12 05

東日本大震災被災地の廃棄物問題

永岡です、関西テレビのニュースアンカーの特集アンカーズアイで、東日本震災被災地の廃棄物問題が取り上げられました。

 宮城県で膨大な瓦礫が出ています。国は8000ベクレル/kg以下なら埋め立て可と言っていますが、受け入れるのは東北4県と東京のみで、宮城県はこの放射能測定に1000万円使っています。

 そして、福島、原発から60kmの大波地区で除染が始まっていますが、庭の木を引き抜き、ほとんど更地にする状態なのです。それで、1軒当たり、20トンの廃棄物が出ます。これを大波地区の中で保存しているのですが、その保存場所は非公開です。

これを公開すると、他の場所の廃棄物もそこに置いてくれとなるからで、除染、廃棄物を巡って住民同士の争いになるのです。神戸大の山内知也先生、本来なら東電がやるべきことを住民がやらされて、そして住民の中の争いになることを懸念し、また山内先生、除染には限界があり、何度もやらないときれいにはならないことを指摘していました。

 そして、福島の中でも、住宅密集地では、廃棄物の置き場がなく、除染できないのです。その中で自主的に除染している人もいます。
 また、福島で、結局子供や家族を避難させられなかった人もいます。家を建ててローンを抱えており、子供だけの避難も無理で、除染をしっかりしてほしいのですが、東電はやっていません。
 この瓦礫、廃棄物、除染は被災地で大変な問題であり、東電は、裁判で、放出されたセシウムは無主物と、弁護士に言わせているのです。本来、苦労しないでいい住民に負担がかかっています。
 この状況を、お知らせいたしました。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ