05 05

国内外のNGO連合が国連に4号機収束へ緊急要望書を作成

Fri.2012.05.04 http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1255.html
原発・放射能
国内外のNGO連合が国連に4号機収束へ緊急要望書を作成

※↑これは書簡ではなく、世界中に告知されている連合の署名活動に関するリリース。

市民組織連合が4号機の使用済み燃料を安定させる国連の介入を求める緊急要望書を送る
Press Release: Coalition Sends Urgent Request for UN Intervention to
Stabilize the Fukushima Unit 4 Spent Nuclear Fuel

Fukushima Updateの2012年5月2日即日発表(プレスリリース)の記事です。

---------------------------------------------------------------

京都:4月30日

福島第一原発4号機の使用済み燃料を安定化させるため、ただちに緊急アクションを起こすよう、Shut泊(北海道札幌市:代表 泉かおり氏)が音頭をとって、72のNGO組織と環境NGO・グリーンアクション(代表 アイリーン・美緒子・スミス氏)が、国連と日本政府に緊急の要望書を送りました。

その書簡は、日本、及び海外のエキスパートたちによって承認されています。

書簡では、4号機の使用済み燃料プールには、チェルノブイリ原発事故の時に放出された総量の10倍ものセシウム137があることが警告されています。

もし地震や、他の出来事が起こることによって、プールから水が排出してしまった場合、破滅的な放射能火災を起こすことになります。

この書簡は、福島第一原発の使用済み燃料プールが抱えている重大な問題を取り上げてくれるよう、核安全サミットの組織化を国連に強く促すものです。

国連が、福島第一原発4号機について独立した評価チームを確立し、使用済み燃料を完全に安定化させ、破滅的な事態に至ることのないように、国際的な支援を取り付けるべきであると書かれています。

この書簡は、国連事務局長・バン・ギムン(潘基文)氏、および野田佳彦首相の両方のもとへ送られました。
日本は国連の支援をただちに求めるべきであると要求しています。

福島第一原発にある10,893本の燃料集合体のほぼ全部が、次の地震に対して不安定な状態でプールの中に収められています。
それは、チェルノブイリ事故のときに放出された放射能より長寿命の放射能で、その量はおよそチェルノブイリの85倍にもなるのです。

Shut泊の代表、泉かおり氏は、「福島第一の問題は、もはや日本だけの問題ではなく、国際的な問題になっている」と述べています。

「また、日本政府と国際社会は、手遅れになる前に、このクライシスに向けて協働することは、ぜひとも果たさなければならないことだ」とも述べています。

アーニー・ガンダーセン氏、ロバート・アルバレス氏、小出裕章氏、後藤政志氏、元駐スイス大使の村田光平氏、そして、元国連の外交官、松村昭雄氏らアメリカと日本の核の専門家たちは、4号機の使用済み燃料プールが高いリスクにさらされていると、継続して警告してきましたし、今もそうです。

Shut泊とグリーンアクションは、海外の市民組織からも(署名による)承認を求めています。
(署名の締め切りは5月20日)

この日本の72の組織に加えて、より多くの日本の市民組織が、署名してくれるものと思われます。
(署名の締め切りは5月20日)


--------------------------------------------------------------------------------

管理人:

この連合の活動は、すでに野田佳彦、核廃絶に向けて活動している国連事務総長のバン・ギムン(潘基文)氏に書簡を送っています。

次は、国連に送るための書簡を準備するために、この考えに賛同してくれる市民組織に広く告知し、国内外から署名してくれる市民組織を募っている、というもの。

この署名活動は、NGOなどの市民組織単位での署名を集めるもので、国内だけでなく、海外の市民組織へも呼びかけているようです。

戦後、最悪にして最凶、完全無責任の野田内閣は、ここに名前が挙がっている国内外の脱原発派の専門家たちの警告に耳を傾けなかったどころか、一切の科学的知見をも無視して、冷温停止(状態)宣言、収束宣言をしてしまったので、野田は、今後も4号機使用済み燃料プールの対応については東電に任せきりで知らん振りし続けるでしょう。

それなら、さらに外圧を利用するためには、国連に4号機問題が全世界的なカタストロフィーを招く可能性を訴え、まったく利益相反とは無縁の国際的な専門家チームが、この問題に当たるほかありません。

「国連が日本の原発再稼動に裏書きを与えている」と見ている米メディアもあるのですが、アメリカの上院議員も動き出したので、近々、さらに具体的な動きが出てくるものと思われます。

国連も一枚岩ではない、ということです。

日本のチンドン屋内閣が、世界をカタストロフィーに引きずり込むことのないよう、本格的な対策が講じられるまで巨大な地震が起きないように願うしかない国民は、なんと情けないのでしょう。

国民は、このデタラメ内閣が、今度は何をしでかすか、戦々恐々とうかがっているのです。まさに国民は二重苦、三重苦に喘いでいます。

この活動の中心的役割を果たしている、 泉かおり氏(Shut泊代表)、アイリーン・美緒子・スミス氏(グリーンアクション代表)の行動力には日本中、世界中の人々が注目してほしいと思います。

海外のメディアでは、こうした動きもネット上に、ちゃんと上がってくるのですが、日本のメディアの連中は、精神薄弱ですから、取り上げられることは期待薄です。

一生の間に、大マスコミ人として、一度たりとも自分らしい仕事ができないまま、リタイアしていく人のなんと多いことか。
まったく絶望的に気の毒な人々です。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ