03 27

首相、原発の「武装治安要員」配備表明

首相、原発の「武装治安要員」配備表明/◎ 「武装治安要員」を置く! まさか「原発に交番」? 自衛隊、あるいは警官隊を展開し、原発を防護させるなら、隊員たちの被曝防護が先決だ! 

 産経新聞 → http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120327/plc12032708420015-n1.htm

 【ソウル=半沢尚久】野田佳彦首相は27日、ソウルでの核安全保障サミット全体会合で演説し、東京電力福島第1原発事故を踏まえ「事故で露呈された原子力施設の脆弱(ぜいじゃく)性を克服する」と述べ、テロ防止に向け原発施設への武装治安要員の配備などを表明する。サイバー攻撃に備えて原子力施設のコンピューターシステムを外部ネットワークから遮断したことも説明する。

 演説では「原発事故で得られた知見や教訓をテロリストによる原子力施設への攻撃などの人為的な危害に生かさねばならない」と述べ、原子力規制庁新設などの取り組みを紹介。原発警備強化に加え(1)電源装置の増強(2)警察と陸上自衛隊などによる共同訓練実施(3)防護本部二重化による施設防護(4)放射線防護車などの装備充実-などを打ち出す。

 北朝鮮に関しても「北朝鮮の核開発は憂慮せざるを得ない。人工衛星と称するミサイル発射は国連安保理決議違反であり、発射を自制することが国際社会の強い要請だ」と訴える。

 午後の会合でも、原発事故の教訓として「絶対的な安全などあり得ない。想定外を想定することが重要だ。安全確保の取り組みに終わりはない」と呼び掛ける。

Posted by 大沼安史 at 05:15 午後
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ