04 18

東日本2500万人移住、3.11とは桁違い日本崩壊する4号機の危険性を世界中が心配している。

【上院議員から日本国大使への正式の書簡!】 東日本2500万人移住、3.11とは桁違い日本崩壊する4号機の危険性を世界中が心配している。肝心の日本政府が無視とは・・・中央機能してますか?
2012-04-18 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2012/04/post-e4b9.html
〔フクイチ・核燃料プール・資料〕 ロン・ワイデン米上院議員 藤崎駐米大使あて書簡/◎ プラス 大沼のコメント
 → http://wyden.senate.gov/library

◇ 関連ブログ記事 → http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2012/04/reuters-alert-f.html

 ◎ 上記リンクの 04/16/12 に、16日付けのPDFファイルの書簡が収録されている。

 ワンデン議員はまた同日付けで、クリントン国務長官、チュー・エネルギー長官、ヤツコNRC委員長にもフクイチSFP問題の解決に動くよう求める書簡を送っている(いずれもPDFファイルで収録)

    #

 日本政府は、ワイデン議員が求めている「4号機などフクイチ使用済みプール」の是正・解決問題を、軽く考えてはいけない。

 ワイデン議員は米西海岸オレゴン州の選出。
 フクイチ発の放射性降下物は、米国内ではオレゴンに最も降り注いだ。

 こんご、とくに4号機のプールが地震などで倒壊するようなことがあれば、フクイチ発の、3.11など比べ物にならない桁違いの放射能が襲いかかってくる……

 ワイデン議員は、それを知っている。

 日本政府が、絵に描いた「工程表」にこだわり、グズグズしようものなら、フクイチ死の灰オレゴン汚染の賠償要求などにも動きかねないし、動ける立場にある。ワイデン議員は米上院エネルギー委員会の古参メンバーである。

 日本政府は隠しだてせず、フクイチの真実の姿を国際社会に明らかにし(各国政府はもちろん、フクイチの実態をつかんでいる)、世界に救援・支援を求めながら、早急に「フクイチSFP対策」に乗り出すべきだ。

 繰り返すが、再稼働よりも、フクイチだ!

 フクイチはいまや、世界破局の引き金を引く、いまそこにある究極の脅威と化している。4SFPはすでに各国の存在すら脅かす国家安全保障上の問題と認識されている。

 4SFP(および4号機)の実態を日本国民には隠すことができても、諜報機関を持った各国政府を騙すことはできない。

 東電は(おそらくは日本政府の指示で)、まるでワイデン議員の書簡送付に合わせるように、「4号機プール・カバー」の青写真を発表したが、同議員が求めているのは、地震による崩壊防止対策の具体化(完璧化)と早急な核燃の撤去である

Posted by 大沼安史 at 08:53 午前 | Permalink



スポンサーサイト
Comment
19
更にホワイトハウスからも
ホワイトハウスのHPにも福島原発事故の終結のための(4号機の放出を止め事故を終結させるための)署名なるものが出ている、というページを見つけました。
拡散したくコメントさせていただきました。署名が集まればこの書簡のような内容が米政府からも回答されるという内容です。概要と方法は紹介しているHP(http://sekaitabi.com/spentfuel.html)に記されていますので、よろしくお願いします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ