightening sign that the company might not be as close to a stable shutdown as it said.

 ・吉田所長は、かつて菅直人首相が称賛した率直さで、こう付けくわえた。「まだ、危険です」
 中でも最大の危険は、東電は1、3号機の核燃料の状態を正確に把握できないでいることである。溶融した核燃は格納容器から溶け出たと見られている。
 But in an echo of the plainspokenness that won the admiration of Naoto Kan, the prime minister at the peak of the crisis, he added a note of caution: “There is still danger.”
 ……The biggest is the fact that the company does not know the exact condition of the fuel within the No. 1 and No. 3 reactors, whose cores appear to have melted through the inner containment vessels.

 ・ バスで構内ツアー。バスは被曝を避け、止まることはなかった。車内の線量計が跳ね上がった。毎時300マイクロシーベルト。年間許容量を3時間で超えてしまう高線量だ。
 During the plant tour, the bus kept moving at the most contaminated areas near the base of the reactors to limit the time there and, thus, the radiation exposure. As it did, a radiation detector on the bus jumped to 300 microsieverts per hour ― high enough to reach the annual recommended maximum dosage in just over three hours.

 ・ 敷地内で見える人影は、白い防護服を着て赤や黄色のヘルメットをかぶった作業たちだけだった。そんな人影が静かな松林の中から姿を現す、不思議な光景。トンボたちが飛んでいる……
 The only humans visible in the plant were groups of workers in white hazmat suits and red or yellow hard hats. They appeared oddly out of place among the quiet pine forests over much of the plant’s grounds, populated still by dragonflies.

 タイムズ紙のルポは、

 ・注水用の消防ポンプ車、数十台が(非常時に備え)待機している。

 ・使用済み防護服をハサミでカットする光景(減容のため)

 ・壁の折りヅル。世界から届いた励ましのメッセージ

 ――などに記している。

Posted by 大沼安史 at 09:36 午前 | Permalink
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ