03 27

元菅首相の政策秘書、松田光世さんの告発(2012.3.25) 

元菅首相の政策秘書、松田光世さんの告発(2012.3.25) 
◇ 動画と一部書き起こし
/ 3号機「広島、長崎に続いて、3つ目の核爆発を福島で起こしてしまったことを真面目に向き合わないと」
/その議員は娘に「西に逃げろ」と言ったら「『お父さんがいるんだから逃げない』と言われてどうしようか」と言っていた/事実を初めて知った菅さんは激怒。「何で正確な情報をあげないんだ! そんなんじゃ20キロ退避じゃダメじゃないか! 40キロかもっとじゃなきゃダメだ」と言ったが、保安院は「それは無理」

 バンビの独り言 → http://blog.goo.ne.jp/banbiblog/e/821eb5d213fd9e560838235e20474dee

 ◎ 証言の書き起こしの一部を紹介

 * 保安院幹部が(向こうから喋りだして)「4号炉は北側よりも南側の方が80cm沈んでます」と。
   「不等沈下だね?」と聴くと、「はい、そうです」と。

   同じ建物で80cm沈下が違うと、当然傾くわけです。
   しかし、最初は認めていたのに、国会でそれを質問するとなったら「いや、傾いてません」と言い出した。
   (実際、国会で答弁があったが、それを認めなかった。議事録にも残ってる)

   4号炉が傾いてるのも認めないし、「3号炉、どう見ても核爆発ですよね」と言っても認めない。

   動画(http://www.youtube.com/watch?v=GgfIvMZNUWo)

   建物だけじゃなくて、建物が乗ってる地盤が傾いてるから「建物『は』傾いてない。地盤に対してはまっすぐ建ってる」と。

 * 「3号炉の爆発」については一つしか映してない。
   日テレが撮って「3/14の昼のニュース」で流して、以後、封印された。

   この事故が起きた時、日テレの社会部の総合デスクに「原子力を分かってる人」がいて爆発する可能性があるから   と、40キロ地点に定点カメラを設置した。
   結果、14日の11時に3号炉の爆発を撮ることができた。

   それは明かに3/12に起きた1号炉の水素爆発とは違う「真っ黒な煙」(縦方向にドーンと)だった。

 * 3号炉はどう見ても核爆発です。
   広島、長崎に続いて、3つ目の核爆発を福島で起こしてしまったことを真面目に向き合わないと。
   今東京で起きてるホットスポットの問題は、3号炉の爆発の影響がかなり大きい。
   3月14日、18時14分(くらい)に事務所に入って来た情報では「白煙」と書いてあって、今でもずっと「白   煙」と言われている。
   あの(黒煙の)映像はなかったことになってる。

   日テレ内部の情報によると、あの映像を撮影した人は(正力松太郎が作った日テレですから)「あの映像はもう映すな」と言われ、担当者は左遷された。

 * 我々は昼のニュースの映像で見てたから「これはマズイ」ということで14日の午後4時から民主党の対策本部が   (初めて)開かれた。
   その時に、某議員が私を呼んで「ちょっとヤバい。こんな情報(佐賀大学の上原さんの情報)が来てるけどどうするか?」と相談された。

   「第一原発と第二原発も同じような状況になってますから、燃料棒を全部足すと半径300キロは危険」という話が飛び出した。
   300キロだと東京も入る。
   その議員は娘に「西に逃げろ」と言ったら「『お父さんがいるんだから逃げない』と言われてどうしようか」と言っていた。

   「その情報を総理と共有しよう」と話した。
   菅さんに話すと「そんな話は聴いてない」と。
   専門家が正確な情報を知らせた。
   「1~3号炉の炉の中に入ってる燃料棒の数(プールに入ってるものや、4~6号炉の数は入ってない)」の事実を初めて知った菅さんは激怒。
   「何で正確な情報をあげないんだ! そんなんじゃ20キロ退避じゃダメじゃないか! 40キロか、もっとじゃなきゃダメだ」
   と言ったが、保安院は「それは無理です」と。

   30キロを避難区域にすると面積が8倍になるから、避難に時間がかかるのと、東北自動車道が待避区域にかかってしまう。
   東北まで物資を運ばないと凍えてみんな死にそうな状況だったから、物資の輸送ができなくなる。
   やむをえず30キロの自宅待避になった。
   …………

Posted by 大沼安史 at 10:11 午前 | Permalin
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ