11 20

福島や首都圏で出産減少 産婦人科医会「原発事故の影響の甚大さ示すもの」

福島や首都圏で出産減少 産婦人科医会「原発事故の影響の甚大さ示すもの」
 今年4~6月の出産数は福島県で激減したほか首都圏でも減少、北日本や西日本では増加したことが、日本産婦人科医会の調査で17日までに分かった。

 東京電力福島第1原発事故で広範囲に拡散した放射性物質から新生児を守ろうと避難して出産したとみられる。3カ月で減少した出産数は福島県で約千件、東京、千葉、神奈川の3都県で計2千件と推定された。同医会は「原発事故の影響の甚大さを示すもの」としている。

 出産を扱う全国の病院に今春、アンケートを郵送し、約750の病院(回答率67%)が答えた。4~6月の1病院当たりの平均出産数は昨年同期と比べ、福島県は25%減少、岩手はほぼ同じで、宮城県は6%増えた。

 福島県の減少幅は全国で飛び抜け、原発事故の影響を反映した。放射性セシウムが拡散した関東地方でも広く出産数が減少していた。福島県からの避難者が多い埼玉県だけは、出産が増えた。

 この間、北海道や青森県などの北日本や、岐阜、鳥取、高知、福岡、長崎、沖縄県などの西日本で出生数の増加が目立った。里帰り出産も含め、妊婦の避難行動がうかがえた。

 福島県での減少は避難区域の設定だけでは説明できず、県全域にわたって妊婦が転出したとみられる。転出は首都圏でも起き、東京都や千葉県で出産数減少が大きかった。一方、福岡県は1200件増えたと推定された。

[ スポニチ2011年11月17日 16:47 ]
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ