放射性物質含む冷却水漏れ 仏原発事故、レベル1に

Category : ニュース
放射性物質含む冷却水漏れ 仏原発事故、レベル1に
産経2012.4.6 11:13
 フランス北部パンリー原発で5日、火災が発生し原子炉が自動停止した。火は間もなく消し止められたが、フランス公共ラジオによると、放射性物質を含んだ原子炉の冷却水が一部漏れ出していたことが判明。同国の原子力安全局(ASN)は、事故が国際的な基準で下から2番目のレベル1に当たるとの声明を発表した。

 フランス電力(EDF)は冷却水漏れについて「(原子炉付属の)水槽に集められており、環境への影響はない」と発表した。

 ASNによると、火災を鎮圧する過程で作業員1人が軽いやけどを負った。消火には消防士ら計29人が当たったが、EDFによると被ばくした者はいないという。(共同)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR