02 02

たね蒔きジャーナル20120201

2/1(水)永岡です、毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。防衛省スキャンダル、近藤さんは選挙介入と言われました。

 そして、小出先生のお話、政府は再稼働の環境を整え、原発の寿命も書かれ(40年、延長で60年)として、法案に書き込まれた、これについて、「原子力を進めようとして来た人が反撃の地ならしをしている」のです。

 バックフィット制度、すでにある原発に最新の安全基準を求める、当たり前で、昔からやっていたのですが、指針類は時によりまずくなるものもあり、設計指針も改定され、改定されたものに基づいてやり直しはずっとやり、安全基準は必ず満たせた(例:耐震では、浜岡は地震を想定して1,2号機は補強できず廃炉にした)のです。目新しい制度ではないのです。安全性が高まる法案ではないのです。新しい知見を取り込めと言うポーズを取っているのです。

 リスナーより、「原発をもっとまじめに 議論しろ」と川柳があり、小出先生失笑されて、その通り、原発は絶対安全と国、電力会社が言い、事故を起こし、その現実を見て考え直さないといけないのに、寿命40年=40年間動かす+20年延長可、元に戻っている、原子力村の巻き返しはすごいのです。

 近藤さん、冷温停止状態と言う言葉と一緒に進み、病気の時に集中治療室に行くべきで、原発は全部集中治療室に行かないといけない、地震のたびに福島大丈夫かと思うことで、今の政府の方針では地震に大丈夫かと聞かれて、収束は世界から見たら物笑いであり、IAEAは原子力を進める総本山で、そこから見ても日本はおかしいと言っているのです。この後、地震がなくても不安であり、ましてや地震があるのに、原発の議論が止まっているのはおかしいと、近藤さん、小出先生言われました。余震は必ず起こる、福島は崩れており、余震でさらに壊れる危険性を小出先生指摘され、近藤さんはそれの対策が最初だと言われました。

 リスナーより、4号機のプール、小出先生要注意と言われて、これが倒壊or冷却水が失われたらどうなるかの質問があり、小出先生も恐れられて、壊れ方により、4号機に原子炉1基の3倍の燃料があり、格納容器の外にあり、防壁なしで、これまでより桁の多い(10倍以上)の放射能が出る恐れもあるのです。これ、緊急に対策しないといけないのですが、東電も知っており、耐震補強をしているものの、その現場は猛烈な被曝でまともな工事は出来ていない懸念があり、不安で、大きな地震が来てほしくないのです。

 今日は、再稼働と4号のプールのことをお知らせいたしました。


たね蒔きジャーナル、続いて、現代の奴隷、日本でもまだ人身売買が横行しており、被害者を支援(相談、救出)しているポラリスプロジェクトの代表の藤原志帆子さんのお話がありました。水野さん、今時あるかと思ったら、甘い考えであり、日本はこの人権感覚で国際社会から批判されているそうです。近藤さんは、人間を考える大きなテーマと言われました。

 藤原さん、怖い言葉であり、結構身近に増えているのです。売春、性風俗労働強要、その目当てに外国人を連れてくる、労働の支配もあり、人身取引の対称は1200万人も世界にいて、日本も国連で特に問題になっているのです。

 例は、群馬の温泉で、タイの女性に売春をさせたとスナック経営者らが逮捕され、タイの人のパスポートを取り上げて、外から民家に閉じ込めて(監禁)、脅していたのです。藤原さん、これはたまたま有名な温泉で、しかし温泉にはピンク街があり、多くは外国から来て、人身売買の人もいるのです。

 藤原さんは、救出なら警察、入国管理局に協力してもらい、コロムビア、地球の裏側から女性が日本に売られているのです。100件以上のケースに関わり、借金を理由に売春、最近では日本政府、2005年に見解を示したものの、加害者側もやり方を変えて、搾取がソフト化し、その中で監禁、パスポート取り上げは珍しいものなのです。

 水野さん、タイに行かれた時、帰りにバンコクから来た女性と一緒になり、日本でダンサーになると言い、本当に自分の意図の通りの仕事かと思ったものの、見ず知らずの人に大丈夫かと言えなかったのです。自分がどうなるか知らずに来る人がいるのです。ダンス、歌手、あるいは皿洗いと言われて、フィリピンの人、日本では給与が何倍もあると言って、人身売買の人が動き、夢と異なることをさせられるのです。

 日本では、外国人の門戸は開かれておらず、単純労働者は入れず、ブローカーを使い、偽装結婚、短期ビザなどで、ビザを供給する業者が日本にも、海外にもいるのです。台湾で女性をリクルートしているのです。

 近藤さん、人間の欲望に応える、日本の腐敗が進んでいると言われて、人間性をもう一度人間が考えないと未来、希望がないと言われました。

 日本の人も、出会い系サイトなどで思わぬところに発展する可能性があり、日本人の被害も多いのです。未成年の家出少女、20代の女性を意思を無視したところで働かされている、藤原さんが忘れられないのが、15,16歳の少女に、東京でたむろしているところから、奄美大島でバイトがあると言われて、売春宿に送り込まれたこともあり、被害者は経験値が少なく、ホステス、キャバクラと、お金が儲かる印象があり、それでど田舎に連れて行かれて、お金がない状況にさせられて、僻地に押し込まれ、親にばらすと言われて脅されて(虐待、DVで家に帰れず、繁華街の人の餌食になる)いるのです。警察の統計で年間5000件の性被害、ポルノの被害があり、5000件とは氷山の一角なのです。

 国連、アメリカからも批判されています。

 家が少女たちの居場所でないというのは重く、環境がないと思いがない、欲望+金で転落する、歯止めが利かないと言うことを言われました。

 出会い系サイトで知り合ったらお金を取られる、インターネットでのコミュニケーション、子供たちの信じたい気持ちの中に、顔の見えない相手に相談して、それが脅しの道具になる(携帯を通して)のです。

 家族、学校が気づかないところで被害に合うのです。

 今日は、日本の人身売買のことをお知らせいたしました。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ