12 13

漏れ出したセシウム137は2京7,100兆ベクレルを超えている ! (太平洋、死の灰の海に!)

漏れ出したセシウム137は、271,000,000,000,000,000ベクレル(2京7,100兆ベクレル)を超えている ! (太平洋、死の灰の海に!)
 「星の金貨」 → http://kobajun.chips.jp/?p=1448
◇ ニューヨーク・タイムズの4日付け記事を「星の金貨」さんが訳出!
◇ 原文記事 More Radioactive Water Leaks at Japanese PlantBy HIROKO TABUCHI and MARTIN FACKLER
Published: December 4, 2011 → http://www.nytimes.com/2011/12/05/world/asia/more-leaks-from-fukushima-daiichi-nuclear-plant.html?_r=2&scp=1&sq=fukushima&st=cse

 ☆ 注目箇所

 3月の事故発生から7月中旬までの間、福島第一原発から太平洋に漏れ出した放射性セシウム137の量が27.1ペタ・ベクレルに達したと、フランスの放射線防護原子力安全研究所が見積もりました。
ご存じのように、この量は一回の事故で海洋に放出された量としては、史上最大のものです
(ベクレルは一般に用いられる放射線量の単位です。そして、ペタ・ベクレルは1000兆ベクレルです。)


 The Institute for Radiological Protection and Nuclear Safety in France estimates that between March and mid-July, the amount of radioactive cesium 137 that had leaked into the Pacific from the Fukushima Daiichi plant amounted to 27.1 petabecquerels, the greatest amount known to have been released from a single episode. (A becquerel is a frequently used measure of radiation, and a petabecquerel is a million billion becquerels.)

 ★ 「星の金貨」さんのコメント

 → この記事を翻訳していて、今日は全く不愉快になってしまいました。

 3月11日から、7月中旬までは4ヵ月、今は12月ですからさらに5ヵ月近く経過しています。
 4ヵ月時点ですでに2京7,100兆ベクレルが放出された太平洋には、9ヵ月経過した今、いったいどれだけのセシウム137が放出されてしまったのでしょうか。
 まさに日本近海の太平洋は、「天文学的レベル」の汚染が進行している事になります。
 そこにさらにストロンチウムが漏出された訳です。
 「冗談じゃない!」
 とにかく今は、その言葉しか浮かんできません。

Posted by 大沼安史 at 04:46 午後 | Permalink
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ