03 09

たね蒔きジャーナル20120309

3/9(金)永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。近藤さん、今日の毎日新聞「しあわせのトンボ」で、福島に「1年」はあったのかと書いておられます。

http://mainichi.jp/select/opinion/kondo/

 原発のニュース、災害対策本部は議事録がなく、しかし出席者のメモから議事録を作り、1回目の会議は11日当時の夜に行われ、冷却は8時間バッテリーが持つが、それ以上かかるとメルトダウンになる、つまり政府はメルトダウンの危険性を当初から考えており、もっと広い範囲の避難と言う声もあったものの、それは採用されず、保安院の解析で、11日の5時には燃料が露出し、事態は会議より進行していたことが分かったのです。

 プレイバック川柳、今週近藤さんの選んだのは、「年金を未だにしゃぶる 旧社保庁 」でした。
 そして、今日の特集、宮城県南三陸で被災された須藤春香さんと電話をつなぎ、仮設住まいで作られた川柳の数々が紹介されました。須藤さん、宮城の沿岸部で家、仕事があり、水野さん去年6月に行かれて、須藤さんのお話を聞き、須藤さんお母様を亡くされ(病院が津波でやられた)、自宅、仕事場も津波で全てを無くされたのです。

 須藤さん、仮設に入られたのが登米(とめと)、雪かきもされています。仮設の寒さ、今のところは外に出ないと寒さは大丈夫です。避難所で地区の区長から進められて川柳を作られて、その川柳が本になりました。「大津波 みんな流して バカヤロウ」が最初の一句であり、4月に作られて、その他、「つみあがる タンス代わりの 段ボール」、物資をいただいて、片づけるのも段ボールの中に入れるしかなかったのです。流された方はみんなそうなのです。

 近藤さん、心に正直に読んでいると言われて、変なテクニックなし、体、心をストレートに出して、「ノーメーク テレビに出ても気づかれず」など、強さを感じると言うことです。 

 5月、「いつくるの もらったお椀 使える日」もあり、仮設が当たらず、使えなかったのです。「へこたれる なかなか家が 当たらない」、「前向きに行きたいけれど 前どっち」、「流されて いったいどこへ たどり着く」と切実です。今は、1年2年で出来るものではないと、帰れる日が来るまでこちらで頑張ろうと、仕事は南三陸(今のところから車で40分)にしたいのです。仕事も見つからず、定期的にハローワークに行き、アルバイトで通うのは大変なのです。より可能性のある方を向こうとしているのです。失業保険も本来は3月に切れて、何とか伸びるのです。「50過ぎ 履歴書書く日 来ようとは」、履歴書
は20代でしか書いていない、こういう実態です。前に勤めていた洋品店が仮店舗を出して、コンテナハウスを出し、手伝っているものの、お店が軌道に乗るか分からず、難しいのです。

 近藤さん、「頑張るの気持ち浮いたり 沈んだり」を選び、須藤さん、夏に心配と不安があり、仕事を探すのが不安で、帰れるか、ダメか、日々つらい模様です。川柳つくりは楽しく、支えられているのです。言葉一つで感じ方が変わり、うまく伝えられる言葉を探しているのです。

 須藤さんの本、売り物ではなく、東北大学の作品だそうで、しかし売る本になってほしいのです。リスナーより須藤さんの声を聴けて良かったとのメールもありました。

 最後に、近藤さんの、幸せの雑学、日本が経済成長を遂げる中、農業より工業を重んじ、短い時間で作ることがいいとなり、原発も推進されてきた。震災1年で、この1年は何か、時間で見ると、現在過去未来で捉えるか、今しかないのか、宗教でも捉え方が異なり、無常もある。時間を言い出すと心理的に、自分の中の時間もあり、人間の生命、生きているのを実感できるのが時間であり、これを置いて何の時間があるか。

この間の時間、被災地が過酷な状況にあり、人間はいつまで我慢したらいいかになり、時間の目途が付けば我慢できるが、それが予測できない、福島はそれであり、復興の槌音が響けば時間は刻まれるが、福島では除染が始まったら時間が始まるのか、中間貯蔵施設はどうか、原発に言うときりがなく、核のごみ処理は永遠であり、自然災害の広がり、人類の初めて体験する時間だと言われました。本当に被災地に、生き生きと流れた1年はあったのかと言われました。水野さん、週末福島に行かれます。

 毎日放送ラジオで、11日の夜8時から特番を放送し、千葉さん、ネットワーク1・17の魚住さんが出られます。これをお伝えいたしました。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ