04 25

たね蒔きジャーナル20120425

4/25 永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。
 原発のニュース、京都市の門川市長が脱原発提案に賛成ですが、大阪とは完全な共同歩調は取りません。神戸市も全原発廃止は盛り込まない模様です。

 再生エネルギーの買い取り制度、太陽エネルギーを42円/1kwとする(風力は23円)。電力会社の支払う買い取り料金は電気料金に上乗せさせるのです。電力会社の努力ではなく消費者の金でやるのです。


 そして、小出先生のお話、福井県の高浜1号機、
これまで原子炉圧力容器の脆さで、九州の玄海が危ないと言われていたが、高浜1号機が日本で2番目の脆さであり、これについて、家の鍋とガラスのコップを想定し、鍋をトンカチで叩くとゆがむが割れない、しかしガラスは割れる。金属とガラスは、普通の温度では性質が異なり、金属は延性を持ち、ガラスは脆性なのです。

しかし金属も冷たくすると脆性になり、マイナス100度くらいで伸びなくなり割れるのです。ところが、原子炉の圧力容器は、中性子の被曝を受けており、鋼鉄が脆くなり、マイナス50度、マイナス10度で割れる、脆くなる温度が上がり、高浜だと95度、普通でガラスになってしまっているのです。

 普通は20~30度、圧力容器の鋼鉄は脆性であり、圧力容器に水があり、圧力容器が割れたら炉心がむき出しになりメルトダウン。割れてはいけない圧力容器の脆性になる温度が高くなり、高浜は38年で95度になる。もともと、ガラスのようになることは分かっており、どこまで我慢できるかで原発に手を染めた。30年でガラスのようになり寿命と思っていたら、圧力容器の中に試験片を入れて、これをチェックしていると、予測に会わず高い温度で脆性になるのです。試験片の測定は4度目で、10年前68度、今回95度、10年で27度上がったのは、電力会社の予測はそんなに上がらないと思っていたのに、予想外に上がっていたのです。

 今まで、93度なら大丈夫と言っていたのに、基準を今132度にしており、運転中は原子炉は200~300度あり、延性で運転中には割れないとしていた。ところが、実際の試験片の温度が上がり、基準を変えて原発の寿命を延ばしているわけです。

 食品のお話で、放射能検査、業界団体に、スーパーなどが国より厳しい基準でやるなという通達で、反発も出て、農水大臣は強制なしと釈明していますが、小出先生、これについて、「情けない国だ」、これだけの事故を起こし、食べ物を汚染させた責任は国と東電にあるのに、人々が汚染を逃れることを批判するのは恥ずべきことと言われました。近藤さん、数字的にはどうかと聞かれて、水野さんも、民間努力でも、具体的にこの食品にこの放射能と数値は出しておらず、店の基準でのOKかアウトかなのですが、食品の基準が厳しくなり、流通でも信頼を得たいが、生産者では今までのものが出荷できなくなる。小出先生は、子供たちを守る方向には行っていないと言うことで、基準は米で100ベクレル、事故前は0.1ベクレル、1000倍を許している。小出先生、放射能はどんな微量でも危険で、子供にはきれいなものを与えたい。基準は不要、全ての食べ物に測定して表示せよと、東電が広範な食べ物を測定して示す(100を超えていても小出先生は食べる)のが必要。これでないと、子供は守れない。食料をきっちり測定せよとのことです。

 久々の小出先生のお話をお伝えいたしました。
 永岡です、たね蒔きジャーナル、続いて、北朝鮮のミサイル発射がどれくらい脅威であったのか、軍事ジャーナリストの前田哲男さんのお話がありました。前田さん、お電話での出演です。

 北は、ヨンピョン島砲撃の際に近い体制にあり、前田さん、若い後継者が威信を作らないといけない。国外に緊張を作らないといけない。近いうちに核実験をしないといけない。軍の80年、金日成100年があり、こういう看板で、国外に緊張を高める模様です。

 核実験は、地下のトンネルで準備している模様が衛星で察知されており、次の実験の出来る段階なのです。それに対して、日本がどれほど恐れるべきかについて、隣国に緊張を作る瀬戸際外交をすることがあり、北朝鮮と日本にパイプがなく、70~80年前、1930年代の日本が、今の北朝鮮のように、外から見たら見えると言うことなのです。何をするか分からない国であったのが、日本から北朝鮮になり、軍事優先の国の警戒は必要なのです。

 リスナーより、ミサイルの予告があって日本政府はあのドタバタで、いざと言う時にミサイル防衛は役に立つかについて、前田さん、役に立たないと言うことです。3月16日に観測衛星を打ち上げると言い、通告の義務がありそれをして、打ち上げコースに沖縄があり、人工衛星で、500kmの上空を飛び、これを日本は弾道ミサイルと受け止めて、ミサイル破壊措置命令を出して、上空通過のうちに沖縄に落ちてきたら撃ち落とすとして、PAC3他を配備したが、PAC3は20kmで撃つので、役に立たないのです。官房長官、万一コースを外れて落下したらPAC3でやると言い、そもそも、とてつもない高いところの、1分ほどのところを通過するものを、撃ち落とすのは無理と、誰が見ても明らかであったのです。

 北朝鮮は何をするかわからないという先入観もあり、自衛隊も南西諸島の防衛をしたくて、しかし沖縄は拒否したので、地ならし、PRという政治上の計算もあり、田中大臣も問責、野田内閣も支持率が低く、政治的にパフォーマンスをしたかった(軍事的なものより、国民へのデモンストレーションであった)のです。

 近藤さん、アメリカとの連携で、北は警戒しており、中国との関係もあり、これを利用して、日米連携を中国に見せるためかと聞かれて、北京はこれを気にしており、日米の横田で航空総体司令部が移転し、日米共同の司令部を作り、北のミサイルもここで日米がリンクして対処したのです。

 司令機構が日米一体となり、航空自衛隊の司令部がアメリカ側に引っ越して、これは北朝鮮と、中国へのメッセージであったわけです。

 水野さん、陸自の人がボンベを背負い、マスクをして訓練していたが、これは何かについて、宮古島、石垣に950名自衛隊が配備され、ミサイルを守るため陸上自衛隊が動き、950人のために化学防護隊があり、毒ガス戦のための舞台で、ロケットの燃料に有毒ガスがあり、沖縄上空で事故となると有毒ガスが振り、そのための対策をしていたのです。これには、石垣で、住民に違和感があり、宮古島では県有地にPAC3が配備され、それを24時間兵士が武装して守る。現地は物々しい雰囲気であったのです。

 自衛隊が配備したかったものの延長で、日米の結束を中国へ向けたシグナルとなった。北朝鮮が願ってもないシナリオを書いてくれて、軍人は実戦モードでやれて、国民も批判しないで訓練できた。自衛隊はいい訓練ができたとのことでした。

 リスナーより、あまり騒ぐと、軍備増強を唱える勢力を利するとの指摘もありました。近藤さん、違和感をもったらそれにこだわるようにと言われました。

 今日は前田さんの、自衛隊のお話をお届けいたしました。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
4/25永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。原発のニュース、京都市の門川市長が脱原発提案に賛成ですが、大阪とは完は盛り込まない模様です。再生エネルギーの買い取り制...
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ