04 13

4号機燃料プール、冷却停止=配管で水漏れ20リットル-東電

Thu.2012.04.12 http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1206.html
原発・放射能
福島第一原発4号機プールの冷却システムが停止中
福島第一原発4号機の使用済み燃料プールの冷却装置が停止中です。

第一報は、午後5時頃だったようです。
--------------------------------------------------------------------------------
中日新聞 2012年4月12日 17時15分
福島原発4号機のプール冷却が停止 
--------------------------------------------------------------------------------
最新は、午後9時23分  時事通信です。

4号機燃料プール、冷却停止=配管で水漏れ20リットル-東電
東京電力は12日、福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの冷却システムが自動停止したと発表した。
停止前の同日午前11時の水温は28度で、東電は1時間に0.5度ずつ上昇するとみているが、当面は問題はないという。

東電や経済産業省原子力安全・保安院によると、12日午後2時45分ごろ、4号機燃料プールの冷却システムでポンプが自動停止した。調査したところ、廃棄 物処理建屋1階で、燃料プールとつながっている配管接合部から放射性物質を含む水が約20リットル漏れているのを発見。建屋外への流出はないという。配管には燃料プールの冷却水が流れており、東電は「放射性物質濃度は1ミリリットル当たり数10ベクレル」と説明している。
(2012/04/12-21:23)--------------------------------------------------------------------------------東電の発表が事実なら…という前提ですが現在、4号機の使用済み燃料プールの冷却システムのどこかに水漏れがあることを自動検知して、水を送るポンプが停止した状態にあるようです。使用済み燃料プール自体には問題がないので、プールの水は一定に保たれている模様。しかし、冷却した水が循環していないのですから、使用済み燃料プールに冷却した水を送り込むポンプが作動しないと、プールの水温は、プールの中に格納されている使用済み燃料が出す崩壊熱によって、時間の経過とともに上昇する一福
・箸覆蝓".・碓0.ぢ℃付近に近づくと、蒸発が始まります。その場合、外からプールに水を注入できないと、最終的には空炊き状態になって、プールで放射能火災が発生します。そうなれば、誰も近づくことはできなくなります。ジ・エンドです。それを東電は「1時間に0.5度ずつ上昇するが、当面は問題はない」と言っています。「当面は」です。東電の発表によると、プールの水温は、午前11時の時点で28℃ということですから、それから12時間経過した現在(午後11時)の温度は、28+0.5×12=34℃ということになります。このまま一晩寝て、明日の朝起きたとき、冷却システムのポンプ停止以外に何もトラブルが発生していなければ、プールの水温は、34+0.5×8=38℃となります。これが明日の朝の午前7時の温度ということになります。この温度では、まだ蒸発は始まりませんが、明日中に冷却システムのトラブルが改修され、再び、使用済み燃料プールに冷却水が送られない状態が続くと、やや深刻な事態になるかもしれません。冷却システムのトラブルが複雑で、短時日のうちに補修ができぁ
覆ぞ豺腓蓮⊇ね・鬚い辰燭鹹瓩董∈鯒・N.・3.ぢ月18日の深夜に行ったように、外からの放水などによって、プールに水を満たすことができるかもしれません。今のところ、今まで心配されているような事態には至らないようにみえます。この冷却システムの水漏れは、やはり地震によるものであると思われます。度重なる地震がもっとも警戒されることには変わりがありません。常に、最悪の場合を考えて準備しておくことが必要です。やはり思ったとおり、日本のテレビは、このことを報道していません。----- Original Message -----Sent: Thursday, April 12, 2012 12:41 PMSubject: こんど東日本に大地震がきたら、地震だけでなく、東日本全部がおわりになる理由。核燃料棒が約1500本(以下では1300)あるため、倒壊時に菅総理が首都圏2500万人を避難させる決断をせまられていた有名な4号機は全然問題が解決しておらず、東電の収束計画でも真っ先に最も危険のある4号機の核燃料棒の取り出しを優先していますが、実現にはほど遠い状態です。4号機建屋はぼろぼろで今度東日本での大地震、津波に対応できない状況です。専門家はこの一番の問題ぁ
鬚茲・里辰討い泙垢・・従譽好織奪佞任眷Ъ韻呂靴討い襪茲Δ任△襦・海鵑錨貽椶紡臙録未・④燭蕁・録未世韻任覆・・貽楞澗里・・錣蠅砲覆詬・魁・瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠瓠a.・蔗・痕・閭蛛跪纓鶤鱇謨・隨竢・隴跚鉉・迭ジ哀乎ヅ謄唾ス乾典ジ謄揃ヅ競噌ス謄迭ジ吋粗ヅ灰鍵ジ吋典チ乾膳ヅ汽甲ヂ哀店ス奪厳ヅ灰険チ轡典ジ哀慌ヅ汽然ジ船迭ジ吋更ヅ灰顕ジ促迭ジ哀個磔ヅ轡呼ヂ泥典チ哀卒ヅ灰顕ヂ好迭ジ殴惰ヅ灰験ジ灰迭ジ灰控「4号機は、大地震で倒壊する」by現場スタッフ「4号機は、大地震で倒壊する」福島第一原発の現場スタッフ自身がこんな発言をしていると、注目を集めています。発言は、ドイツの番組の中でなされています。 その動画とは、ドイツZDF「フクシマの嘘(うそ)」。動画の中で、現場スタッフとされる「ナカ氏」は、次のように述べています。「もう一度大地震が来れば、建物は崩壊してしまうはずです。そういうことになれば、また新たな臨界が起こるでしょう。」========================================2012年.(!

卒月12日「4号機は、大地震で倒壊する」【フクシマの嘘(うそ) ドイツZDF】「4号機は、大地震で倒壊する」 福島第一原発の現場スタッフ自身が、こんな発言をしていると、注目を集めています。発言は、ドイツの番組の中でなされています。 その動画とは、ドイツZDF「フクシマの嘘(うそ)」です。問題の発言は、2012年3月にアップされた30分ほどのyoutube動画の「22分50秒」くらいから始まります。現場スタッフとされる「ナカ氏」がコメントしています。以下、文字起こしです。ZDF記者:今原発は安全なのですか?ナカ氏:そう東電と政府は言っていますが、働いている職員はそんなことは思っていません。とても危険な状態です。私が一番心配しているのは4号機です。この建物は地震でかなり損傷しているだけでなくこの4階にある使用済み燃料プールには、約1300の使用済み燃料が冷却されています。その上の階には新しい燃料棒が保管されていて非常に重い機械類が置いてあります。なにもかもとても重いのです。もう一度大地震が来れば建物は崩壊してしまうはずです。そういうことになれ!

ば、また新たな臨界が起こるでしょう。ナレーター:このような臨界が青空の下で起これば日本にとって致命的なものとなるだろう。放射能はすぐに致死量に達し、原発サイトで働くことは不可能となる。そうすれば高い確率で第1、2、3、5、6号機もすべてが抑制できなくなり、まさにこの世の終わりとなってしまうだろう。【関連記事】・「福島第一原発の影響で100万人がガンに」(ガンダーセン博士)・【これが真実】福島第一原発事故後、心不全が急増していた。・広瀬隆:「4号機は、傾き、倒壊しなくても終了です」(福島第一原発)・【ドイツZDF】福島第一原発4号機 燃料プール 崩壊なら、日本は終わり。========================================2012年4月5日広瀬隆:「4号機は、傾き、倒壊しなくても終了です」(福島第一原発)「4号機は、傾き、倒壊しなくても終了です」広瀬隆氏は、福島第一原発について、講演や雑誌の取材などでこう述べています。いったいどういうことなのでしょうか?4号機の燃料プールには、膨大な量の燃料棒が保管されています。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Thu.2012.04.12http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1206.html原発・放射能福島第一原発4号機の使用済み燃料プールの冷却装置が停止中です。第一報は、午後5時頃だったようです。------------------------------------------------------------------------最新?...
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ