05 10

原発-小出情報20110509

5・9(月)毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」から
(小出裕章・京都大学原子炉実験所助教の話です。ラジオを聞き起こしたものが友人から送られてきました)

小出先生のお話、福島第1の1号機で、建屋の二重扉を開けて、リスナーから質問で、5億ベクレルの放射能が出たと言う事で、東電は、環境影響は少ないというものの、小出先生、放射能はどんな意味でも危険で、5億ベクレルは危険、しかし、今まで兆どころか37~67京!(億×億)出ています。5億ベクレルのことをとてつもなく大変と言えるのではないのです。問題だが、今回がとてつもなく問題なわけではないのです。つまり、5億が小さいと見えるくらいひどいのです。5億ベクレル、原子炉研では何十年たっても出せません…(泣)。


 保安院は環境への影響なしと言っているのは、被爆に安全量なし、大丈夫、影響なしという言葉を使ってはいけないのです。


 水野さん、原発周囲に住んでいるなら、二重扉をいつ開けるかと聞きたいのですが、そう言わないといけないものの、ものすごい放射能が出て周囲は避難させられている、5億ベクレルで避難しないといけない人はいない、言ったところでどうにもならないのです。


原発内の作業、今日の数字で、700ミリシーベルトを観測、この数字での作業は、700ミリのところでは作業は出来ないのです。作業は10分では出来ない、被爆限度になるため、仕事にならない、環境を変えないといけないか、その現場をあきらめないといけないのです。水棺は今回とは別であり、水棺は水を入れるため、格納容器が損傷なしならできる、循環式の冷却を想定している。


東電の想定どおりに行かないだろうとのことで、鉛のマットを敷くのは、被爆は外部と内部があり、内部は体内に吸い込むことで、内部被爆は防護服で防げる(宇宙服みたいな)が、外部被爆は、外に放射能があれば防げない、鉛のスーツで防げても、そんなもので作業にならない、外部被爆は、放射性物質のあるところに鉛を詰めないと(壁に貼る)ダメなのです。とても難しいのです。


どこから強い放射性物質が出ているか、被爆しながら出ないと調べられないのです。


海からストロンチウムが出たこと、タービン建屋、トレンチに汚染水が溢れかえり、目に見えたところの水を止めたものの、汚染水は海への流出は避けられないのです。


ストロンチウムは、半減期も長く(28年)、海に流れると、魚への影響は、大変であり、1950~60年代の大気圏内核実験のうち、ストロンチウム90が最大の被爆になり、ストロンチウム90の被爆は深刻で、570ベクレル/kgの意味、チェルノブイリの事故、日本は輸入食品の規制をセシウムで370ベクレル/kgでした、ストロンチウムは内部被爆は10~100倍危険であり、海で取れた土でこの値であり、魚の汚染はもっと多い、大変な被爆になるのです。海草、魚の調査が必要(生物体の濃度は海水より多くなる)、魚も内部被爆(外部被爆もする)している。これから大変です。


安全性というものはないのです。どんな意味でも、放射能は危険であり、どこまで危険性を我慢できるかということなのです。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ