12 31

これが福島の現状です。 首都はその裾野に位置しています。

これが福島の現状です。
首都はその裾野に位置しています。
放射線防護の基本原則は
「胎児や乳幼児が住める環境つくり」だと思います。
被曝5000万人(1都11県『日本地図』2012版、成美堂出版)
に達しています。藏田計成

図20111231

参考資料: J . W. Gofman 『Radiation and Human Health』 Sierra Club
Books (1981);

伊藤昭好、今中哲二、海老沢徹、川野真治、小出裕章、小出三千恵、小林圭二、佐伯和則、塚谷恒雄他訳『放射能と人間』社会思想社(1991年)、新装版 明石書店(2011年)、図作成・著者 
福島市15歳未満の被曝ガン死者推定「415人」(過去8ヵ月の積算線量)
=「幼児、学童、妊婦」の家族疎開を急げ!核汚染地内に閉じ込めるな=
                                       河宮信郎 ・ 藏田計成       
 図1 「福島県」5歳階層別人口と被曝ガン死者数(年間20ミリシーベルト被曝の場合 参考資料: J . W. Gofman 『Radiation and Human Health』 Sierra Club Books (1981); 伊藤昭好、今中哲二、海老沢徹、川野真治、小出裕章、小出三千恵、小林圭二、佐伯和則、塚谷恒雄他訳『放射能と人間』社会思想社(1991年)、新装版 明石書店(2011年)、図作成・著者 

年少世代に多発する被曝ガン死
「図1」は、福島県の人口構成とそれに対する「被曝ガン死者数」の推定である。福島県県人口を5歳階層別に区分して、被曝線量=20ミリシーベルト(以下、ミリSv)に対する階層別の「被曝ガン死者数」を推計した。
この被曝線量=20ミリシーベルトは、先の政府有識者会議「ワーキンググループ(WG)」が設定した許容値である。その主査は長滝重信・前川和彦であり、かつて山下俊一ともども「100ミリSv浴びても問題はない」とうそぶいた御仁である。
図1は、この許容線量=20ミリSv(長滝・前川ライン)をもとに、ゴフマンモデルによって「ガン死者数」を計算した。ゴフマンモデルの対象は「公衆一般」ではない。被曝年齢0歳~55歳に対する「ガン線量」を年齢階層別・男女別に計算した。ここでいうガン線量とは「被曝ガン死者1人をもたらす集団被曝線量」である。この被曝がもたらす外部被曝、内部被曝が人体に及ぼす実効数値に関しては、いまも議論が続いている。ゴフマンは、この書を刊行したすでに30年まえから、時代的制約の中でこの問題について厳しく自己検証し、計算の精度を高めた。ゴフマン渾身の作であった。
ところが、アメリカ政府や世界の核・原発推進勢力は、ゴフマンのガン死に対する評価を敵視し、徹底的な禁圧を策した。しかし、数年後に起きたチェルノブイリ事故によるガン者数は、事故後25年の歴史を経て、いまようやくゴフマンモデルに近付きつつある。いまにして甦り、受容されようとしている。
たとえば、「欧州放射線リスク委員会」(ECRR)の「2010年勧告」は、「国際放射線防護委員会」(ICRP)の基準値=年間1ミリSv(=毎時0.114マイクロシーベルト)は「過大である」として、これを「10分の1」に切り下げた。「年間許容値を0.1ミリSv(=毎時0.011マイクロシーベルト)とし、適用基準対象も「胎児」「乳幼児」「年少者」「大人」と4区分した。
冒頭の図1は、被曝線量「年間20ミリSv」15歳未満の年少世代にとっては、あまりにも「過酷」であることを示す。日本版緊急値とはいえ、先の「長滝・前川基準=20ミリSv」はICRP基準値(年間1ミリSv)における推定死者数の「20倍」を予期し、欧州リスク委の許容限度の「200倍」に相当する。
ただし、この「被曝ガン死者数」の意味については、2点の補足が必要である。
?1桁台~2桁台の低い線量(100ミリSv以下)を浴びた場合の、晩発性ガン死は「数年(潜伏期間)後から発現し、40年後にピークに達する」ことになる(ゴフマン)。「いまただちに影響はない」という政府の常套句は、「のちのち集団被曝線量に比例したガン死者が出る」という補足を要する。
?ゴフマンモデルにおけるガン死者数の計算では、年間被曝総線量〈 1万[ミリSv・人]当たり〉という基準線量を用いている。この基準線量の意味は「1万人が1ミリSv」、「2万人が0.5ミリSv」、「5000人が2ミリSv」を浴びるとして、その集団被曝総線量はすべて〈 1万[ミリSv・人] 〉ということである。
ゴフマンモデルは、この「集団被曝線量」〈 1万[ミリSv・人]当り〉に対して、「ガン死者は何人か」を推定した。これを用いて、0歳、5歳、10歳、15歳、20歳…55歳までの年齢集団別に「ガン死者数」を計算した。
被曝時の年齢 0歳 5歳 10歳 15歳 20歳 25歳 30歳 46歳 55歳
生涯ガン死者(人) 15.17 13.32 10.53 5.10 4.50 4.46 3.889 0.50 0.05
上表、ゴフマンモデル「46歳」の死者数は、ICRPモデル「一般公衆」の死者数と一致
結論
? ICRPモデル「一般公衆、1万人、年間1?Sv、死者=0.5人」をゴフマンモデルと対照すると、「46歳で被曝した場合のガン死者数」に相当する。
? たとえば、0歳「年間1?Sv」被曝」は、46歳「年間30?Sv」被曝のダメージに等しい。 46歳「1ミリSv」は、0歳の「30ミリSv」被曝に等しい。
? ガン死推定「415人」の母集団は、福島市15歳未満「約3万7500 人」である。
? その累積被曝線量は8ヶ月間「約9.45?Sv」(3月12日~11月10日=5942時間)となる。この数字は、福島県が事故直後から計測した線量を独自に積算したものである。
? ところが、文科省の新聞発表では「福島市累積線量3.15?Sv」とある。これは先の「福島県実測累積線量」の33%に過ぎない。さらに、この文科省発表の「累積線量」を単純に逆算すると、8ヵ月間=5942時間の平均被曝線量は「毎時0.53マイクロシーベルト」という計算になる。
? 念のために、この「計算値」と、同じ記事の枠内にならべて記載されている「新聞発表値=毎時1.31マイクロシーベルト」と比べると、その差は2.5倍である。このトリックについては続編で展開しよう。「アクトは、アクト」(事実は事実)という開き直りは、「計器が故障していた」という弁明に等しい。この捨てゼリフは、文科省広報課に問い合わせた際の質問と疑問に対する最後の回答であった。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ