02 07

福島第1原発:温度上昇の2号機にホウ酸水注入

福島第1原発:温度上昇の2号機にホウ酸水注入
 東京電力福島第1原発2号機で圧力容器底部の温度が急上昇した問題で、東京電力は7日未明、再臨界を防ぐためのホウ酸水を原子炉内に注入したと発表した。炉内への注水量も毎時10.5立方メートルから、同13.5立方メートルに増やした。同日午前5時現在の温度は72.2度と高止まりしている。

 ホウ酸水の注入は7日午前0時19分から同3時20分まで実施された。注入量は約1トンだった。ホウ酸水の注入は昨年11月に同原発2号機で、燃料の核分裂が連続する「再臨界」の可能性を示す放射性キセノンが検出された時以来になる。細野豪志原発事故担当相は7日、閣議後の記者会見で、「政府としても責任を持って対処していく」と述べた。

 2号機の圧力容器底部には三つの温度計が設置されている。このうち二つは同日午前5時現在、43度前後だが、残りの一つは5日夜に70度を超え、その後も70度前後を推移している。6日の検査では、キセノンなどの放射性物質は検出されなかったという。

 温度上昇の原因について、東電は、凍結防止用に冷却水用の配管を1月末に交換したことで炉内の水の流れが変わり、溶け落ちた燃料の一部に水が十分当たらなくなった可能性があるとしている。

 ホウ酸水の注入と注水量の増加は、6日に経済産業省原子力安全・保安院から求められていた。【神保圭作】

毎日新聞 2012年2月7日

----- Original Message -----

2号機とは何か?
(1)2011年11月2日に部分的に臨界(連続的核反応)に達し、あわててホウ酸を入れた炉である。
(2)2012年1月19日に工業用ファイバースコープでみたところ存在しているはずの水がなかった炉である → 燃料がメルトアウトしている。
(3)2012年2月4日に突然温度が上昇しだした炉である。
(4)2012年2月7日 温度が下がらないので、ホウ酸を緊急注入
以上から予想される結論
 → 落ちている燃料が部分的に集中して反応がおきつつある。しかし人間ができる手段は水を入れるくらい。
どこが「収束」「冷温停止」なのか? 一国の総理が嘘をついてよくはずかしくないものですな。

==============================

【1】
福島第一原発事故について考え続け、放射能防御プロジェクトを進めます。
キセノン検出は、二号機で核分裂反応継続、再臨界と考えるのが妥当。
2011-11-02 12:07:25 | 福島第一原発
 福島第1原発の2号機で、格納容器内で半減期が短いキセノン133、キセノン135が検出され、ホウ酸を入れる状態ということは、核分裂反応は続いていることがはっきりしたということです。この核分裂反応が、再臨界というレベルに至っていると考える方が妥当です。元々、わかっていましたが、つまり、何も終わっていない。突然、ひどくなったというよりも、おそらく危機的状況を今まで放置していた可能性が強いと思います。さらにひどくなったのかどうかはわかりません。

 僕は、新たな危機がおとずれたというよりも、従来から継続していた危険が、顕在化したのではと思います。この顕在化の理由は不明です。たまたま東京電力内部、実際の現場の自浄作用も考えられますし、もう「限界」という感覚かもしれません。数値が明確化しただけかもしれません。

 少し驚いているのは、メルトスルーした燃料ではなく、格納容器内に残存している核燃料から、核分裂反応→再臨界というプロセスがおこっているということです。メルトスルーしている制御の出来ないものではなく、格納容器内の方も、手がつかない状態であることが明確化されたということです。こういう状況がおきていることは、福島第一原発がいまだにどうにもならないレベルであることを、もう一度僕らに確認させてくれました。

  このあとの展開が制御できるのかどうかもわかりません。従来の状況の顕在化よりも、事態が悪化している可能性も、否定は仕切れないので、この後の報道内容、東電の会見などをチェックしながら、事態の推移を慎重にみてほしいと思います。楽観できる要素は一パーセントもありません。  そして、元々、敷地内で「地割れで水蒸気」と言う話を僕が書いたのは、現場からの情報のみならず、当時の政府最高首脳が「再爆発懸念」を口にし、「地面から水蒸気が出ている」という話をしたことから、ブログに書く判断をしたものです。政府最高首脳が「情報伝達への不信」を口にしていたこともあわせると、経済産業省、保安院、東京電力、原子力専門家たちは、きちんとした認識で、この事態にあたれていないことを再認識しましたし、今回の発表でその思いはさらに強まります。

 福島第一原発に近距離のエリアに住民を戻すことは、暴挙どころの話ではありません。「直ちに」住民を危険にさらす行為を、この国の政府も自治体も、率先しておこなっているということです。そして、福島第一原発に近いエリアへ行く事は、短期的には、極力避けたほうがよいと思います。何かがあったときに、だれも保障はしてくれません。

 もちろん、緊急事態が起きた場合、近接圏内のみならず、300キロから400キロのゾーンくらいまで多大な影響が出る可能性があります。そのときに、どのような被害となるのか、僕には見当もつきません。近距離でなくても、風向き、状況、装備品の確認は必須。雨は避ける。緊急の際の、頭のシュミレーションはしてください。南東北と関東全域では特に。

 はっきりいえることは、福島第一原発は地中のみならず、格納容器内でも危険は続いていると言うことです。その危機はさらに明確になったということです。

 これで、話は振り出しに戻りました。この七ヶ月の間に状況は、楽観視できる話はありませんでしたが、原子炉の格納容器内の状況を疑うことになると、もはやどうにもならないという思いが強まります。


 ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に避難すべきだと僕は考えます。優先順位は「避難する」ことです。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く避難することをすすめます。


 三月中旬以降、原発事故の放射性物質拡散に関連し、なんらかの健康影響や異変があると思われる方は、その事象をメールで伝えてください。妊娠、出産に関わらず、医療的な中身に関わる事、会社、組織、学校など集団的におきている事を教えてください。極力メールしてください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

==============================

福島第一原発2号機、臨界か…ホウ酸水注入

 東京電力は2日、福島第一原子力発電所2号機の格納容器内で核分裂した際に
生じるキセノンと見られる放射性物質を極微量検出したと発表した。

 キセノン133は半減期約5日、同135は半減期約9時間と非常に短いため、
原子炉内で一時的に小規模な臨界が起きた可能性もあるとしている。
東電の松本純一・原子力立地本部長代理は2日の記者会見で、
「原子炉の冷却は進んでおり、大きな影響はない」と述べた。東電と政府は、
原子炉を安定的に冷却する「冷温停止状態」の年内実現を目指しているが、
今後慎重な判断を迫られそうだ。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111102-OYT1T00173.htm?from=rss&ref=ymed



==============================

===========================================

【2】
2012年2月5日日曜日
2号機の核燃料は地下にめり込んでいる
http://phnetwork.blogspot.com/2012/02/blog-post.html

2号機格納容器内部の映像が公開された。汚染水が雨のように降りそそぎ、格納容器内にあるはずの水面が見えず、強い放射線の影響で画像が乱れている。







注)ロゴが入っている画像はトリミング、画質調整、などで加工してあります。
オリジナル画像はURLからご入手ください。






福島第1原発2号機格納容器 内部映像
出典 NHK
http://www.youtube.com/watch?v=c_1q3M2FWd8&feature=related




2号機格納容器内の映像
出典 東京電力
http://www.youtube.com/watch?v=qepHVAgNfSU&feature=player_embedded




水滴が雨のように降る

水滴は核燃料に直接触れた可能性が高い

出典 ANN
http://www.youtube.com/watch?v=bkDmb6JXJNk




格納容器内の温度は下部の方が高い

出典 東京電力
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_120121_02-j.pdf




格納容器内、水面見えず=2号機内視鏡調査・福島第1

東京電力福島第1原発事故で、東電は19日、同日午前に実施した2号機格納容器内の工業用内視鏡による撮影結果を公表した。
撮影できた範囲では格納容器内にたまった水面は-確認できなかった。 
出典 時事通信
http://www.youtube.com/watch?v=4jR5fPriNyQ&feature=related




2号機に水が無かった


出典 東京電力
http://www.youtube.com/watch?v=QPiIWAr48oA&feature=related
2号機 水はなかった いつものことですが






2号機の状況(推定)
東電の発表から判ること

東電発表資料に補足
原子炉、格納容器、コンクリートに穴が開いている




汚染水が海に漏れている

海上の空間線量
出典 東京電力
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_120116_03-j.pdf








コメント


上部から雨のように降り注ぐ水滴は結露ではなく、原子炉圧力容器から漏れる高濃度汚染水と思われる。原子炉圧力容器に注入している水が格納容器に漏れ出ている様子が伺える。


また、格納容器内の温度は下部の方が高いことから核燃料の一部が地下に落下したと推定される。


そして、格納容器内に水が無いということは、落下した核燃料が格納容器の底部を破り地下にめり込んでいることを示唆している。

建屋の底部から漏れる汚染水は海に流れているはずだ。海上の空間線量も高濃度の汚染水が建屋外に流出していることを裏付けている。



----- Original Message -----
【3】

Subject: 溶融燃料が再び核分裂連鎖反応を起こす「再臨界」防止のため、炉内ガスの分析も急ぐ方針  2号機温度急上昇・・・どこが 「収束」「冷温停止」 な ん だ ヨ !


【2号機温度急上昇・・・どこが 「収束」「冷温停止」 な ん だ ヨ !】
2号機原子炉、70度超に上昇=冷却水増加で対応-福島第1
 東京電力は5日、福島第1原発の2号機原子炉の圧力容器底部にある温度計のうち、状況判断の基準とする西側の1カ所の温度が同日午後4時に71.7度に上昇したと発表した。1日午後11時時点の52.0度から大幅に上昇しているが、同じ高さにある別の2カ所の温度計は45度程度で安定している。東電は基準温度計の不具合の可能性を検討する一方、冷却水の注入量を毎時1トン増の同9.6トンにして様子を見ている。
 事故後の状況を踏まえ、経済産業省原子力安全・保安院が認可した新たな保安規定では、基準温度計の温度が80度に達するか、冷却水量を1日1トン超増やす場合は「運転上の制限逸脱」となり、地元自治体に通報する。東電は100度以下の「冷温停止」維持のほか、溶融燃料が再び核分裂連鎖反応を起こす「再臨界」防止のため、炉内ガスの分析も急ぐ方針。(時事2012/02/05-20:16)

===========================================


福島第一2号機圧力容器、温度が上昇…原因不明
福島原発
 東京電力は5日、福島第一原子力発電所2号機の原子炉圧力容器底部の温度が2日ごろから再上昇し始めたと発表した。



 溶融燃料を冷やすための水の流れが変化したためと考えられるが、詳しい原因は不明。東電は3日から冷却水の量を段階的に増やしているが、効果は表れていない。

 2号機の圧力容器底部の温度は昨年9月に100度以下になり、1月27日には45度まで下がった。しかし、三つある温度計のうち、一つの値が2月に入ってから上昇、5日午後4時には71・7度を記録した。他の二つの温度計の値は45度前後のままだという。

 東電は今後も冷却水の量を増やし、温度上昇を防ぐ。温度が80度以上になった場合は、地元自治体などに連絡することになっている。

(2012年2月5日20時06分 読売新聞)
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ