01 05

【発電】地熱発電 福島で本格開発へ(なぜ増えない日本の地熱発電所)

【発電】地熱発電 福島で本格開発へ(なぜ増えない日本の地熱発電所)
2012.1.5 |

画像はウィキペディアより。
tinetu.gif

http://savechild.net/archives/14488.html

原発事故が起きてしまった事で、やっと国も少しずつ地熱発電の開発に取り組む気になったようですね。まず福島県で「地熱発電」の本格的な開発に乗り出すことになったそうです。

*地熱発電については、昨年10月、「月刊日本」で私も紹介しています。
         (下記の青字をクリックすれば、読めます)
◎「暴走する福島原発⑤
   「地熱発電」の開発を急げ
   ――地熱資源立国にむけた規制緩和を――」
   月刊日本10月号に掲載

以下はNHKより引用です。

地熱発電 福島で本格開発へ
東京電力福島第一原子力発電所の事故をきっかけに、自然エネルギーの活用に関心が高まるなか、ことし春から福島県で、官民が連携して、「地熱発電」の本格的な開発に乗り出すことになりました。
「地熱発電」は、地下1000メートル以上の場所の高温の蒸気を利用して発電するもので、風力や太 陽光発電とは違い、気候に左右されず、出力が安定する長所がありま
す。この地熱発電について、ことしから福島県内で、国内の地熱発電業者などで作る協議会 と国の独立行政法人が共同で開発に乗り出すことになりました。候補地は福島
県の猪苗代湖の北東部一帯で、これまでの調査では、国内の地熱発電によるすべて
の発電量の半分近い25万キロワット程度の出力が見込めるということです。協議会は今後、雪どけを待って、発電に適した場所を絞り込むための現地調査を始 める予定で、また独立行政法人は、調査費用
の一部を補助する方向で調整しています。協議会の安達正畝会長は、「地熱発電は24時間365日発電し続ける、 安定した電源だ。今回は特に福島県をターゲットとしたが、東北全
体、北海道も十分なポテンシャルがあり、地元と協力できるところは、今後、どんどん開発を 進めたい」と話しています。

1月5日 9時47分 NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120105/t10015060641000.html

地熱発電の分野において、日本の技術はトップで、世界の地熱発電設備容量(発電できる最大能力)の約7割りを日本のメーカー3社が占めています。そして地熱資源の保有量は世界第3位です。しかし、日本の地熱資源の8割りは国立公園の中の特別地域の中にあると言われていて、ここは環境省が認めておらず民間企業が手を出せない領域になっているそうです。他にも温泉の問題などもありますが、国家レベルで取り組めばどうにかなるのではないでしょうか。

以下は2011年7月にNHKのニュース番組で放送された地熱発電に関する報道です。ニュージーランドについてや、日本のメーカー富士電機についてなど分かりやすいです。デイリーモーションより引用です。

(2012年1月5日 14:07)



東京都 渋谷 2.89マイクロシーベルト #Tokyo
2012-01-05 10:34:27NEW ! pochifxの投稿
テーマ:放射線の計測
【原発】原発情報1856【放射能
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1325667082/993

993 名前:地震雷火事名無し(空)[] 投稿日:2012/01/04(水) 23:17:31.12
ID:jwRCU6Re0

東京都 渋谷

2.89マイクロシーベルト


ガン 850%上昇


画像
http://apr.2chan.net/dec/52/src/1325477699386.jpg

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ