05 01

たね蒔きジャーナル20120501

5/1(火)永岡です、毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞ほっと兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で放送されました。水野さんと平野さん、今日は京都の中京区・新町通り(四条烏丸から数分)からの中継です。昔ながらの京都であると言うことです。町屋がお店になり、イタリア、フレンチのお店で外国人が食べているそうです。

 原発のニュース、大飯再稼働、隣接する小浜町で説明会があったものの、住民からは反対の声(住民の半分が10km圏内)、保安院の非常用電源ありとの話に説得力はなく、小浜町議会は反対を決議しています。

 
滋賀で原発のことを、専門家を招いて説明し、委員より事故時の説明に厳しい意見が出て、保安院は必要なら京都・滋賀へ行くと言うことです。

 日米首脳会議、平野さんは、オバマ氏はリーダーの役割を果たしているが、野田総理は果たしていない(普天間に何もなし)、御用聞き外交に終わり情けないと言われました。

 そして、今週は京都ウィークで、京都の町屋(築110年、1899年築)から、京町屋再生研究会の事務局長、小島富佐江(ふさえ)さんのお話がありました。京都の町屋の保存に取り組んでおられます。玄関の正面に厄除け、祇園祭で帰りの鉾が通るところです。家の奥まで土足で入れるそうです。

 京の町屋のていねいな暮らしにまなぶのであり、新緑の美しさが出ているのです。掛け軸は菖蒲。1年で今が一番気持ちの良い時候であり、戦争も潜り抜けて生き残った家なのです。小島さんは1985年からこの家に住まわれて、案外生まれたところも古い家で、姑さんもやさしい人で、ほどほどにと言うことで、しかし、ほどほどは京都ではきっちりと言うことなのですが、埃で死なないと言うわけです。

 来た翌年に法事があり、50人来て、それが何回もつづいたらと思ったのです。平野さん、映画のセットみたいだと言うことです。目に優しい色ばかりで、この家の楽しみなのです。京都の家は自然と一体化しているのです。しかし、冬は寒く、着こむのだそうです。12~2月を辛抱したら、快適なのだそうです。気で準備するので風邪も引かないそうです。

 メンテナンスは、出来る範囲でやっており、手間とお金がイコールで、職人さんも減り(京都では職人はいるものの、仕事が減っている)、町屋が減り、ブームなのに減っているのです。近所で3軒くらいなくなっているのです。住む人の高齢化で、後の引き取り手がなく、早く小島さんたちに連絡があれば手の打ちようはあるものの、大工さんもいるし、海外の支援もあり、1軒ニューヨークの財団から25万ドルの支援があり、家を直せたのです。金儲けでなく、支援してくれるのです。

 5月25日に美術館(支援条件として公開性)になり、ワールドモニュメントファンドからの支援があるのです。日本の文化行政の貧困さを平野さん感じられています。海外で、若手の大工の要請も支援してくれているのです。直す方も、仕事がないと技術の継承がなく、時間がかかり、費用対効果で見ると、今の工法になり、しかし、支援があると、技術の継承に使えるのです。京都は得だと言われるが、先頭を走り、集めて、よそとも一緒にやっていくのです。京都のブランドだけで成り立つのではないのです。

 この近所もマンションが増えて、古い街並みが、10~15年で人口が倍になり、それだけではにぎわういい街ではない、土着の文化ではないのです。それが住んでいる人により薄められるのが残念なのです。

 公開する、小島さんの家は大学生にも公開し、キャンパスとして使用させて、コンピューターも並んで、学生さんが使っているのです。学生にも教員にも好評で、先生と学生の目線が同じで、教えやすいと言うのです。掃除も学生さんが手伝ってくれるのです。

 5月25日~6月3日、町屋を体感するイベントがあるそうです(うろうろオープンハウス)。予約とはややこしくなく、京町屋ネットで検索したら出るそうです。100年スパンで付き合っている家を見ると、ゆっくりしてもいいと言うことになるのです。ほどほどがいいと小島さん言われました。

 こういう京都中継、テレビでは良く観るものの、ラジオでは珍しく、これをお伝えいたしました。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ