12 30

たね蒔きジャーナル、スペシャルその1 20111230

12/30(金)永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、スペシャル版であり、このコーナーは毎日放送アナウンサーの水野晶子さんの司会、毎日新聞の近藤勝重さんの案内で放送されました。今日はスペシャルで、様々なゲストが出て、7時20分より原発問題で東京電力の会見に出ている夫婦漫才師、おしどりのお話がありました。

 ケンさんとマコさんのコンビで、スタジオに登場です。その後の活躍は、闘いはどうなっているかについて、おしどりさん、吉本の所属で、東電、国の会見に出られて、仕事はなくなっていないかについて、「バリバリなくなっている」、マコさん、神戸の出身で(私の高校の後輩)、阪神・淡路を経験し、慰問に来た芸人さんに感化されて芸人になったのです。今年から東京に行き、そして震災、避難所に慰問に行ったのは、阪神・淡路の体験からなのです。福島の30kmのお客さんは様子が異なり、笑わせるだけでなく、取材、会見に出たのです。


 入り方は分からず、東電は民間企業で入るのはきつくないものの、国の方は資格を問われて、記者クラブ制度で大変であり、しかし、おしどり対応シフトが出来たのです。マコさん、医学部におられて、ヨウ素剤備蓄しているか聞いて、マコさん、放射線をよく知っていたのです。人生が変わったより、変わらざる人生、本来のものを得ているのです。

 冷温停止「状態」の会見、「言葉遊び」で、細野氏、海外特派員協会で、保安院がNRCと論議してやったら、冷温停止は英語でどうなるかといい、コールドショツドダウンエクイヴァレントではなく、疑似(スクイーズシャットダウン)冷温停止と言うことを認めたのです。つまり、「疑似」がないと、外国では通じないのです。言葉遊びになっているのです。

 収入は減り、6月にマネージャーから、原発をやると売らないと言われ、しかし舞台はあるのです。この番組に10月に出て、応援してくれる社員もいて、おしどりに仕事をくれたりしているのです。

芸人の危機ではあるものの、ケンさんは原発抜きで舞台に立つことがお客さんのためか、横山ホットブラザーズの弟子で、こいし師匠が1月に亡くなられ、第2次大戦のお話をこいし師匠がして、漫才師も戦争協力があり、芸人は国のためではなく、お客さんのために漫才をしろと言われて、漫才師は誰のためか間違えるなと言われて、原発を言うと仕事が減るものの、そのために言っている。お客さんに子供が多く、子供さん、妊婦さんに逃げてくれと言い、きちんと話をしないといけないとなり、収入は1/6~1/10になったものの、お金が続くならやりたい、芸人で御祝儀もあり、金銭でも応援してくれる人もいるのです。福島の人からのご祝儀が多く、切ないのです。

リスナーで、福島の人とのやり取りも聞きたいとあり、週に何度も福島に行き、年末はあきらめと失望、声が届いていない、負けたよという声があり、一番虐げられている人に大声を出せと言うのが大変なのです。福島のお母さんが寒い中、文科省に座り込み、除染をして住むと言うものの、それを望まない人も多く、住民のアンケートを取れと、5,6月から言っているのに、どこの役所もアンケートを取っていないのです。役所の協力がないと住所が分からず出来ない。除染は放置しても2年後に40%減る、除染しても10%しか下がらない人もいるのです。

 芸人は国のためではなく、お客さんのためと言う言葉に感銘を受けました。次のコーナーに行きます。

続いて、内部被曝の専門家、琉球大学名誉教授の矢ケ崎克馬さんのお話がありました。おしどりも同席です。電話での出演です。

 矢ケ崎さん、夏に3回出ていただき、(1)内部被曝は外部より怖い、体内に入ると放射線を出して分子を切断し、細胞破壊、生命の機能破壊がある、(2)免疫の低下、(3)細胞が生き延びても、DNAが異常になり子孫に影響がある、ことを説明され、(4)核の被害は広島・長崎で経験しているのに、アメリカが核の恐ろしさを小さく見せようとしていたのです。

 具体的ケースが出ており、各地で様々な症状が出ており、東京・町田で被曝から子供を守る会、子供に鼻血が出る(3月以前なし)、医者の診方により、ICRPの見方になり、放射線が鼻の粘膜に留まるとひどい被曝をして、傷もないのに鼻血になる(一般には傷から出る)、被曝範囲が小さいところに集中すると下痢・血便があるのです。東京でこの症例があるのです。

 ICRPの見方だと、大線量でないと出るはずはないとなり、放射線の影響ではないと医者に考えが多く、子供たちが見捨てられているのです。ICRP=国際放射線防護委員会のやり方で国もやっているのです。福島で、内部被曝をボディーカウンターで調査しており、これについて、逆用されるケースもある、自治体が二つの要素で動き、安全神話により、被害を考えず、事故の際に原発の対応も出来なかった以上に何もできないが、市民がこれをしてくれと言い、それで動き出しているのです。

 ホールボディーカウンターでの検査、安全神話より、何をやっていいか分からない国が、原爆投下以来犠牲者を隠す政策をやっており、ホールボディーカウンターで雑な測定で、検出限界を高くしていることもあり、被曝している人なしとの結果も出せるのです。設定は、1時間測定しないと出ないものを5分でやる、そういうこともあり、出てくるものも出ないのです。体内の放射能の証拠なしとされる恐れもあるのです。

 おしどりさんの質問で、ホールボディーカウンター、追及しているが、内部被曝を測定しても経口被曝しか分からず、爆発によるものは分からない、飯館村より、3月15日に放射能が降り注ぎ線量が上がった(プルーム)、汚染のひどいところで、口の中で金属の味がすると100人単位で訴え、後から放射能の味と4月に気付き、しかし検査してもらえなかった、この内部被曝の評価は出来るかについて、放射線プルームはどうかとの質問で、金属の味は矢ケ崎さんも味わった、ヨウ素、セシウムの原子が入ると唾液の作用で電気を帯びて、金属の味になるのです。金属の味=大量の内部被曝、放射性物質なのです。

そして、子供にヨウ素131がどれだけ吸収されたか、半減期が8日で、過ぎると測定不能(測定は8月)、しかしヨウ素の被害はベラルーシ、ウクライナで子供の甲状腺被害がひどく、ポーランド、国民にヨウ素剤を飲ませていた。ベラルーシで亡くなった人の体内の放射能、バンダジェフスキー博士が死体解剖で調査して、甲状腺にセシウム137が大量にあり、初期にヨウ素とセシウムが出て、ヨウ素とともにセシウムに甲状腺に入るのです。

 矢ケ崎さん、ヨウ素がないから調べられないのではない、セシウムを調べて、丁寧に測定して出来るのです。

 矢ケ崎さん、内部被曝の研究会を立ち上げて、今の学会は外部と内部被曝、後者が隠されている、犠牲者を隠すためで、隠し続けないといけない政治支配があり、政治に支配されないまともな科学を立ち上げて、政治支配=命を軽視、命を大切にしたいのです。

 政治に支配されない科学が大切なのです。次のコーナーに行きます。

そして、お待たせしました、小出先生の登場です。リスナーより、たね蒔きは政府の情報が正しいかを確認する場との声もありました。小出先生は電話出演で、データのそばにいたいとの意図からです。自分にしか出来ないことをするため現場にいたいのです。

 これから、100万年小出先生のお話を聞かないといけない、事故の収束に、リスナーも生きていない。事故が劇的であったのは3月であり、東電も放射能と闘う力を持ち、これから事故が劇的な進行はなくなると言われました。しかし、それは事故後の対処が正しい場合であり、出てくる情報、「腹の立つことばかり」であったのです。

 小出先生、3月11日を敗北と言われて、近藤さん、懺悔してもしようがないと言われて、水野さんはメディアの敗北と言い、これだけの事故が起こらないと、水野さんも小出先生としゃべることはなかったと言われたのですが、これほどの悲劇が起きた歴史が大切であり、小出先生、こんなことが起きないようにと生きてきて、何のために生きてきたか、なのです。

 リスナーより、小出先生の言葉は感情が御用学者と違い入っていると指摘があり、小出先生に異端とレッテルを貼っていた、しかし、小出先生には、だまされた人間には騙された責任がある、小出先生は原子力に抵抗してきた、悲劇の前に原子力を止めさせたかった、その責任は自分にある。小出先生が何を言っても皆さんに届かず、国、マスコミと原子力は安全と言っており、だまされたのは仕方ないが、それを認めると繰り返す、騙された責任を考えて欲しいのです。

 近藤さん、広島・長崎、そして福島、核の被害の代表が日本であり、日本だけこれほどの目に会っているのに、日本は変わっていない、国の意思が見えないと言うと、小出先生は原子力をやる、輸出すると言っていて、困った国なのです。変わろうと言う意思がないと近藤さん言われて、小出先生は恥ずかしいと言われました。

 水野さん、個人は変わっているのに、団体・組織は変わらないと言われ、近藤さん、人災と言われて、なら原子力はやっていけるという理屈になっていると指摘し、小出先生失笑されて、それなら、まずやめないといけない、人間は間違う、人災は必ずある、必ず間違う、原子力では悲惨すぎるのです。人災なら,誰の責任か考えるべきで、個人の責任を処罰すべきと小出先生言われました。

 小出先生、日本が変わるとは思わない、絶望され、政治に絶望したのです。近藤さん、政治が戦争をするなど、政治が人を幸福にしたことはないと言われて、その通りで、しかし小出先生黙っていられないが、この国の政治が変わるかは、一人一人がかしこくならないとだめなのです。

 戦争中、巻き込まれた国民は圧倒的で、闘おうとした人は思想があり、しかし殺された、原発の中で、どうすることも出来ずもがいている、10年後、戦争中はどうであったと言われると近藤さん言われて、小出先生、戦争中声を上げたら殺された、しかし、小出先生は声を上げても殺されない、声を上げ続けたい、やり続けたいと言われました。

 矢ケ崎先生、政治に支配されない科学と言われて、小出先生、矢ケ崎さんはまじめで、しかし学問の世界はそれを許さない、科学は、無色透明、中立と思われるが、実態はそうではなく、社会の中でしか発展の方向はなく、どういうものかしか発展できない、しかし、反対するものとして、存在したい。中立で真実を求めるものではない歴史なのです。近藤さん、核のゴミ100万年どころか、原爆も出来なかったのです。

 おしどりさんが来られて、小出先生うれしいと言われて、事故前から小出先生のことを知りつつ、何もしなかったのが恥ずかしいと言うと、そんなことはないと小出先生言われて、おしどりの活動で、デイズジャパンで見て、うれしく思うと言われました。おしどり、原子力の資格をとろうと言われました。経産省は自治体を分断させて仲たがいさせようとしている、弱者が虐げられ、福島に目を向けないと、福島が原発ノーと言わないと言われて、「弱者が虐げられる」ことに、我々がどう向かうかなのです。

 リスナーより、小出先生、講演会の会場に入れない人に、事故を防げなくてすみませんと言われたことの意味を国、東電が理解しろと言い、さらに、原発報道が減っているが、たね蒔きは追及してくれというリスナーもありました。小出先生のことで、生き方の変わった人もいるのです。

 最後に、RCサクセションの反原発歌を流して、このコーナーは終わるのです。小出先生、この選曲にうれしいと言われました。

 2011年、100何回かこの番組で小出先生のお話を追及しました(その他、自分でも小出先生のお話を何回お伝えしたか、覚えていません(笑))。これを、伝えいたしました。2012年も、この爆後の続く限りフォローします。それが反核運動を30何年続けている私の闘いです。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ