01 06

おそるべき汚染水・海洋汚染と魚」広瀬隆氏「収束宣言」大嘘の皮を剥ぐ

おそるべき汚染水・海洋汚染と魚」広瀬隆氏「収束宣言」大嘘の皮を剥ぐ 後半ーその3ー(内容書き出し)
広瀬隆氏の週刊朝日UST劇場スペシャル
福島原発事故 「収束宣言」大嘘の皮を剥ぐ 2011年12月23日
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1351.html

動画はこちらで見ることが出来ます↓
http://www.wa-dan.com/hirose/

ここまでの書き出しはこちら↓
広瀬隆氏福島原発事故 「収束宣言」大嘘の皮を剥ぐ12/23前半(内容書き出し)

後半ーその1ー「東電は嘘の百貨店・危険な4号機」広瀬隆氏(内容書き出し)

後半ーその2ー「次の大地震は何時起こるか!」広瀬隆氏(内容書き出し)

後半ーその3ー 00:14:06~
恐るべき汚染水をどうする!

だから先程のね、ホースやなんかが敷地にね、這い回っている汚染水やなんか見ても、本当にコワイくなって、



山口:これですね。

これはね、フライデーが良く撮ってくれたなって思うんでね、私も恐ろしくなりましたけれど、
こんなの・・・汚染水の地獄って書いてありますけど、



生き先がないんです。それで東電が、
今度来年の3月にこれが満杯になるから「海へ流す」って言いだしたんですよ。
エェッ!?

山口:とんでもないですよ

広瀬:
とんでもない事を言い始めたんですよ。
で、この量がね、とんでもない量で、すでに9万トンが埋まってね、
そこに地下水が入っている。

山口:入りこんでいますね

広瀬:
これはね、台風15号の時からね
私もびっくりしたんですけれど、地下水がこのタービン建屋の汚染処理槽にね、ジャージャー流れ込んでるって!



これを聞いた時には本当にびっくりしたんですけれども、
ようするに、地下水とツーツー、通じている訳ですよ。
地下水が流れ込んでいるだけじゃなくて、汚染水が地下水の中に入り込んでいる訳ですよ。

この一つの事を取ってね、
私は福島の人達は絶対に帰るべきじゃないと思います。
もう、地下水がどこまでね汚染が広がっているのか、だれも測定していないんですよ。

分析もしてないの。

で、この量はね、京都大学原子炉実験所の海老沢徹さんが計算しますとね、



これ、6月時点ですよ。だから今からもう半年前の量で、
チェルノブイリ事故で放出された全放射能の1.5倍だっていうんですよ。
だから、この量からもう半年経って、ジャージャージャージャー洗い流して、また溜まっているっ訳でしょ、
その量は私は分かりませんけれど、とてつもない量が今溜まっているんですよ。全体量としてね。

でね、これが4月2日に見つかったね、東電が初めて見付けただけですけど、



超高濃度の汚染水がね、海に大量に流れて日本中がビックリした時ですけど、
その2日後に今度は海に故意に放出した訳ですね。



これ、低汚染水なんて言っていますけど、基準の500倍ですよ。

山口:どこが低なんですか



すさまじい海洋汚染00:16:42

広瀬:
どこが低ですか・・・でね、あのちょっと見ていただきたいんですけど、00:16:46
この海洋汚染ね、
山口さんはこの間ハワイに行ったでしょ?

山口:はい、

この絵を見て下さい。
これはね、海洋のコンサルタント会社の非常によく詳しい、
海流を全部調べつくしている人たちが作った画像なんですけどね、
これが3月11日の1週間後から始まるんです。

アニメーションじゃないので飛ばしながら半月ぐらいづつを追っていきますけど




まだ北海道に行ってないんですよ。この後、



山口:ワッ!!

広瀬:
これが私にも北海道に人もショックなんですけれど、
ついにこの辺まで行っちゃったんですよ。これが恐いです。



でね、これからね、南にどんどんどんどん、今オーストラリアの方に広がっているんです。



この分析は、11月11日で一応今のところ私達が見られるのはここで終わっているんですけどね、



広域で見るとここまで来ているんです。地球の。




山口:世界中に・・・

広瀬:
これ、これね、グーグルアースで距離を測ってみるとここなんです。



山口:ハワイ・・・ハワイ目前ですよ

広瀬:だからね、来年(2012年)はもうハワイ

山口:行きますね、間違いなく。

広瀬:
だからね、今ここまで来ているんです。
これが今の海の汚染で、これでね、また放流するっていう事をね言っているんですよ。


皆さんに知って欲しいのはこの後の食べ物の問題になるんですけど、

昆布の95%は北海道産なんです。
ワカメは岩手県と宮城県が全国生産量の80%を占めている

だからね、九州の人は安心しているけど、
どこにいても同じなんですよ。同じ物を食べている。

わたしはね、岩手や宮城やこういう人たちの事をね、言いたくはないんですけど、
今の汚染図を見たらね、いったいどうなるんだろうと思うんですよ。

特に秋からね、美味しい魚がね、
我々こういうのは秋サバとか言って食べるでしょ
何しろね、サンマがこうやって降りてくると美味しいじゃないですか、で、サケが降りてくるでしょ。
夏からね、戻りカツオがね、こうやってね、ここをずーっと泳いでくる。



旨いんですよ。セシウムが入っていても、わかんないんですよ。
今こんなのをずーっと食べてる。
魚介類はね、我々日本人は、欧米人とは比較にならない位に沢山食べるんですから、
だからね、皆さんもうちょっと真剣に考えてほしいのは、
この食べ物と汚染の関係をね、しっかり見て欲しいんですけど、
4月6日は成瀬さんはどこにいらっしゃいました?

「日本全土をなめつくす放射能」広瀬隆氏「収束宣言」大嘘の皮を剥ぐ 後半ーその4ー(内容書き出し)
へつづく

だから先程のね、ホースやなんかが敷地にね、這い回っている汚染水やなんか見ても、本当にコワイくなって、



山口:これですね。

これはね、フライデーが良く撮ってくれたなって思うんでね、私も恐ろしくなりましたけれど、
こんなの・・・汚染水の地獄って書いてありますけど、



生き先がないんです。それで東電が、
今度来年の3月にこれが満杯になるから「海へ流す」って言いだしたんですよ。
エェッ!?

山口:とんでもないですよ

広瀬:
とんでもない事を言い始めたんですよ。
で、この量がね、とんでもない量で、すでに9万トンが埋まってね、
そこに地下水が入っている。

山口:入りこんでいますね

広瀬:
これはね、台風15号の時からね
私もびっくりしたんですけれど、地下水がこのタービン建屋の汚染処理槽にね、ジャージャー流れ込んでるって!



これを聞いた時には本当にびっくりしたんですけれども、
ようするに、地下水とツーツー、通じている訳ですよ。
地下水が流れ込んでいるだけじゃなくて、汚染水が地下水の中に入り込んでいる訳ですよ。

この一つの事を取ってね、
私は福島の人達は絶対に帰るべきじゃないと思います。
もう、地下水がどこまでね汚染が広がっているのか、だれも測定していないんですよ。

分析もしてないの。

で、この量はね、京都大学原子炉実験所の海老沢徹さんが計算しますとね、



これ、6月時点ですよ。だから今からもう半年前の量で、
チェルノブイリ事故で放出された全放射能の1.5倍だっていうんですよ。
だから、この量からもう半年経って、ジャージャージャージャー洗い流して、また溜まっているっ訳でしょ、
その量は私は分かりませんけれど、とてつもない量が今溜まっているんですよ。全体量としてね。

でね、これが4月2日に見つかったね、東電が初めて見付けただけですけど、



超高濃度の汚染水がね、海に大量に流れて日本中がビックリした時ですけど、
その2日後に今度は海に故意に放出した訳ですね。



これ、低汚染水なんて言っていますけど、基準の500倍ですよ。

山口:どこが低なんですか



すさまじい海洋汚染00:16:42

広瀬:
どこが低ですか・・・でね、あのちょっと見ていただきたいんですけど、00:16:46
この海洋汚染ね、
山口さんはこの間ハワイに行ったでしょ?

山口:はい、

この絵を見て下さい。
これはね、海洋のコンサルタント会社の非常によく詳しい、
海流を全部調べつくしている人たちが作った画像なんですけどね、
これが3月11日の1週間後から始まるんです。

アニメーションじゃないので飛ばしながら半月ぐらいづつを追っていきますけど




まだ北海道に行ってないんですよ。この後、



山口:ワッ!!

広瀬:
これが私にも北海道に人もショックなんですけれど、
ついにこの辺まで行っちゃったんですよ。これが恐いです。



でね、これからね、南にどんどんどんどん、今オーストラリアの方に広がっているんです。



この分析は、11月11日で一応今のところ私達が見られるのはここで終わっているんですけどね、



広域で見るとここまで来ているんです。地球の。




山口:世界中に・・・

広瀬:
これ、これね、グーグルアースで距離を測ってみるとここなんです。



山口:ハワイ・・・ハワイ目前ですよ

広瀬:だからね、来年(2012年)はもうハワイ

山口:行きますね、間違いなく。

広瀬:
だからね、今ここまで来ているんです。
これが今の海の汚染で、これでね、また放流するっていう事をね言っているんですよ。


皆さんに知って欲しいのはこの後の食べ物の問題になるんですけど、

昆布の95%は北海道産なんです。
ワカメは岩手県と宮城県が全国生産量の80%を占めている

だからね、九州の人は安心しているけど、
どこにいても同じなんですよ。同じ物を食べている。

わたしはね、岩手や宮城やこういう人たちの事をね、言いたくはないんですけど、
今の汚染図を見たらね、いったいどうなるんだろうと思うんですよ。

特に秋からね、美味しい魚がね、
我々こういうのは秋サバとか言って食べるでしょ
何しろね、サンマがこうやって降りてくると美味しいじゃないですか、で、サケが降りてくるでしょ。
夏からね、戻りカツオがね、こうやってね、ここをずーっと泳いでくる。



旨いんですよ。セシウムが入っていても、わかんないんですよ。
今こんなのをずーっと食べてる。
魚介類はね、我々日本人は、欧米人とは比較にならない位に沢山食べるんですから、
だからね、皆さんもうちょっと真剣に考えてほしいのは、
この食べ物と汚染の関係をね、しっかり見て欲しいんですけど、
4月6日は成瀬さんはどこにいらっしゃいました?

「日本全土をなめつくす放射能」広瀬隆氏「収束宣言」大嘘の皮を剥ぐ 後半ーその4ー(内容書き出し)
へつづく
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ