01 06

速報 福島中心にセシウム急増  マスク必要!!

福島中心にセシウム急増!武田邦彦氏「緊急憤激」(声書き出し)資料あり

何故、テレビのニュースで放送しないのでしょうか?1月4日の文部科学省の正式な測定結果の数値が異常です!!!
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1355.html
ーーーーーーーーーーー武田邦彦先生のブログ転記&声書き出します。

速報 福島中心にセシウム急増  マスク必要!!

文部科学省が1月6日に発表した福島県、並びに他県のデータを見ると、
福島県および関東一円のセシウム降下量は、事故後とほぼ同じぐらいのレベルに達しています。
原因は不明ですが、とりあえず、マスクをする必要があります。

今、緊急に調べています。結果がでたらすぐブログに上げます。
念のための措置ですが、お子さんをお持ちの方はあまり外に出ないように。データの信頼性もチェック中です。

データは危険なレベルです。

マスコミが報道していないのは不思議ですが、
1平方キロメートルあたり100メガベクレルを超えていて、かなり危険です。
逃げる必要はありませんが、マスクをして外出は避けてください。

しばらく後に葉物野菜が汚染されます。(データが正しければ)

(平成24年1月6日)   武田邦彦





緊急憤激  東電は日本から出て行ってください


・事故で引責辞任した東電社長の退職金  2億円
・事故で電気代を上げる権利があると言った東電役員
・4万ベクレルを超えるのに掃除に来ない東電と九電力
・「定時降下物とは何ですか?」と聞く東電記者会見
・日本人は「悪かった」と謝らなければ許されない社会に住んでいます。
・交通事故や産業の事故とあまりに違うのに、記者(新聞、テレビ)が低姿勢!!

(音声です)
(平成24年1月6日 午後7時)  武田邦彦


「takeda_20120106no.386-(7:27).mp3」

ーーーー武田先生の声書き出しましたーーーー

えーっと、
実は今セシウムが大量に漏れまして、もちろん新聞とかテレビで大騒ぎしなければならない量ですね。
というのは、3月のひたちなか市の平均がメガ400ベクレル、ま、1平方メートル当たりですけど、
それの半分以上ですからね、今の時期に。

もう・・・そりゃ、5月ゼロで11月12月位はですね、ほとんどゼロか5ぐらいなんですよ。

それで皆さんこんなことを言っているんですね。
降ったセシウムはもうこびりついて、除染しても取れないなんて言っているんですよ。

だから、そんなセシウムが風で吹き飛ぶはずはないし、と思ってですね、今一生懸命に調べながら
東電の記者会見を久しぶりに聞いたんですよ、

誰かがセシウムの事聞いてくれないかと、

そしたらね、もう、会見を聞いてて腹がたっちゃいましたね

だってね、少し古い事ですけれども、
事故で引責辞任した東電の社長の退職金2億円ですよ、
まぁ、この時も僕は腹わた煮えくりかえっちゃったんですよね。

だってみなさん、お母さんもね、旅費はかかるしお子さん連れて、
行く先には金がかかるし、夫婦は別れて住まなきゃならないし、
もう、いろんな事があった訳でしょ、みんなお金を出して。

それでも2億円貰うっていうんですからねー。

それから、東電の役員はもっとすごかったですよ、
事故が起こったから電気代を上げる必要がある。
その権利は東電にあるんだっていうんですから、権利がある。

冗談じゃないですよね。

例えば食品で事故を起こしたところがですよ、
牛乳で何か事故を起こしたと。
俺のところは牛乳で事故を起こして、損益が無くなっちゃうから「牛乳を値上げする権利があるんだ」なんて言ったら
どうなります?いったい・・・ね。

それから、
4万ベクレルを超える土壌っていうのは東電が掃除に来なくちゃいけない
全然来ない。

9電力も他の電力もね、知らん顔ですよ。

そう思って腹立てていたら、今日の記者会見聞いていたらですね、
ある記者が一応聞いてくれました。

「セシウムが非常に増えているんですけど、いかがなされましたか?」と。

そうしたら、東電の記者会見の担当者はなんて言ったと思います?
「定時降下物とはなんですか?」って聞いたんです

記者がね、「定時降下物が増えているんです」って言ったんですよ。

定時降下物っていうのは、東電の変わりに文科省が3月からずーーっと
全部定時降下物という名前を使って、空から降ってくる奴を表示しているんですよ。

これには唖然としましたね。

これはね、計画的に言っているんですよ、
「定時降下物ってなんですか?私と関係ありませんよ」って。
「原発から外に漏れたやつは全然私と関係ありませんよ」
こういう態度です、これに終始しているんですね。

それで「多いんです。理由は分かりますか?」って言ったら、
「いや、福島の原発は普通の状態ですから、風で吹き飛んだんじゃないですか」って言うんですよ。
「あとは知りませんよ」って言うんですよ。

いやね、普通だったら、風で吹き飛ぶようなやつなら東電が漏らしたやつじゃないですか

「原因をすぐに追求します」とかご「心配だからこうです」とか言わなきゃいけないですよ。

これについてね、ある読者の方が文部科学省に問い合わせたらね、こうなんです。

「事故でも故障でも無く平常どおりですよ」っていうんですよ

いや、平常通りで252メガベクレルのが飛ぶんですか?と。
降ってくるんですか?というような感じで、
ま、どうにもならんですね。

私はとてもね、はらわたが煮えくりかえって、今度音声にしたんですよ。
もう、文章で書いていたらね、もう、腹が立って腹が立って困るもんですからね、
ひさしぶりに少し感情的になりましてね、
ま、人間は感情的になることも必要ですよね。
あんまり冷静だけじゃ、世の中良くなりませんよ。

だって、エジプトだってね、リビアだって、ソ連ですらね、今はロシアですら
ネットがきっかけになって、社会でずうずうしい連中をとにかく退けようって言ってやっているわけですよ。

ま、どうしたんですかね、日本は。

日本はですね、日本っていうのは悪かったと言って謝らなければ許されない社会なんですよ。
これいいんですよね。悪いんじゃないんですよ決して。
悪くても権利を主張するような社会は愚劣なんですよ。
レベルが低い訳ですよ。

だから日本では、悪いことは悪いと、いい事は良いって、ちゃんと区別を付けていたんですよ。

事故を起こした東電は悪いんですよ。
「自分の漏らしたやつは知りませんよ」とか、
「あ、それは私たちの原発は今は普通の状態ですから、風邪も吹いたんじゃないですか」って・・・
もう、冗談じゃないですよね。

こういう事はもう、日本自体をダメにしますから、
もう東電はね、日本から出て行って下さい。
困りますよ、こういう人たちがいると。
もうね、変なアメリカみたいになっちゃって、アメリカもそうですけれどね、
アメリカでも良いし他の国でも良いけれど、なってしまってですね、
もうギスギスしたとってもね、住みにくいところになりますわ。

交通事故でもそうですよ、
それはね、悪質な交通事故もありますけど、多くの交通事故は誤ってうっかりやっちゃうんですよ。

それでもね、事故を起こして怪我をさせたらね、平謝りに謝って
そんな時にね、「私に正当性がある」とか「私には権利がある」とかね、
「そんなこと知りませんよ」なんて言ったらもう、弾き飛ばされますよ。

産業の事故でもそうですね、
思い出せば雪印乳業の事故で、雪印がちょっと牛乳を使い回したと、
かなり食中毒も出たと、それで大騒ぎしたと。
新聞記者なんか、ものすごく厳しく追及した。
あまりの厳しい追及に社長がエレベーターに乗った時に「私も寝ていないんだ」ってこう言ったんです。

で、なに言ってんの?ってなったんですよ。
「だってあなたね、食中毒こんなに出して、自分が寝てないなんて社長なの?」こう言ったんですよ。

ところがね、今度記者会見聞いてたら、みんな東電に敬語使っているんですね。

日本人ってこうなったんですかね、相手が強いとみればペコペコする。
私ね、最近ちょっとこう思っているのがね、
実は事故が起こってから突然被ばくしても大丈夫だとかね、
私が「1年1ミリシーベルトって法律ですよ」っていうとね、
「法律を言うなんていうのは、武田はいけない」とかなんか言ったりしてね、
「なんでこんなに、なんか、非難するのかな?」って思ってました
私は非難されてもいいんですけどね、

非難するのかな?って思ったらね、ただね「虎の威を借る狐」なんですね。
強い物に撒かれようっていうんで、東電?とか政府?ま、自治体もほんと、ひどいんですよ。

小学校かなんかがね、那須とか何処かに旅行に行くっていったら、
それをね、問い合父兄に向かってね、自治体はこう言ったんですよね。
「政府が言っているからいいじゃないか。」
あなたね、何時も地方自治って言ってないの?と。住民を守るって言ってないんですか?

ま、だけど、
本当に東電のように悪い事を認めない日本人、虎の威を借る日本人はダメですよ。
日本人は昔から判官贔屓(はんがんびいき)って言ってですね、弱い者に見方をするのが日本人だったんですよ。

正直に謝り、弱い者に見方をするのが日本人だったんです。
それが江戸ッ子なんですよ。
ま、江戸ッ子ばかりじゃなくても。

なんですかね、今の。
ま、主に東京に住んでいる人ですけど、
何とかしてほしいと。

もうね、こういう事では日本に住みたくなくなっちゃうんですよ、私もね。
ま、ちょっと、カッときましたので、音声を入れてみました。

ーーー書き出しここまで



元日の地震の影響の四号機が心配です。
時間的に四号機で何かがあったのかと思ってしまいそうですが、・・・
武田先生のブログを読んでいても、個の量はかなり多いようです。

注意しましょう!




急に増えた定時降下物に関する記事&文科省の「定時降下物測定結果」&武田先生のブログを
続きを読むに転記します








福島市で放射性セシウムが異常な上昇

2012年1月5日(木)16時40分配信 ゆかしメディア

文部科学省が発表した福島市内の「定時降下物環境放射能測定結果」によると、
同市内で検出されたセシウム134、137の値が異常に上昇していることがわかった。

1月4日午後2時時点の測定結果によると、
福島市内で1月2日午前9時~1月3日午前9時までは、
セシウム134が180MB(メガベクレル)/平方キロ、セシウム137が252MB/平方キロとなった。

その前日の1月1日午前9時~1月2日午前9時までは、134、137ともに、ND(検出限界値未満)だった。
また、それ以前と比べても、2日~3日の値は軽く10倍以上となっている。


ーーーーーーーーーー



文部科学省 定時降下物環境放射能測定結果





ーーーーーーーーーーー


緊急速報  セシウム降下量のレベル

1月4日文科省発表の福島市のセシウム137の降下量は1平方キロメートルあたり252メガベクレルであった。
この量(252)と茨城県ひたちなか市(福島はデータがないので、
当時、一番、セシウムが高かったところ)のデータだが、
3月20日から、48,13000、12000、420、63、99,160、ND(0)、21、14,57, 390,(これで3月は終わり)、
5月になると、71,0,8,0,0,0,0,0,0,0と0が多くなる。

3月21日、22日が集中的に降った日だが、3月の平均が402だから、
1月2日の量は、「3月より少し少なく、5月とは比較にならないほど多い」ということになるので、
危険なレベルだ。

たとえば直前の12月には、福島市のセシウム137の降下量は、5から20ぐらいだからハッキリと増大している。
いくら何でも間違いではないかと何回も見直しているのだが、単位はMB/km2だし、
サンプル採取時間は1日で同じようだ。
おかしい??? おかしいが被曝だけは先に防いでおく必要がある。

洗濯物を取り入れるときにははたいて、外出から帰ったときには玄関先で服をはたいて、

子供の服は洗濯を頻繁に、マスクをして、外出を控えるなどをしておく。
様子を2,3日見ると判ると思うが、文科省が正直にデータを出してくれるのを祈るばかりだ。

福島ばかりではなく、千葉市でもかなり高い値が出ているようだ。
いま、範囲も調べている。とりあえず、福島、関東は要注意。

(平成24年1月6日 午後6時10分)




緊急速報  セシウム降下と4号機

12月29日、30日と高かった福島市のセシウム降下量は、いったん12月31日、1月1日と下がったものの、
1月2日には「4月なみ(4月は福島からのデータはないので、茨城県北部のデータを参照した)」セシウムが降っている。

この量が続けば3月、4月と同じだから一時避難しなければならない。
ただ、今の段階で間違ってはいけないことがある。
それは「原因を追及するのではなく、本当に3月4月なみのセシウムが降っているのか、

なぜそれを政府が警告し、マスコミが報道しないのか?である。

データは文科省の正式報告であり、
値は1日で252メガベクレル(1平方キロメートルあたり)だから、十分に警告を出して良いレベルだ。
「2,3日、様子を見る」ということかも知れないが、危険な兆候は知らせてくれないと困る。

被曝は足し算だから、直ちに逃げなくても良いが、
マスク、外出抑制はまずして、学校の開校は時期をずらした方が良いだろう。
また、本当ならまもなく水道も汚れてくるはずであるし、半月後には葉物野菜が汚染されるだろう。

第二に重要なのは原因の追及より、セシウム降下の事実を調べることだ。
たとえば、このように考えたら良い。
火事が起きて家族のいる居間に火が移ろうとしている。
その時に逃げる準備や火がどこまで迫っているかは大切だが、
火元が台所か風呂場かは当面はあまり深く追究しても意味が無い。だいたいの方向が判れば良い。

実は、私も「4号機が危ない」という情報があったので、それを調べていたら、
どうも「セシウムが降ったのは4号機ではないか」と類推し、4号機の問題にすり替わったらしい。
4号機かどうかなどは2,3日後でも間に合う。

セシウムが降っているなら、それだけに注目し、逃げる準備が先である。
4号機でも1号機でも、福島周辺からの2次汚染でも、同じことが起こる。
でも、原因追及より、事実確認をすることが第一だ。
もちろん、事実確認をしている内に被曝してはいけないから、ともかく危険なデータがでたら、即、準備をするべきだ。

(平成24年1月6日 午後6時)   武田邦彦
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ