-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04 13

炉心溶融事故から40年:スイス・リュサンス原発で続く放射能汚染

2012年4月12日 (木)
炉心溶融事故から40年:スイス・リュサンス原発で続く放射能汚染/スイス・ニュース(4月7日)
http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/4047-5950.html
1969年に炉心の完全溶融を起こし廃炉となったスイスのリュサンス原発(注1・2)で、事故から40年が経った現在、環境への悪影響が出始めている。

リュサンス原発では、連邦政府・公衆衛生局が毎月、排水経路における放射能検査を実施している。ところが2011年末、同原発からの排水に含まれるトリチウム(放射性同位体の一種。注3)の含有量に急激な増加が観測された。1リットル当たり15ベクレルだったトリチウムが230ベクレルに増加したのである。政府が定める上限1万2千ベクレルには達していないものの、関係者は事態を緊張感を持って見守っている。

連邦政府環境放射線科のシビール・エスティエール課長は、

「(リュサンス原発が位置する)ボー州(の下水設備)では(原発の排水から)検出されている放射性物質を薄めるのに十分な流水量を確保しており、地下水が汚染される心配はありません。」

と発表し、当面国民の不安を沈静化しようとしている。しかしトリチウムの急増は昨年の10月、12月に続き今年の1月になっても観測されている。旱魃によりこれまでトリチウムを薄めていた水の量が減り、濃縮が起きたとの見方もあるが、連邦政府・公衆衛生局は監視の強化を決定、今後1ヶ月間の間は毎日、水、植物、魚類における放射能汚染の観測を実施することを決めた。

2011年11月、連邦政府は今後の同原発における廃炉処理について、現在は連邦政府・公衆衛生アドバイザーをつとめるアレン・ベルセからの質問に答え、次のように回答した。

「(今後)追加の予算が必要になるようなことはありません。」

しかし、排水中のトリチウム濃度が上がり続ければ、汚染水を取り除くために容器に入れて保存する必要が出てくる。

「この原発は40年前に廃炉になったが、今になって(汚染の)問題が表面化している。リュサンス原発は、ミュールベルク原発を廃炉にした後に私たちが子どもたちにどんな遺物を残すことになるか、の実例だ。」

当時、ボー州で緑の党の党員をつとめていたロマン・アプカは、連邦政府の回答に驚きを隠せない。

「一国における原子力の安全がこれほどまでに軽く扱われるなんて、到底信じられません。」

(注1)リュサンス原発が位置するリュサンス村(仏語ですが、写真をご覧ください)。10世紀の書物に引用された歴史ある村で、かつて司教が住んだ古い城で知られる。http://fr.wikipedia.org/wiki/Lucens

(注2)廃炉時のリュサンス原発内部。
http://blogs.rts.ch/passe-present/le-mauvais-depart-du-nucleaire-en-suisse/

(注3)トリチウム(原子力情報資料室)
http://cnic.jp/modules/radioactivity/index.php?cat_id=1 

(≪ La centrale nucleaire de Lucens commence a montrer des signes
inquietant ≫, Suisse News, 2012.04.07)
http://www.suissenews.net/index.php/95-07042012-la-centrale-nucleaire-de-lucens-commence-a-montrer-des-signes-inquietant
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。