12 06

たね蒔きジャーナル20111205

12/5(月)永岡です、毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞ほっと兵庫の平野幸夫編集長の案内で放送されました。

 原発のニュース、高濃度汚染水を処理する施設の漏れ、海に漏れたと東電が発表です。少なくとも45トンの水が漏れ、上流の側溝と比べて下流でセシウムが高く、海に漏れた可能性を認めました。海洋生物に蓄積しやすいストロンチウムの漏れがあり、全漁連は怒っています。国と東電に原因究明を求めています。

 福島市渡の米からセシウムが規制値以上出たこと、出荷停止措置であり、大波地区、他に続いて3例目であり、3軒より出ています。

 そして、小出先生のお話、東電が中間報告を出したこと
、これを小出先生読んでおらず、マスコミの報道は見たものの、「いい加減にしてほしい」、事故をどうやって小さく見せるか、どうやって収束に向かっているかと見せたいと言うことなのです。


 海の汚染、高濃度の汚染水、処理施設から45トン漏れたこと、小出先生は前から汚染水は海に漏れていると指摘し、遮水壁をと言っていたのですが、コンクリートの構造物に水が溜まれば漏れる、タンカーに移せと言っていたわけです。コンクリートで止められないからです。政治家にも言ったのに、タンカーなし、汚染水はコンクリートの中で、ひび割れがあり(たまたま見えたから発表、東電が今まで知らん顔、何をいまさらと小出先生思う)。10万㌧を超す汚染水がピット、トレンチにあり、どれだけ漏れたか到底わからないもので、東電は最大220トン漏れたと言っているものの、循環処理施設からの漏れだけで、10万トンたまっているところから漏れており、平野さん、国際的に非難されても仕方ないと言われました。アメリカ西海岸に届いており、海に汚染したものは必ず届くのです。


 汚染されたセシウム、45000ベクレル/kgであり、セシウム浄化装置を通ってこの数値で、その前はもっとすごい、ゼオライトを通して、しかしストロンチウムはゼオライトに付かない、出てしまうのです。ストロンチウム、1リットル1億ベクレル、基準の100万倍!であり、それだけの汚染物が流れて、これまでそのままトレンチ、ピットから漏れていて、ストロンチウムを薄めたら量が増える、捕まえられない、早いのはタンカーに移すことなのです。


 ストロンチウム、比重が重く、海草に吸収されやすい、セシウムは水に溶けやすく、ストロンチウムは溶けにくく、海底にたまりやすい、セシウムは広範囲に広がる、ストロンチウムは近傍の土、生き物を汚すのです。海底なら、我々に関係ないことはなく、魚、貝に濃縮されるのです。


 放射能の研究をしている人より、放射能に汚染された土をどこに持っていくか、海へ捨てる(深海)という提案があり、さすがにそのままではなく、容器に入れてなのですが、海水に腐食しない、水圧に耐えられるものに入れて海底2000m以下に捨てる、「漫画を読んでいる気分、日本の責任をどう思っているのか」、電気が欲しいとしたつけが来ており、そんなツケを海になどとはとんでもないことで、「腐食しない容器に入れて、東電本社、国会議事堂に積み上げてほしい」のです。この研究者、漏れるのは一部と言っているものの、福島の汚染物質、それをはぎ取って捨てても5%ある、20倍のものを海に捨てる、「まずは謝らないといけない」、その上に捨てていいとどうしたらいいのか分からないのです。さらに、これはロンドン条約で禁止されると平野さん言われて、その通りで、出来るわけはない、それでも捨てたい学者がいて、「よほど無知な学者」なのです。


 今日も小出先生のお話をお知らせいたしました。


続いて、深刻化するタイの洪水が低所得者層を直撃していること、現地の日本語新聞、バンコク週報記者の倉林義仁さんのお話がありました。


 倉林さん、バンコクでも水が引いたのかと水野さん思っていたら、中心部(外国人居住区)は水は引いている(来なかった)、人の力でせき止めて中心部を守ったのです。水の南下を防ぎ、その分東側、西側は洪水で苦しんでいるのです。王宮は川があふれたものの、すぐに引きましたが、周辺部はえらいことなのです。土嚢を積んだ上は水が引かず、ハエが発生し、衛生も悪い、家に帰れない人もいて、地方に避難している人もいるのです。中央で働いている人はホテル、アパートを自腹で借りて住んでいます。業績悪化で、首にならないため、給料を投入しているのです。


 日本なら避難所に移っているのに、日常生活をその場で送る人が多く、避難所はあったのに、移動を拒否した人がいて、被災地を狙った泥棒が多く離れられない、タイ人はペットを飼っており、避難所にペットを持って行けず、そのために避難所に行けなかったのです。浸水間もない人はまだましで、冠水して1,2カ月の人はみんな泣き出しており、将来どうなるか分からず、映像で笑っている人は少数で、深刻でないことをアピールするためのものかも知れない、将来が見えず、嘆き悲しんでいるのです。


 格差は、失業は企業の状況が不明で、70~90万人の失業が懸念され、賃金はタイに支払う義務なし、業績が苦しいと賃金を出せない、大変な状況です。物価も値上がりしており、大災害になると上がるが、来年には収まる模様です。


 平野さんの知り合いが工業団地にいて、卵の値段が3倍になり、貧しい人が二重のダメージを受けていると言い、これは、食料品は上がり、卵、肉、水、米は上がっている。インスタントラーメンも上がり、最近は物価は落ち着いている、商業省の介入があり、しかしまだ高いのです。失業して物価高、大変なのです。


 タイにいたことのあるリスナーより、以前いた職場が水の中、10~11月は蚊が発生し、病気が心配され、病気の流行は今はなく、政府の政策が功を奏し、コミュニティが衛生面に気を使い、大丈夫なのです。コレラ、デング熱の発生はない。


 バンコクにスラムがあり、最低の生活をしている人たち、スラムより、地方の工業団地、屋台の人(日雇い労働者)が困っている、バンコクのスラムは影響が少なく、郊外の人がえらいことなのです。タイは格差がすごく、天災により、金持ちは自分たちで何とかしているが、貧困者は政府の助けがないと立ち上がれない、浸水した家屋に5000バーツ払う(13000円)、月収の半分が払われ、家屋全部浸水で10万バーツ払うものの、家の修繕にはこの20倍かかるのです。


 政権への不信感は、かなり強く、政府の情報が当てにならず、楽観的な情報だけであり、庶民は政府をあてにせず、テレビに出る治水の専門家の発表を見ているのです。


 政府は、12月14日にめどが立つと言っているものの、根拠はないに等しく、未だに1m冠水しているところもあり、これで引くわけはないのです。甘い見通しで住民が怒り、デモも起こり、バンコク都心のために犠牲になった人が怒っています。水門を開放して、バンコクに水を流せと言うことです。政府も、あと1週間の我慢と、楽観的な見通しを出して、政府の信頼が落ちる悪循環なのです。


 タイの国王、この人によりまとまることもあるのですが、ちょうど84歳の誕生日で、こんな時に花火をやっており、王宮には水が来ていないからで、国王は国民も敬愛しており、不満は出ないのです。国王、全ての人が協力して洪水に立ち向かうと言い、洪水対策、バンコクの対策本部と、政府の不協和音があり、対策がまとまらず、地方が犠牲になった、このしこり、犠牲をどう分け合うかが問題なのです。


 洪水の最前線、東側は何とかなる、西側が大変で、もめているのです。


 以上、バンコクの洪水の詳報をお知らせいたしました。
スポンサーサイト
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ