04 26

たね蒔きジャーナル20120426

4/26(木) 永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日は千葉猛さんの司会、毎日新聞大阪本社論説委員の池田昭さんの案内で放送されました。今日は小沢一郎氏の無罪判決で、この背景を東京報道の神崎智大記者の報告で聞きました。リスナーから小沢氏の無罪について多くのメールが来ています、釈然としないという見解が多く、池田さんいいところを突いていると言われました。

 原発のニュース、おおい町で、大飯再稼働の説明会があり、町民のみの出席、柳沢副大臣は再稼働の理解が欲しいとしたものの、協議会は回答を留保。地元の同意について判断し、しかし、説明会は1回のみで、住民投票やアンケートは行わない方向です。この件は上田さんが取材して(10時前まで説明があったそうです)、明日報告です。

 福井の敦賀原発、斑目氏すら、日本原電が安全性の証明がないとダメ、安全性の証明は困難と言っています。活断層となると、これは廃炉になるのです。池田さん、当然の判断であり、阪神・淡路以降活断層の知識が増え、しかし原発はそれ以前からあり、活断層で判断するのは当然、浜岡もそうであると言われました。

 そして、神崎さんのお話、政界への影響で、今日の裁判の東京地裁は、神崎さんも行かれて、傍聴席は外れて入れず。TBSの人は社員に動員させて100人並んだそうです。小沢氏の秘書のグループにもそれの動員がかかっていた模様です。

 小沢氏、9時半に歩いて地裁に入り、余裕は感じられず、弘中弁護士も厳しい表情でした。

 無罪の理由と永田町の反応、永田町では無罪の見解が多く、検察では起訴するのに10証拠が必要なら8しかなく、裁判で証拠が切られて3くらいになったのです。しかし、すっきりしない内容で、野党からは道義的な責任はあると言い、小泉進次郎氏、政界の霧は深まったと言っています。小沢氏、クリーンとの反応もないのです。

 秘書3人は有罪で、小沢氏国会に出て来いと野党はなる(民主は裁判中と逃げていた)のです。

 小沢氏のグループ、議員会館にてみんなで見ており、ある人は涙を流して喜び、ある人は体が震えるほどうれしかった。100人の小沢グループが集まり、神崎さんにありがとうと握手してきた模様です。小沢グループは選挙で、小沢氏有罪なら闘えず、ほっとしたと言うのが本音とのことです。

 小沢氏の今後の戦略、急にはないものの、無罪で激しい動きはせず、ボールは向こう(野田氏、岡田氏)にあると見ており、ボールとは党員資格停止のこと、解除するかで野田氏は迫られ、また国会の喚問に野田氏がどうするのか。さらに消費税、小沢氏は反対で、野田氏の動きで、迫られる模様です。

 野田氏、岡田氏が苦しくなり、有罪なら小沢グループの人数は減ると思われていたのに、無罪で増えており、消費税、野田氏が強行すると、確実に反対され通らず、野田氏は自民・公明と話し合いしかないが、しかし自民・公明も談合と言われて応じられない。なら、小沢氏は民主党を割り、分裂する可能性があり、執行部に最悪の状況で、輿石氏、民主党の分裂を避けるため、野田氏に消費税を先延ばしさせる方向にあり、秋に民主の代表選で、野田氏と、小沢氏の推す候補が闘い、その後で消費税ということになりそうです。

 池田さん、今回の判決は、刑事責任は問えないが政治家の責任は重いとしており、小沢氏、政治家の説明が必要で、これは権力闘争で、それと国会の審議を一緒にするのが小沢氏のやり方であるが、それに国民はうんざりしていると言われました。

 小沢氏と、橋下氏の連携は、選挙目当て(数合わせ)でいいのかと池田さん言われて、神崎さん、選挙は近く、国会より権力闘争で、その後の政界再編になっているのです。池田さん、消費税だけでなく課題は山積で、国民はそれを知っている。小沢グループの離党を首相が覚悟しないといけないと言われました。神崎さん、野田氏、それを見越して消費税を考えており(小沢氏の離党)、そこで橋下氏がキーになり、明日橋下氏は東京に来るので(小沢氏と会うのではないが)、橋下氏は消費税は小沢氏が正しいと言い、橋下氏、組みやすくなったと言うことです。小沢氏の側近数名が橋下氏の秘書と会ったとの情報があり、維新と小沢氏の連携はあり得るのです。

 大阪の小沢グループの人、もう落選しないと言っており、どういうことかと聞くと、維新と話し合い・調整を行い、小沢氏と橋下氏が組んで、小沢氏が民主を出ると100人以上出るのです。

 橋下氏、その路線で行くかは不明で、松井知事、小沢氏とは政策が異なり組まないと言い、橋下氏、松井氏は安倍元総理と会い、安倍氏の就職活動?自分の派閥の人の就職(大阪は大半民主が取り自民は負けた、その連中の面倒を橋下氏に見てほしい)で、維新はもともと自民であり、小沢氏より、自民と組みたい、一枚岩ではないという模様で、維新がどこと組むかは不明なのです。

 橋下氏と維新がキーポイントで、どこと組むか、選ぶのは橋下氏で、小沢グループは民主党への視線は悪くなっており、支持率は上がらない。小沢グループ、自民も橋下氏を味方にしないと苦しい。橋下氏の奪い合い、どうやったら橋下氏に選んでもらうかの駆け引きが激しくなると言うことです。

 今日は、小沢氏の無罪判決の反響をお届けいたしました。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ