01 20

東電と保安院で食い違う説明 責任押し付け合い 非常用電源未接続問題

http://yokodo999.blog104.fc2.com/
ERSSの問題とマグナBSPの関わりを追及すべきだ
 福島第1原発の原子炉データを国の原子炉監視システム(ERSS)に送信する装置が、非常用電源に繋がっておらず、放置されていたことが判りました。余りの杜撰さに呆れ果ててしまいますが、重大な問題ですから、単なる怠慢として片付けることはできません。

 放置されていた原因について、東電と保安院の説明が食い違っている点も不可解です。「SankeiBiz」は、昨日付でこう報じています。(http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/120119/cpc1201192257006-n1.htm)

   東電と保安院で食い違う説明 責任押し付け合い 非常用電源未接続問題

 全国の原発の原子炉データを把握・監視するERSS。そのシステムをないがしろにする“失態”をめぐり、当事者の東京電力と経済産業省原子力安全・保安院が19日、それぞれ会見を開いた。両者の説明はまったくかみ合わず、責任のなすりつけ合いの様相を呈した。(原子力取材班)

 東電は、ERSSへのデータ送信装置と非常用電源とが未接続だったため、データが送れなかったことは認めた。そのうえで、会見した松本純一原子力・立地本部長代理は「いつまでに(接続)工事をしなければならないのか、国と約束ができていなかった。緊急性が高い工事という認識はなかった」と述べた。

 地震の4カ月前から未接続のまま放置していたことについては、「接続工事をすると通常時のデータ送信が止まるため、ERSSを所管する保安院と調整していた」と説明。「作業をどうするか未調整のまま3月11日を迎えた」とした。

 一方、19日午後に緊急会見を開いた保安院の説明は、東電の見解とはまったく違う内容だった。

 「保安院としては、接続できていないことは(震災後の昨年)8月か9月ごろまで知らなかった」。保安院の森山善範原子力災害対策監はそう説明した。事実とすると東電が説明した「保安院との調整」はなかったことになる。

 森山氏によると、平成22年11月に東電が非常用電源を接続しようとした際、保安院が監視システムの管理を委託した原子力安全基盤機構が立ち会った。原子力保安検査官もいたが、保安院本院への報告はなかったという。

 保安院会見に同席した同機構の担当者は「東電には接続しておくように指示した」と証言し、東電説明とニュアンスが異なる。

 接続できなかった原因についても、東電と保安院の言い分は食い違う。東電は「事前に(ケーブルの長さを)確認して用意したが、情報が違っており、長さが足りなかった」と説明。保安院は「東電が(非常用電源の)設置場所を間違えたため届かなかった」。

 工事実施の経緯についても、東電は「自主的な取り組み」を強調したが、保安院は「機構が全国の原発に指示したもの」という。

 安全に関する大問題にもかかわらず、大きく食い違いう言い分。どちらが事実なのか。東電は「事実として把握しているのは説明した通り」と主張、保安院の担当者は「東電はなぜそんな説明をするのか…」と話している。

 「ケーブルの長さが足りなかった」とか、「非常用電源の設置場所を間違えていた」とか説明していますが、信じられないような杜撰さです。東電も保安院も緩み切った組織ですから、いい加減さが高じて大事故に繋がったと説明されれば、国民はそれで納得してしまいます。

 しかし、ERSSが使用不能のまま放置されたことで、原子炉がどの段階で壊れたのか、判らなくなってしまいました。東電は公式見解として、事故原因は未曽有の大津波だとしていますが、原子力安全・保安院長は国会で、倒壊した受電鉄塔には津波が及ばなかったことを認めています。ERSSが稼働していれば、いずれが正しいのかはっきりしたはずです。

 また、ERSSの情報は、SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)にも活用されているので、住民の避難にも影響を及ぼした可能性があります。負の連鎖が起きていますが、謀略を仕掛ける側からすれば、真に好都合な展開でした。

 東電も保安院も嘘をついている可能性が高いのですが、両者の知らないところで何者かが工作したのかも知れません。今回の問題に限らず、福島原発事故には辻褄の合わないことが多過ぎるので、誰かが情報を歪めているとしか思えません。

 福島原発を始めとして、全国の原発にはセキュリテイー企業としてイスラエルのマグナBSPが入り込んでいますが、この企業についての情報が全く伝わってきません。これだけの事故が起きたのですから、マグナBSPは公の場で記者会見を開くべきでしょう。

 焦点のERSSは監視装置ですから、マグナBSPも関わっていると思われます。捜査当局は、このイスラエル企業を徹底的に調べるべきです。それとも、モサドのフロント企業なので手が出せないということなのでしょうか? 国民の代表である衆参の議員は、この点について政府に厳しく問いただすべきです。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ