02 01

4号機の建屋崩壊の可能性・・・余震M8クラス

4号機の建屋崩壊の可能性・・・余震M8クラス

2012年02月01日 |米国の科学誌に掲載されました!(夜のニュースでも流れましたが・・・)

東日本大震災の地震により、東北地方に沈み込んでいる太平洋プレート(岩板)の内部で力のかかり方
が変化したことを、海洋研究開発機構などのチームが観測で発見し31日、米科学誌に発表した。
東北沖の太平洋遠方で起きる地震は、震災前にはマグニチュードM7クラスと考えられていたが、
余震として起きる地震がM8クラスになる可能性も出てきたという。


遠方の地震が実際に起こる確率は不明だが、チームの尾鼻浩一郎主任研究員は「1933年の昭和三陸地震(M8.1)と似たタイプ。断言はできないが、発生しやすくなっているとも考えられる」としている。

この記事を読んだ時に背筋が凍る感じがした。
http://blog.goo.ne.jp/genshiryoku_2011/e/6d6bc73f9b52de904646de815b529a4c?fm=rss

東電は、ボロボロの4号機の原子炉建屋は耐震上問題無いとしているが・・・・・
その反面、燃料プールの下部フロアに建設時に使用する支保工を設置している。
本当に建屋が安全だとするならば、このような処置はしない。
論理的に計算上問題が無いとしていても、今回の外的要因をどの程度加味しているか・・・

その係数を変動させることで、いくらでも結果は変わってくる。
従って、本当の事は分かっていないのだ。


今回のM8クラスの余震が起きた時の、原発の震度にもよるが・・・
以前にも書きましたが、使用済み燃料プールに亀裂が入った場合には、黙って飛行機に乗れ!
だと思っています。(亀裂が生じて冷却水が抜けてしまった場合には特に・・・)

http://blog.goo.ne.jp/genshiryoku_2011/e/f81e31d7699f0f46c1cbf0ed236a1c49

もう手の打ちようが無いのです。
パスポートの準備等、最低限の準備が必要だと強く感じます。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ