05 05

たね蒔きジャーナル20120504

5/4(金) 永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。

 小出先生、今日ニューヨークで講演され、聞いていた女性より、子供と一緒に日本に帰って安全かという声がでたそうです。具体的なことは来週小出先生にお聞きする模様です。

 原発のニュース、少子化に関して、近藤さん、放射能汚染の中で子供を育てる問題、親と子の情感の問題を語り、少子化は大きい問題と言われました。

 唯一稼働している泊3号機が明日止まり、1970年以来42年以来の原発ゼロになります。泊は明日の午後5時から止め初めて11時に止まります。

 関電は、節電している家庭に優遇措置を取り、午後3時の料金を上げ、夜の料金を下げるのです。しかし、これでも需給の改善は不明です。リスナーより「こどもの日 原発ゼロの 日になるか」と一句あり、近藤さん、経済のために再稼働と言うと脱原発がなし崩しになり、電気がどれだけ必要なのか見直すのに節電はいい、それなしに脱原発はないと言われました。無駄の見直しは必要な体験とのことです。

 月間川柳大賞、近藤さんの選んだのは今週のは「選択肢 イエスかイエス再稼働」、4月の分は「尖閣の 前に汚染地 国は買え」(近藤さんは「選択肢」の句を当初選ばれまし
たが、これは5月のものなので4月の分から選びなおされました)、水野さんは「放射線 飛び散る範囲が地元です」を選ばれました。

 そして、水野晶子のどないなっとるねん、今日は沖縄・高江の問題で、高江の問題が伊丹でも上演され、高江住民でギタリストの石原岳(たけし)さんのお話がありました。スタジオでの出演です。石原さん、以前は神戸で、20年前に沖縄移住、高江に5年前に来られているのです。

東村(ひがしそん)、やんばるの森、ヤンバルクイナの生息する貴重な森で、そこがアメリカ軍の北部訓練場になり、ジャングルでの戦闘訓練が行われ、ヘリが昼夜飛び交っているのです。

 米軍施設が半分に減ると言うのに、高江を囲むようにヘリパッドが6つ増設されるのです。住民は5年も座り込んでいるのです。東京・大阪に伝えられないものです。

 高江での基地の捉え方、沖縄が基地だらけで、国と対面しての攻防はなく、高江に来たら米軍ヘリパッドの話が来たのです。高江の住民も新聞で知り、防衛局の職員がヘリパッドを作るので協力してくれと言われて、防衛省の出先機関がそう言い、説明会よりただの通告であったのです。環境アセスも済ませて、法的手続きも終わっていたのです。しかしアセスは知らされず、高江でヘリパッド反対の決議もしたのに、2007年から工事も始まり、早朝にダンプが来て工事で、座り込みをすることになり、5世帯だけで、畑で忙しいのに、動ける5世帯だけで座り込みをしたのです。

 座り込みで、工事の前にちゃんとしたやりとりをしたいと思っているのに、ダンプの運転手に工事をしないでくれと言うと、2008年に通行妨害で国が高江住民15名を訴えて、中には8歳の女の子も訴えられたのです。仮処分で訴えられ、パイン農家に研修に来ていた人も訴えられたのです。もちろん住民は暴力をふるったわけではなく、説得だけなのにこの始末です。話し合おうと言っていてこの始末です。国会で、民主党の防衛副大臣の答弁で8歳の子を訴えるのは非常識と言ったら、国策に逆らうものは容赦しないという防衛局の対応で、住民が暴力をふるったと国は言っているのです。

 近藤さん、小さな集落で国のやることが見えて、座り込みは、一つの思想であると思い、それを排除すると、通行妨害ではなく、表現の自由に対峙できるものがないと説得力はないと言われました。

 普天間ほかでも住民運動があり、座り込みで訴えられるという意義は、沖縄だけでなく全国で、国のやることに反対したら訴えられる、高江は初めての例であり、アメリカではスラップ(SLAPP)訴訟と言い、国や大企業が反対するものを恫喝する訴訟として言うのですが、高江でやられて、国と住民の関係を表すものなのです。

 近藤さん、国は表現行為に対して、単なる通行妨害としていると知り、それで阻止できるのはおかしいし、最終的には何かを侵害しているとしないとおかしいと言われました。裁判に際して、石原さん、弁護士に依頼して、デタラメな写真で訴えていることに弁護士も疑問を持つ模様であり、スラップ訴訟でダメージを与える(国は税金でやるので勝たなくていい)のが目的と言われました。国はある意味成功しているのです。石原さんたちを少人数と舐めていたと、闘志も沸くのです。

 5月9日、10日に伊丹市立演劇ホールで演劇界の方が集まり、高江を守る人を描く講演をするのです。石原さんもゲストとしてお話するのです。

 リスナーより、高江の現状を聞いて驚き、了承のない工事に抵抗したら訴えられることに驚いたと言うことです。また、日本は恐ろしい国になっていたというリスナーの声もあり、石原さん、日本全土のことと言われました。

 最後に、近藤さんの、幸せの雑学、電車で通勤すると、近藤さん満員電車は苦手で待っていると空いた電車が来て、電車の中に人間模様があり、一昔前、風情のある女性がいた時もあり、窓の外をおもむろに見るときに色っぽさがあり、人間ドラマを想像するのです。

見るみられる間に色気があり、ところが昨今、空いた電車を待ってもその中の人の個性、風情はなく、スマホとかに一切合財吸い取られ、味もそっけもない、同質の女性が並び、スマホ、携帯にすべて吸い取られ、見る見られる関係をシャットアウトして、言葉のデジタル化で、デジタル社会と文学の関係もあり、色気が消えて、エロスが低下→世の中のエネルギーも低下する。戦争の時に東京が空襲で、子供の風景は男女の関係で、人間が生きる欲求があり、悲惨な状況で人間が立ち上がるのは彼になら付いていくとかであり、デジタル化の社会で、色気、エロスのシャットアウトで、いまの現象を見ていくと、我々の失うものに気付かないという指摘がありました。自分の世界に閉じこもり、見られていないのです。

 なお、7日(月曜)の8時から、津波関係(津波を生き抜くために)の特番があります。

 今週のたね蒔きをお伝えいたしました。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ