01 12

【最悪のシナリオ】小出裕章氏が危惧する福島第一原発4号機「燃料プール」の問題点


【最悪のシナリオ】小出裕章氏が危惧する福島第一原発4号機「燃料プール」の問題点

MBSのラジオ番組「たね蒔きジャーナル」にて小出裕章氏がゲストに呼ばれ放送された発言がYouTubeなどにアップされ話題となっています。

政府が「最悪のシナリオ」とした4号機の燃料プールの破壊は、その危険性がまだ残っているという指摘です。

あの放射線が強い中で満足な補強工事が可能だったのか?小出氏は疑問を呈しています。


もし、強い余震によって、燃料プールが破壊された場合、政府の想定していた「最悪のシナリオ」が復活することになると危惧しているのです。

それは福島原発250㎞圏の人たちの避難――。

250㎞圏とは横浜まで入る。膨大な人口を抱える首都圏全域を含みます。
http://socialnews.rakuten.co.jp/link/%E3%80%90%E6%9C%80%E6%82%AA%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%80%91%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0%E6%B0%8F%E3%81%8C%E5%8D%B1%E6%83%A7%E3%81%99%E3%82%8B%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%8E%9F%E7%99%BA

詳細は元記事ににて文字起こしをしています。

【文字起こし】================================



http://www.best-worst.net/news_To9jjapUu.html


■原子力行政の問題と「福島原発4号機」に対する危惧
京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻助教であり、核物理学者の立場から一貫して「脱原発」を主張してきた小出裕章氏の発言がネットで話題を呼んでいる。

その発言はMBSのラジオ番組「たね蒔きジャーナル」にて小出裕章氏がゲストに呼ばれ放送されたときのものである。

20120109 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

■脱原発を目指す市民団体の署名活動について
まず、冒頭で脱原発を目指す市民団体の署名活動について言及している。

この活動は、原発再稼働の是非を問える住民投票を行えるようにする条例制定を目的として動いているものであり、1月9日には、大阪市にて請求に必要な4万2673筆の署名が集まったことが発表されている。

この件に関して、同氏は極めて肯定的にとらえ、条例の制定を歓迎している。

「よかったと思います。あまりにも政治が酷いわけですから、政治にはもうまかしておけない。自分たちで決定したいと皆さんが思われたのだと思いますし、私は元々、一人一人が考えてくださいとお願いしてきましたし、こういう条例ができることを私は願います」



■「40年で原則廃炉」法について
原発の稼動を40年で廃炉にするということを政府が発表している。つまり法によって原子炉の稼働期間に縛りをいれようとするものだ。ただし、例外規定が存在するのである。

この「40年で原則廃炉」法に関し、小出裕章氏は、言語道断であると言い切る。「全ての原子力発電所を即刻止めるべきだ」
という従来の主張を前提とし、以下の様に続けた。


「政府が40年で止める、それも例外を認めるというのは、私から見れば言語道断のことだと思います」


そして政府が言及している「例外」については、
「電力事業者から申請があったときは、施設自体施設自体の老朽化と施設を保全できる技術的能力について『審査』をして、問題が無い限り延長を承認する」
という形で紹介される。

この「例外」対し同氏は
「福島第一原子力発電所に対して、国は厳重な安全『審査』をして、東京電力に技術的な能力があると、老朽化の問題も無いと、言ってお墨付きを与えながら来て事故になっているのです」
と語る。

そもそも、国が『審査』し、『承認』したから安全ですなどという保障が無いことは福島第一原発で証明されているということである。そして、言葉を続ける。


「それを今更、偉そうに国が審査をして、安全であることを認めてやると言ってるわけで、まずはあなた達に、全て止めた方が良いんじゃないですか? と私はいいたくなります」


そして「ザル法」ではないか?という問いかけに対し、以下の様に話す。


「40年という年限を切ったことが皆さんにとっては真新しく見えるかもしれませんし、それなりに一つのステップを踏んだということは確かにあるとは思います。でも本当はそんなことではないんだということを皆さんに分かって欲しいのです」


すでに国内に40年を超える原発が存在し稼動していることに対し、例外で生き延びさせようとする意図が見えている感じがするとも述べた。

従来も法規定はないが30年経過すると国に申請していたという事実も紹介される。今回の法はその意味では後退ともとれるのではないかという質問に対し、結局この法律はどんな風にも解釈、運用できるものであると同氏は答えている。


「国の方がどのように運用しようかと思うことによって全てが決まってしまうとういうことだと思います」


そもそも、事故原因全てが老朽化ではないことをチャルノブイリ原発、スリーマイル島原発の事例を出して説明する。

チェルノブイリ原発は当時のソ連の最新原発であり2年しか運転していない。また、スリーマイル島原発は、3カ月であるという。


■福島第一原発事故で政府が想定した最悪のシナリオ
4号機の使用済み燃料の格納してあるプール内で燃料が溶ける。これが、福島第一原発事故発生2週間後に政府が想定した最悪のシナリオである。

この事態になったときに、移転を希望する住民がいたらそれを認める範囲が、「半径250㎞」の外側まで発生する可能性があるとしている。

福島第一原発から250㎞とは横浜あたりになるのである。





そして、小出裕章氏が以前から4号機に対し、未だに危険があると指摘していることについて確認する。

「4号機のプールとは、今どういう状況なんですか?」という質問に対し、同氏は以下の様に回答している。


「使用済みの燃料プールというのは、放射能を閉じ込める最後の防壁である格納容器の更に外側にあるのですね。つまり放射能を閉じ込めるという防壁に関していえば何もないと言う場所に使用済み燃料プールがあるのです。そして、そのプールの中に4号機の場合には、原子炉の中に通常入っている燃料の2倍、あるいは3倍分くらいの使用済み燃料が溜まっているのです。」



つまり、防壁も何もない場所に、原子炉内の2倍~3倍の核燃料が格納されているこということである。


「そして、4号機と言うあの建物はですね、水素爆発でやはり吹き飛んでいるのですけれども、4号機の場合の水素爆発は非常に変わった形で起きていまして、1号機も3号機もオペレーションフロアと私たちが呼ぶ、最上階の部分で爆発が起きて、いわゆる体育館のようなドンガラの部分が吹き飛んでいるのですが、4号機だけはそうではないのです。そのドンガラの部分も吹き飛んでいるし、更に1階、更にその下のもう1階部分くらいのとこの建屋が爆発で吹き飛んでいるのです。実は、そこに使用済み燃料プールが埋め込まれている場所がすでに爆発で破壊されてしまっているわけで、いつ使用済み燃料プールが崩壊してしまうか分からないという、そういう状態が3月15日でしたでしょうか? 4号機の爆発以降ずっと続いているのです」


このように語っていく。質問者の
「え、今も続いているのですか?」
という問いに対し、同氏は「はい、続いているわけです」と答える。

「ただし、東京電力もことの重大性に気付いていまして、4号機の使用済み燃料プールをとにかく崩壊から守ろうとして、耐震補強工事というのをやったのです」

と東京電力の対応を紹介する。


「でも、あまりにも酷い作業環境で工事を行ってきているわけですし、それしかできないわけで、ゆっくり、ゆうくり工事をするなどと言うことが実際には出来ない現場なんですね。そこで東京電力は苦闘しながたやったとは言っているわけですけど、これからまだ余震もくるでしょうし、次に大きな余震がきたときに4号機の使用済み燃料プールが、本当に壊れないのだろうかというのが私は不安ですね」
と語った。

尚、この耐震工事に関しては2011年7月30日に完了しており、原子炉建屋2階にある燃料プールの底に1本で40トンの荷重に耐える鋼鉄製の棒を32本設置しコンクリートで固めたと発表されている。

【naka773】

○1月20日発売予定の新刊「原発ゼロ世界へ―ぜんぶなくす―」
image from Amazon




Radio News『たね蒔(ま)きジャーナル』
http://www.mbs1179.com/tane/
小出裕章 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0
みんなで決めよう「原発」国民投票
http://kokumintohyo.com/
文部科学省による東京都及び神奈川県の 航空機モニタリングの測定結果について
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/10/1910_100601.pdf

Amazon.co.jp : 小出裕章 に関連する商品



--------------------------------------------------------------------------------



a.. 放射能の不安か?千葉県が1920以降初の人口減少!ベイタウン、東葛地区の自治体も人口減少!(1月11日)
a.. 放射能汚染車に150時間乗車!このときの健康被害は?-日本保険物理学会が回答(1月10日)
a.. 2012年の「世界最悪企業」途中経過-東京電力が1位、サムソン5位!(1月10日)
a.. 2ちゃんねる「ニュース速報板」住民が「嫌儲板」に大量移住か?-スレッド勢い、投稿数が逆転!!(1月9日)
a.. 東京電力が政治家の業界貢献度を査定し「御用政治家ランキングTOP10」作成(1月9日)
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ