-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04 24

2号機核燃料は地下800メートルまで沈降している?!

(友人のメールから)
ブログ→http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-date-201204-6.html

【2号機核燃料は地下800メートルまで沈降しているというブログの発言がでてきています】

福島原発2号機は何もしていない。(作業員の証言)

http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/d684f5f5c41e831893b7f8a0b080ad4a
「2号機内部の様子はほとんどわかっていない」というのが、一般報道やネット情報の世界での定説ですが、東電、政府研究機関は核燃料が既に地下800メートル付近まで沈降していることを確認しています。
この沈み込んだ核燃料をどのように処理するかという難題について、東京大学内の対策チームが音頭をとって、全国に分散する複数の国公立系の研究機関に研究依頼を行ったのが、この情報の出所です。
2月に2号機の温度上昇のニュースがあったが・・・
作業員
2号機は何もさわっていない。
見た目がね。
これだけ騒いでいるのに何もしない。
温度上がっているでしょ。
その前から何もしない。
作業員は厳しい情報統制化にあり、作業員同士の情報交換はできない。
作業の苦労を分かち合うこともできない。
「20km圏内は安全だから、早く帰ってきて下さい。」と外部には伝えているが、現実は違う。
(厳しい情報統制化にある。)
1号機、2号機、3号機、4号機全て、蒸気出っぱなし。
瓦礫だらけ、グチャグチャ。
10cm以上ある鉄板の扉が曲がっている。
30分で1年分の放射能を浴びる。
でも痛くもかゆくもない。
管理が甘く、何が危ないかわからない。
労働条件は震災直後より、悪くなっている。
東電のお金がなくなってきた。
安全にコストをかけなくなってきた。
下請けは8次請け9次請けまであり、末端ほど放射能を浴びる。
労働環境、賃金は、何次請けかによって違う。
東電は元請から下のことはわからない。
間でお金が抜かれていく。
働かずにお金を抜いている人間が許せない。
作業員は騙されて連れて来られる場合が多い。
到着するまで原発の仕事だと知らなかった。
夏場に、休憩所のクーラーを節電で止められたが
東電社員の休憩所はクーラーが止められなかった。
作業員の鬱憤がたまっている。
東電政府は、福島をよくしよう、元に戻そうというという気持ちは全くない。
吉田所長は現実を全部伝えようとしたが、東電はさせなかった。
吉田所長の周辺には取り巻きがいて、吉田所長の言動が常にチェックされていた。
2012年3月5日 TVでは報道しない原発事故末端作業員の驚きの証言



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-date-201203-1.html

2号機の核燃料は深さ60cmの中にあるという嘘

東電は、圧力容器から格納容器底部に溶け落ちた燃料の破片や塊の高さは、最高で40センチと推定。
内視鏡による調査で格納容器の水位は60センチと判明しており、東電は燃料は冷却されているとみている。
「溶け落ちた燃料の破片や塊の高さは、最高で40センチ」が真実なら。
2号機には燃料棒が初めから、少ししか入っていなかったことになるのでは?
(新) 日本の黒い霧より
東電、政府研究機関は核燃料が既に地下800メートル付近まで沈降していることを確認しています。
この沈み込んだ核燃料をどのように処理するかという難題について、東京大学内の対策チームが音頭をとって、全国に分散する複数の国公立系の研究機関に研究依頼を行ったのが、この情報の出所です。
Q 地下800メートルなら地下水脈に突き当たり爆発が起こるはず?
A 既に地下水脈と接触している?
 実際には、その爆発力が地下水脈を押し出す大圧力となり、地下水脈を逆流させているようなのです。
そういえば、ライブカメラにおいても、福島第一原発の敷地から水蒸気が舞い上がるシーンが昨年何度も見られました。
もしかしたら、地表に近い地下水脈にはその時点で接触し、高圧力の水蒸気が地表にまで昇ってきたのかもしれません。
地下水脈の広域汚染の可能性を考えたとき、その可能性もあり得ると見なければなりません。厳密な議論には関東・東北圏の詳細な地下水脈系図が必要。
仮に東京にまで福島の汚染地下水が遡上しているならば、関東全圏はもちろん、比較的汚染が少なかったと言われる福島の山向こう、山形、新潟にも地下水汚染が広がっていると考えなければなりません。
○70シーベルトか。低すぎだろ。
使用後の燃料は1000シーベルト越えるらしいんで、1年前まで燃えていた燃料としては低すぎる。
こんなに低いって事は燃料がかなり下のほうに逝ってるって証拠じゃないのか?
毎時間8.8トン=一秒に2.5リッター
の水が、毎時73シーベルトの室内を通って外部に
絶賛漏洩中 って事には変わりない。
巨大な炉心が60センチの水深で全水没するというのは無理がある
全燃料が炉内にあるとすれば、崩壊熱の計算が合わない
一年以上毎日何トン注水してるんだって?なんで大きい損傷がなくて60cmしか溜まらないんだ?
ビルで言ったら16階くらい。近所に16階の建物ある?そんくらい。
こんな巨大な穴ボコにひざ丈くらいにしか水がない。
これをカラッポといわずして、なんと言おう。
こんがらがってきたので分かる方教えて下さい
60cmしかない50度前後の水の中に90トンの燃料があるはずはないって見解でOK?
風呂を沸かしていますが6mmしか貯まっていないけど、気にしないで下さい。
空焚きではないですよ。水を全開で入れてますから。
本当にヤバイニュースほど、何事もなかったかのように、さりげなく報道されてる!
風呂を沸かしていますが6mmしか貯まっていないけど、気にしないで下さい。
空焚きではないですよ。水を全開で入れてますから。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120326-00000099-mai-soci.view-000
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/d684f5f5c41e831893b7f8a0b080ad4a

◎地下800メートルまで沈み込んだ2号機の核燃料

メルトスルーのプロセスを物理化学的に予測できる知識をお持ちの方ならば、2号機の核燃料が、すでに地下800メートルに達していると聞いても別段驚くことはないでしょう。「2号機内部の様子はほとんどわかっていない」というのが、一般報道やネット情報の世界での定説ですが、東電、政府研究機関は核燃料が既に地下800メートル付近まで沈降していることを確認しています。
この沈み込んだ核燃料をどのように処理するかという難題について、東京大学内の対策チームが音頭をとって、全国に分散する複数の国公立系の研究機関に研究依頼を行ったのが、この情報の出所です。もっとも、大深度地下に潜り込んだ核燃料を処置することなど、人類未踏の領域であり、今のところ、これといった具体策は提示されていないと聞いています。というより、この状況はもやは人知の及ぶ範囲を超えたと言ってよく、簡単に言えば、もう手がつけられない状況と認めなければなりません。

◎地下水脈との接触はどうなったか
事故当初は、「メルトスルーした燃料が地下水脈と接触すれば大水蒸気爆発がおきる」と喧伝されましたが、実際はどうだったのでしょうか?地圧の高い大深度地下内で起こることですから、地上での爆発イメージはあまり役にたちません。実際には、その爆発力が地下水脈を押し出す大圧力となり、地下水脈を逆流させているようなのです。そういえば、ライブカメラにおいても、福島第一原発の敷地から水蒸気が舞い上がるシーンが昨年何度も見られました。もしかしたら、地表に近い地下水脈にはその時点で接触し、高圧力の水蒸気が地表にまで昇ってきたのかもしれません。
核燃料によって汚染された地下水が海洋に注ぎ込み続けているのは由々しき問題なのですが、さらに問題を深刻化させているのが、逆流した汚染地下水が水源地点を通過して、他の地下水脈に流れ込んでいることです。現在、政府の対策チームは地下に潜り込んだ燃料をどうするかよりも、汚染地下水の逆流をどうやって食い止めるか、その対策に精一杯だと言います。
私の別の情報では、昨年の夏頃の段階で東京都内地下水が汚染されているというものがありましたが、地下水脈系の違いもあり、福島で起きている状況が直接地下水を汚染したとは考えていませんでした。しかし、水蒸気圧力による地下水脈の広域汚染の可能性を考えたとき、その可能性もあり得ると見なければなりません。厳密な議論には関東・東北圏の詳細な地下水脈系図が必要ですが、仮に東京にまで福島の汚染地下水が遡上しているならば、関東全圏はもちろん、比較的汚染が少なかったと言われる福島の山向こう、山形、新潟にも地下水汚染が広がっていると考えなければなりません。
研究者はこう言います、「関東の方は、ためしに水道水を調べてみてください。興味深い事実がわかるでしょう」と。
◎4号機の燃料は地下500メートルまで沈降
一昨日の3月18日、NHKの衛星放送を見ていたら、「濁った水に満たされた4号機炉内の映像」が映し出され、同時に、「4号機内の冷却プールに残された1545本の使用済み燃料の取り出し作業も、近いうちに開始されるだろう」と放送されていました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120327-00000207-jij-soci
◎格納容器で73シーベルト=2号機燃料「高さ40センチ」―東電
時事通信 3月27日(火)21時45分配信
 東京電力は27日、福島第1原発で事故後初めて、2号機原子炉格納容器内の放射線量を測定し、最大で毎時72.9シーベルトの非常に高い値が計測されたと発表した。圧力容器から格納容器底部に溶け落ちた燃料の破片や塊の高さは、最高で40センチと推定。内視鏡による調査で格納容器の水位は60センチと判明しており、東電は燃料は冷却されているとみている。
 燃料の位置は依然不明で、東電の松本純一原子力・立地本部長代理は、取り出しへの影響について「評価できていない。よく調べる必要がある」と述べるにとどまった。 
http://db2ch.jpn.ph/read.php/uni.2ch.net/lifeline/1332773336



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○383 :地震雷火事名無し(茸【緊急地震:岩手県沖M6.1最大震度5弱】)[sage]:2012/03/27(火)
20:03:52.41 ID:xMtpA2XV0
本当にヤバイニュースほど報道されないな!

○403 :地震雷火事名無し(関東・甲信越)[]:2012/03/27(火) 21:09:03.19
ID:h2oyPv9rO
毎日9トン近く注水してるが、ほぼ全量漏れている

392 :地震雷火事名無し(茨城県)[sage]:2012/03/27(火) 20:54:50.70
ID:QUphubps0
格納容器に溜まった深さ60センチの水で45度に冷やしているので冷温停止ですw
なんか国際的に怒られるんじゃねえの、これ?

○379 :地震雷火事名無し(家)[sage]:2012/03/27(火) 19:59:00.65 ID:w0l15OCU0
70シーベルトか。低すぎだろ。
使用後の燃料は1000シーベルト越えるらしいんで、1年前まで燃えていた燃料としては低すぎる。
こんなに低いって事は燃料がかなり下のほうに逝ってるって証拠じゃないのか?
毎時間8.8トン=一秒に2.5リッター
の水が、毎時73シーベルトの室内を通って外部に
絶賛漏洩中
って事には変わりない。
一年以上毎日何トン注水してるんだって?なんで大きい損傷がなくて60cmしか溜まらないんだ?
水で遮蔽されてて(by御用)も72.9Sv/hなんだ、シーベルトで毎時二桁って怖すぎる
7シーベルト浴びると99%の人間が死ぬんだろ?どう燃料を取り出すんだよ
ニュース読んでてむなしくならんのかな

○275 :地震雷火事名無し(兵庫県)[sage]:2012/03/27(火) 15:55:48.84
ID:TyiEy5g60
>>272
・巨大な炉心が60センチの水深で全水没するというのは無理がある
・全燃料が炉内にあるとすれば、崩壊熱の計算が合わない
こんなかんじじゃない?

○255 :地震雷火事名無し(福岡県)[sage]:2012/03/27(火) 15:06:17.44
ID:cCs29jo90
2号機のサブレッションチェンバーが吹っ飛んだっていうのは去年3月時点で報道されてたよな。
むしろ、なんで今まで4mも水位があると考えてたのかがわからない。

○493 +1:地震雷火事名無し(神奈川県) :sage:2012/03/26(月) 20:58:14.00 ID:
Ibhtt+Y30 (18)
おまいらにスケール感ってやつを教えてやんよ。
記事では格納容器開口部から7mだが、実際の高さは48m。だいたいゴジラと同じ。

ビルで言ったら16階くらい。近所に16階の建物ある?そんくらい。
こんな巨大な穴ボコにひざ丈くらいにしか水がない。
これをカラッポといわずして、なんと言おう。



○237 :地震雷火事名無し(徳島県)[sage]:2012/03/27(火) 14:37:18.50
ID:gdG4obIw0
格納容器の下の建屋のコンクリート床の圧さ、知ってる人教えて
カスゴミも毎時9トン注入して、いくら回収してるか報道しなかったな
アメリカとフランスの装置も使用して、循環システムを作ったときから、疑問に思ってた

○232 :地震雷火事名無し(埼玉県)[]:2012/03/27(火) 14:28:56.86 ID:e7MIeMS90
2号機の格納容器の水位が60cmしかない
水温は48.5~50度
ちゅーことは、燃料は格納容器を突き破って地中にめり込んどる
格納容器の中にはほとんど残っとらん
んで、高濃度汚染水が大量に地下に漏れとるちゅうことや
もう、これはあかんわ
この先何十年も、地下水と海が汚染されるんや
もう、あかん

○90 :地震雷火事名無し(東海地方)[sage]:2012/03/27(火) 07:56:44.18
ID:6uYzKeTaO
久しぶりにきた―
こんがらがってきたので分かる方教えて下さい
60cmしかない50度前後の水の中に90トンの燃料があるはずはないって見解でOK?

○09 :地震雷火事名無し(やわらか銀行)[sage]:2012/03/27(火) 08:59:45.02
ID:fWWL9ZVu0
風呂を沸かしていますが6mmしか貯まっていないけど、気にしないで下さい。
空焚きではないですよ。水を全開で入れてますから。
さらっと「格納容器」って書いてあるけど・・・
「圧力容器」じゃないんだよ!!!
「格納容器の水位60センチ」・・・ 格納容器にも穴が・・・
もし大量に蒸発していたら放射性物質も大量に出てるわけで
全く言い訳にもなってないな
だいたい、密閉空間で蒸発しても、すぐに凝固して水になるし
地下に消えてるんだろう
放射線で光る蛍光塗料ぶち込めばどこに出てるかわかるだろ、なぜしない?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-date-201112-4.html

その場しのぎの工事で、原子炉冷温停止宣言を行う。

12月4日、福島第1原発で放射性物質を処理した後に淡水化する装置から、45立方メートルを超す汚染水が建屋内に漏れ、一部は建屋外の側溝に達したと発表した。側溝は海につながっており、建屋から500~600メートル離れた海に流出している可能性もあるという。東電は原因を調査している。

○http://blogos.com/article/27119/
○福島第一原発に作業員として潜入し、働きながら隠しカメラなどで取材を行っていた、ジャーナリストの鈴木智彦氏が、著書「ヤクザと原発 福島第一潜入記」の発表に併せ、外国特派員協会で会見を開いた。90分近い会見となったので、前後編でお送りする。(BLOGOS編集部 田野幸伸)
○後編では福島第一原発とヤクザの関係を明らかに:原発作業員の10%はヤクザ
オールジャパンなんてウソ
鈴木:まず言っておきたいのは、今回の原発事故収束に対し、政府はオールジャパンで取り組むと言っていますが、現実は違います。
福島第一原発には日立・東芝が入っているのですが、日立がやっている事は東芝に知らされない、東芝のやることは日立に知らされない。独自でそれぞれ対策をやっている。協力してやれば、もっと進むのに。
原子力発電の是非はともかく、福島第一原発の現状は、はっきり言ってアウトの状態です。アメリカ軍が当初避難区域を80キロに設定しましたが、それが正しかったと思っています。数値を実測すると福島の中通りあたりは線量も高く、汚染もひどく、完全に管理区域です。

一般人の立ち入りを禁止すべき場所です。にも関わらず、日本の基準はいわき市、福島市、郡山市の大都市を避難させないという前提の下で20キロに引かれたものであろうと思います。
僕の取材した、全ての原子力関係の技術者は、「本来は住んではいけない場所に住んでいる」「原発の中で生活しているのと同じ」と言っています。

○付け焼刃のずさん工事
最新情報ですが、政府は冷温停止を急ぐために現場ではずさんな工事をやっている。例えば、汚染水の配管の多くはプラスチックで、とりあえずつながれている所が多い。寿命も短い、凍結の恐れもある。今、その付け焼刃の工事の尻拭いを一生懸命やっている。
原子炉が福島第一原発には6基あって、建屋が4つありますが、全てにおいて、正確なデータが取れておりません。今回IHIがようやく、2号機の確認に入るらしいですが、それでも原子炉内のペレットがどうなってるかわからないでしょう。とりあえず道路を直して、水で冷やしているのが実態。今後のメンテを考えると、とても不安。
Fukushima50と言って世界的に有名になった作業員、職員達がいます。水素爆発後も残って収束作業に当たった彼らの勇気は賞賛されるべきだが、とあるメーカーの研究者に現段階でも福島第一原発で働くことは「死んでくれ」と同じことと言われました。それくらい危機的状況は変わっていない。
海外メディアの皆さんは日本政府や東電に不信感をもっていると思います。ですが、東電の情報が全てウソということでもありません。東電は質問者の知識に合わせて答えるだけなので、ジャーナリストの皆さんは原子力の事を勉強し、理論武装して、東電から情報を引き出してください。
○被曝量偽装の現実
極論ですが、日本の原子力産業はすべてが不正の上に成り立っているんです。それは、作業員に被曝を強いることで成り立っているという事。もちろん公的には被曝していないことになっていますが、例えば、危険地域に入るには、線量計を胸に着けます。

http://mainichi.jp/select/jiken/graph/20111205f/index.html?inb=yt
○福島第1原発:淡水化装置から汚染水流出
 東京電力は4日、福島第1原発で放射性物質を処理した後に淡水化する装置から、45立方メートルを超す汚染水が建屋内に漏れ、一部は建屋外の側溝に達したと発表した。側溝は海につながっており、建屋から500~600メートル離れた海に流出している可能性もあるという。東電は原因を調査している。
 東電によると、同日午前11時半ごろ、巡回中の社員が建屋から漏水しているのを見つけた。汚染水はストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が1立方センチあたり10万~100万ベクレル含まれ、表面線量は毎時110ミリシーベルトだった。建屋(30メートル×30メートル)の床に深さ約5センチ、計約45立方メートルたまっていた。さらに建屋から約10メートル離れた側溝まで漏れた形跡があった。漏えいは同日午後2時過ぎに止まった。
 原子炉等規制法に基づく汚染水の海洋放出の基準と比べると、今回漏えいした汚染水に含まれるストロンチウムの濃度は約100万倍にあたる。
 松本純一原子力・立地本部長代理は「循環注水や冷温停止状態の判断には影響しないと考えている」としている。【関東晋慈】
 2011年12月

ブログ→http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2051.html

【甲状腺に障害が見つかった子供は一生被爆し読ける!】

1997年にベラルーシで、亡くなった230人の臓器解剖を行った。
セシウム137が臓器の中にあるか調査。
その結果
体内のあらゆる場所にセシウム137が蓄積されていた。
特に子供の甲状腺には、セシウム137が多く蓄積されていた。
恐ろしいことは
セシウムの半減期が30年。
子供の体内に入り、臓器に蓄積したら、一生臓器、(特に甲状腺)を傷つけ読ける。
今、甲状腺に障害が見つかった子供は将来にわたって被爆し読ける。
食事や呼吸で、体内にセシウム137を蓄積してはならない。
チェルノブイリでは郡山市、福島市より低い線量の地域で、甲状腺の切除が頻繁に行われた。
チェルノブイリでは、年間5mmシーベルト以上は移住しなければならない。
新基準で、食料品の放射能レベルが引き下げられ一般食品は100ベクレル以下となった(乳幼児食50ベクレル以下)。
しかし
100ベクレルは高すぎる。
ドイツの10倍。
乳児に50ベクレル以下はあまりに高すぎる基準。
http://takedanet.com/2012/04/post_6486.html
3月の事故以来、セシウムの降下物は徐々に減ってきて、2011年の10月、11月ごろにはこのまま無くなっていくと思われましたが、意外にも12月から急増し、今では昨年の6月より降下量が多いという異常な状態が続いています。
これについて、政府も県も「大丈夫」を繰り返していますし、マスコミも報道していませんが、これはなかなか危険な状態です。

http://www.pref.fukushima.jp/j/koukabutsu110.pdf
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー
カウンター
QR

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。