05 21

世界中から心配されている4号機がピサの斜塔と

(友人の転送メールから)
【菅総理が首都圏2500万人移住を迫られた4号機問題が解決しないどころか進行中】
【世界中から心配されている4号機がピサの斜塔となりつつあり東日本全体が危険・・・静岡県立大学の前坂俊之氏、前スイス大使(国会で講演)、米上院議員、米原子力専門家を始め有識者が繰りかえし警告中】

http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1520.html
19/05

◎今週発売のSAPIO、小林よしのり氏の「脱原発論」は鬼気迫るものがあり凄いことになっている!
Category: 原発・環境問題 Tags: 小林よしのり SAPIO 脱原発 4号機
今週発売されたSAPIOの小林よしのり氏のゴー宣スペシャルの「脱原発論」は、鬼気迫るものがあり、凄いことになっている。

 (SAPIO 6/6号)

タイトルは、

≪4号機はダモクレスの剣≫

というものだ。




記事の中にも説明しているが、辞書では、

≪栄華の中にも危険が迫っていること。シラクサの王ディオニシオスの廷臣ダモクレスDamoclesが王位の幸福をほめそやしたところ、王が彼を天井から髪の毛1本で剣をつるした王座に座らせて、王者の身辺には常に危険があることを悟らせたという故事による。≫

ということになってる。

SAPIOは創刊から読んでいた愛読雑誌で、当初は小林氏のゴー宣はSPAで連載されていた。

当時、連載開始後1年くらい経ってから読み始めた。

SPAでの連載から3年後、小林氏はオウム真理教を烈しく追及し、ついには命を狙われるまでになる。実際にVXガスにより暗殺されそうになっている。
そうした中で、オウムへの疑念と警戒を強める小林に対し、SPA本誌では、宅八郎と上祐史浩とのインタビューを載せ、小林氏の反感を買って、結局決裂した。
そして、SAPIOに移って現在にいたっている。

いつしか、小林氏の見解などにも同意できなくなり徐々に読まなくなっていった。

ウィキペディアには、より詳しく掲載している。

≪ある日、ダモクレスがシチリアの僭主・ディオニュシオスの権力と栄光を羨み、追従の言葉を述べた。すると後日、ダモクレスは僭主から豪華な宴の招待を受けた。宴は贅を極めたものであったが、その豪華な席からダモクレスがふと頭上を見上げると、天井から今にも切れそうな細い糸(馬の尾の毛)で、剣が吊るされていた。僭主・ディオニュシオスは、ダモクレスの羨んでいる僭主という立場が、いかに命の危険をともなうものであるかを示したのである。この故事から、ヨーロッパ文化圏で「ダモクレスの剣」は、常に戦々恐々としている状況、あるいはそのような状況をもたらすものの譬えに用いられるようになった。≫



そのたとえを引用し、現在、日本の頭上には巨大な「ダモクレスの剣」がぶら下がっているが、日本人の多くが、いつ破局が訪れてもおかしくないのに漠然と日々を過ごしていると説いている。


 (ダモクレスの剣)


具体的には、4号機が今にも日本を破滅させるかもしれない「ダモクレスの剣」だという。



そして、その4号機の現状について、 訥々(とつとつ)としかも丁寧に語っていく。


4号機のプールには、原子炉に入る燃料の2.8倍の1535本の燃料棒が入っていて、そのうちの204本は使用済みではない新燃料であること。

プールは地震により傾き、プールに使用されている鉄筋とコンクリートは設計寿命の20年を超え33年も放射線を浴び続けていて、コンクリートの内側は通常と違いレンガのようになっていて、簡単に削ることができる程に脆くなっているということだ。

その上に事故当初から海水を注入しているため、鉄筋やパイプなどの腐食が懸念されているという。

そして度重なる余震でダメージが積もり積もって、もしも大きめの余震がきてプールが崩壊するか、ヒビが入って水が漏れたら、メルトダウンを起こして人類が経験したことのない事態になるとのことだ。

首都圏には人がいなくなり、国土の半分を放棄せざるを得なくなる。
間違いなく日本壊滅であり、しかもそれが日本だけに留まらず、北半球の広範な地域に甚大な環境汚染をもたらすことになると警鐘を鳴らしている。

様々なシミュレーションをした後に、現在4号機が落ち着いているのはたまたま色々な要因が偶然重なり、首の皮一枚で何とか持ちこたえているが、世界から指摘されているにもかかわらず、政府と東電はあくまでも隠し続け、このような状態であることを知る人は日本には少ないと憂いている。

「冷温停止」による「収束宣言」がウソだと思っている人でも、ここまで深刻な状況だと認識している人は少ないだとうと推察している。

こんな状況で原発再稼働を画策していることに「狂気の沙汰」としか言いようがないとして、本当の破局が来てから目が覚めても手遅れだとゴーマンをかましている。






漫画という文章でもビデオでも味わえないド迫力があり、全体を通じて鬼気迫る、切迫感と臨場感と共に読まれた方なら危機感を感じるだろうと思う。

これは読んだ人にしかわからないかもしれないので、是非、手にとって見られることをオススメしたい。

参照動画:
■4号機燃料プールが崩壊すれば日本の終わりを意味する (ZDF)

■福島第一原発4号機倒壊で首都圏壊滅!? 小出裕章氏

■4号機 倒壊が #チェルノブイリ の85倍の #放射能 放出に繋がる(字幕)

■動画:冷却不能核燃料プールのガスで18万6千人死亡も


=========================================================

【世界中から心配されている4号機がピサの斜塔となりつつあり東日本全体が危険(菅総理が首都圏2500万人移住を迫られた4号機問題が解決しないどころか進行中)・・・元毎日新聞副部長、静岡県立大学国際関係学部教授の前坂俊之氏を始め有識者が繰りかえし警告中】

速報(291)『日本のメルトダウン』『明日起こるかも知れぬ<日本全体の死?>を前に、今だ原発再稼働の論議をしている日本・・・??
前坂俊之(ジャーナリスト)
2012/05/02 http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/1300
[ Translate this page ] 速報(291)『日本のメルトダウン』

●『明日起こるかも知れぬ<日本全体の死?>を前に、未だに原発再稼働の論議をしている<不思議の国の住人たち>の運命は!! 』
『『4号機燃料プールが崩壊すれば日本の終わりを意味する (ZDF)』』
●『『福島第一原発4号機倒壊で首都圏壊滅!?小出裕章氏1』

●『4号機燃料プールが崩壊すれば日本の終わりを意味する (ZDF)』
http://www.youtube.com/watch?v=UtqF4PHPPlg&feature=player_embedded

●『福島第一原発4号機倒壊で首都圏壊滅!? 小出裕章氏1』
http://www.youtube.com/watch?v=Y5J33LdXK58&feature=player_embedded

●内部被曝研究会第一回総会での肥田舜太郎氏の記念講演(30分)1/2
http://www.youtube.com/watch?v=qQ6vA07Y3Zg&feature=player_embedded

●内部被曝研第一回シンポー石田伸子氏の「フクシマからの声」を聞け
http://www.youtube.com/watch?v=PwmT9N4zLSA&feature=player_embedded
http://www.japanesemission.com/detail/645

●福島原発 放射能で北米新生児ら1.4万人死亡!米教授(字幕)→この専門家の意見は大変重要です!日本の新生児の話ではありません!北米の新生児の予測です!日本はどうなるのでしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=g6N3qRI9hMY&feature=player_embedded
http://junebloke.blog.fc2.com/blog-entry-340.html

「新しい時代を作るのは老人ではない。」    -原発・放射線関連動画日本語訳-

"原子力・放射線関連動画の日本語訳・英訳ブログ"
#福島原発 放射能で北米新生児ら1万4千人死亡!4号機 は更に傾く!米核専門家(字幕)12/22
TheBigPictureRT 2011/12/22アップロードより。http://www.youtube.com/watch?v=Bdow_6pN6jY
・Dr. Janette Sherman, M.D., Internist and Toxicologist. 内科専門医で毒物学者。

・There's more trouble at Fukushima. Nuclear safety experts are accusing the
Japanese government of lying after 230 tons of radioactive waste was found
in a tunnel underneath the crippled nuclear plant - just a few days after
Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda said the crisis is over.
・There's also news that Unit 4 at the plant is on the verge of collapsing -
something that nuclear power expert Paul Gunter talked about on my radio
show yesterday. This new information suggests that the Japanese government
is still misleading the world on just how severe the Fukushima crisis still
is. But even more troubling is the impact this nuclear crisis on the other
side of the world has had right here in the United States.
・There's shocking new evidence out that the Fukushima disaster may have led
to the deaths of as many as 14,000 people...in America! For more on this -
Internist and Toxicologist - and co-author of a new report on the link
between an increase in deaths here in America and the ongoing Fukushima
nuclear crisis.

< 日本語字幕:Jo2Rayden > *下記、関連記事転載あり。

ハートマン:
 福島では更に多くの問題があります。
 原子力安全の専門家が“日本政府は嘘をついている。”と非難している。
 放射性汚染水230トンが、破壊された原子力発電所の下のトンネルで発見されました。

 日本の野田首相が“原発事故は、終わった。”と述べたわずか数日後でした。
 また、福島原発4号機は、崩壊の危機に瀕している、とのニュースもあります。
 原子力専門家ポール・ガンター氏が、昨日の私のラジオ番組で、このことについて話されました。
ポール・ガンター:
 「今、4号機は、まるでどんどん“ピサの斜塔”のようになってきているのです。」

ハートマン: ビル全体が、傾斜してるのですか?
ポール・ガンター:
 「ビル全体が傾斜している。4号機建物が、150トンもの高レベルの使用済核燃料を支えていますが、傾き続けています。技術者たちが、つっかいをしようと試みていて、なんとか倒壊を防ごうとしています。さもなくば、その全部の建物が倒れ、総ての核燃料が地面に落ちてしまう。」
ハートマン:
 日本政府は、まだ世界に間違った情報を流している事を、彼の新しい情報は示唆しています。
 そして、どれほど“フクシマ危機”が深刻か!
 しかし、さらに原子力危機の厄介な影響は、世界の反対側にも来ています。ここ米国です。
 その衝撃的な新しい証拠がでました。フクシマの災害は、北米で14,000人もの人々の死亡に繋がったかもしれないのです。
 これについて、今回は、内科医や毒物学者のジャネット・シャーマ博士にご出演頂きました。
 “アメリカで増加している死亡と現在進行中のフクシマ原発危機の関連。”の新報告書の共著者です。
 シャーマ博士、ようこそ当番組へ。
シャーマ博士:どういたしまして。
ハートマン:
 ご出演ありがとうございます。
 あなたの共著の研究について教えてください。
 14,000人ものアメリカ人が、フクシマ原発事故の結果として死亡していると示唆されていますね。
シャーマ博士:
 私の同僚ジョー・マンガーノと私は、米国政府機関E.P.A.とC.D.C.に提出されている政府のデータだけを使用しました。
 フクシマ事故前の14週間の死亡数と、フクシマ事故後の死亡数の比較の為、広くデータを検証し、我々は、米国での死亡数が増加している事を発見しました。
 特に、北米のブリティッシュ・コロンビア州での一才未満の赤ん坊の死亡数の調査結果により、裏付けられています。
ハートマン:
 そこは、放射性物質が最初に到達する場所ですね。
 あなたは、一才未満の死亡数をおっしゃったが、実際、私は、その年齢の子供の死亡率は、事実、米国では低下してきていたと思っていました。フクシマ事故が、原因なのですね?
シャーマ博士:その通りです。
ハートマン:
 その後、死亡率が上がり、普通より1万人多く死亡した。
 なぜ、ちょうど一歳未満の赤ちゃん、そして、何が、チェルノブイリとも関係するのですか?
シャーマ博士:
 これは、我々が、チェルノブイリ後に発見したのと同じ所見なのです。
 私は、この本、“チェルノブイリとその環境が人々にもたらす大惨事”の編集者ですが、そして、私たちはわかったのです。なぜなら、その子供たちは、免疫システムが、完全に形成されていないからです。
 解毒システムが、完全に機能していないからなのです。
 この子供は、体重が5-10ポンド(2,300-4,500グラム)ですので、体重150ポンド(68キロ)のおとなの被曝と比べて、受ける被曝の比率は、はるかに高いのです。
ハートマン:
 フクシマ事故が発生した後、我々は、反核団体ビヨンド・ニュークリアーのポール・ガンター氏のような人々から、より悲観的な予測などを学びました。
 我々の米国政府は、西海岸の放射線検出器の大部分を停止してしまった。
 従って、私達はどのくらいの放射線量なのかわからない。しかし、放射性ヨウ素などを形成するガスになった放射性同位体が、たくさんあった。または、粒子状放射性物質が、最終的に空気中で揮発してセシウムになった。例えば、上空いっぱいに上昇し、太平洋を渡り、各種放射性物質で、ここで被曝したのでしょう。
 あなたは、米国の一歳未満の14,000人の子供が、とはっきりおっしゃるのですか?
シャーマ博士:14,000人の合計・死亡数です。
ハートマン:わかりました。
シャーマ博士:
 最も脆弱なのが、新生児や幼児なのです。
 多くの高齢者は、がんや他の病気を抱えており、糖尿病の高血圧などでもあります。

 各種放射線の被曝が、ちょうど頂点にあったときなのです。
ハートマン:
 衝撃的でした。ほとんどの人は、放射線が10年か20年後に、癌を生じさせると思っています。
 ジョン・ウェインが、亡くなってから数年後、ワイオミング州とユタ州での地上核実験地区で、映画撮影していた為だと実際にわかった。
 しかし、あなたはすぐに影響があるとおっしゃっていますね。
シャーマ博士:
 私は、すぐに影響があると言っていません。
 チェルノブイリ事故後、がんや白血病が高い率で、その後1・2年以内に発症したのを、我々は見ております。
 我々は、子供の事故を除く最も高い死因が、癌であることを覚えておく必要があるのです。
 そして、3歳、5歳、または1歳の子供に癌が発症しているので、発症までに20年掛かるのではないのです。
ハートマン:
 どれくらいの期間、世界、特に自然と未来の世代にフクシマの汚染が、影響を与えるのでしょうか?
シャーマ博士:
 例えば、セシウム137とストロンチウム90は、約30年の半減期ですが、放射能が完全になくなる為には、放射性同位体の半減期 ×10 です。10 ×30 = 300年、3世紀掛かるのです。
ハートマン:わーお。では、何ができるのでしょうか?
シャーマ博士:2200年や5万年後の話になりますね。
ハートマン:
 わーぉ。その期間、我々はここに居続けるのですが、Dr.シャーマン、何ができるのでしょうか?
 何か出来ることは?
シャーマ博士:
 私は、人々が、米国本土に放射性物質が堆積されているのを認識する必要があると思います。
 E.P.A.とその多くの学識者が、週単位で、空気と水と牛乳のサンプリングを実施していました。
 そして、彼らは、四半期ごとで、十分であると判断してしまいました。
 私は、食物、特に牛乳や乳製品、太平洋北西部で獲れる魚において、我々は定期的なテストを推進させる必要があると思います。
 そして、すべての市民が、これらのデータを自由に利用できるようすべきです。
ハートマン:
 Dr.シャーマン、すばらしい仕事に感謝いたします。
 私たちの番組に出演され、その報告を共有させて頂き、感謝いたします。
シャーマ博士:どういたしまして。ありがとう。
ハートマン:
 悲しいことに、我々は、原子力発電がいかに危険なのか表面化した事実を、ただ集め続けているのです。
 まだ我々は、この原発を税金で補助し続けている。
 ようするに、これらの電力は、狂気なのです。
-END-

<関連記事>
*フクイチ発放射性降下物の影響で、アメリカ人、乳児ら1万4000人(推定)死亡 事故後最初の14週の間に チェルノブイリ(17週で1万6500人死亡)に匹敵 米研究チームが学会誌に発表
 米国でフクシマ事故後、最初の14週間に起きた、1万4000人(推定)もの死者の過剰増加が、フクイチ発の放射性物質の降下に関係する――との研究結果が、学会誌「国際-保健ジャーナル」の最新号に発表された。
 → http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=28299
 米国の民間研究・教育機関、「被曝・保健プロジェクト」のジョセフ・マンガーノ所長(疫学者)と、ウエスタン・ミシガン大学のジャネット・シャーマン準教授(内科医・毒物-学者)がまとめたもので、この14週間(3ヵ月半)で1万4000人もの過剰死者の発生は、チェルノブイリの時の17週(4ヵ月と1週間)で1万6500人に匹敵するという。
 この1万4000人の過剰な死者の中で、最も多いのが1歳未満の乳児たちで、2011年春(14週間)の米国における乳幼児死者は前年に比べ、1.8%の増加。フクシマ事-故以前の14週間は逆に前年対比で、8.37%の減少だった。
 この研究発表は、ピアレビューを経て公表された、フクシマの健康被害を分析する最初の学会報告である。
 An estimated 14,000 excess deaths in the United States are linked to the
radioactive fallout from the disaster at the Fukushima nuclear reactors in
Japan, according to a major new article in the December 2011 edition of the
International Journal of Health Services.
◇ 研究論文の全文は→ http://www.radiation.org/reading/pubs/HS42_1F.pdf

◎ 大沼 太平洋を超えて北米大陸に到達したフクイチの「死の灰」が、米国で乳児を中心に異常な死者の増加現象を招いていた可能性が、初めて学問的に裏付けられた。
* 大沼安史氏ブログより転載。http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/12/post-13bd.html
2015年放射能クライシス(2011/09/29)武田 邦彦

関連記事
! 拡散 ! 放射性がれき島田市 桜井市長が「独断専行」試験焼却へ! 東京新聞/反対の母親の意見を無視。焼却施設周辺住民の8割以上が反対署名提出済だが..
【重要】がれきの放射性粒子はバグフィルター筒抜け。99.9%キャッチ可能はウソだった!東京&中日新聞
 福島原発 放射能で北米新生児ら1万4千人死亡!:Dr.シャーマン/ #4号機 は更に傾く!:米核専門家(字幕)12/22
 #がれき 受け入れ 住民怒り爆発! #島田市 #静岡県
米科学者Marco Kaltofen # 放射能 が大気中に拡散- Airborne #Radiation Spread
11/7


=========================================================

◎4号機 今もそこにある危機(北海道新聞)

 4号機 今もそこにある危機

 編集委員 大西 隆雄

 国内の原発すべてが止まったからとホッとするわけにはいかない。使用済み核燃料にも事故の危険がつきまとう。
 函館市内の高校英語教師ピーター・ハウレットさん(57)は先月、カナダに住む妹から届いたメールに心底驚いた。
 米国の専門家らの見解を引いて、こうあった。
 「人類全体に差し迫った危機です。もし福島の燃料プールが倒壊したら人々は日本を脱出しなければならず、(太平洋を隔てた)米国やカナダの西海岸でも(放射能を避けて)屋内退避することになるでしょう」
 危機の元は、福島第1原発4号機の使用済み核燃料プール。実は、同じことを国会で警告した元外交官がいる。
                 ◆      ◆
 駐スイス大使などを歴任した村田光平さん(74)。参院予算委員会での公述(3月22日)。
 「この燃料プールが、もし崩壊して、燃料棒が大気中で燃えだした場合には、果てしない放射能が放出される。もちろん、東京は住めなくなるわけです。(略)まさに4号機が事故を起こせば、世界の究極の破局の始まりと言えるわけであります」
 4号機の燃料プールは大震災直後から今に至るまで最大のリスクであり続ける。内外の専門家が危ぶむことは-。
 事故当時定期点検中だった4号機では核燃料は炉内から運び出され、原子炉建屋の使用済み核燃料プールにあった。
 その数1535本。1~3号機で貯蔵する総数に匹敵する。
 プールは建屋3、4階部分に残ったが、爆発で屋根が吹き飛び放射能の防壁がない。燃料棒から出続ける崩壊熱を冷やす水が必要だが、地震などで建屋が崩れたら冷却不能で万事休す。
 燃料が崩壊して、膨大な放射能が大気中にまき散らされる。一説に、その量は福島事故の最悪10倍とも言われる。
 東京で村田さんに会った。
 ――国政の現状について。
 「危機感と倫理の欠如です。福島を経験しながら、なお脱原発にちゅうちょするとは。倫理と想像力がないからです。日本の『原子力独裁』体制に終止符を打たなければなりません」
 ――海外も注視しています。
 「4号機で事故があれば世界は終わる。国連の潘基文(パン・キムン)事務総長に倫理サミットの開催を呼び掛けています。国際的な英知を集めた評価委員会をつくり、総力を挙げて燃料棒の取り出しを急ぐべきです」
 東京電力は事故後、4号機のプール底部を支柱で補強した。
 昨年の大震災と同程度の地震でも燃料プールや建屋が壊れることはないというが、余震が頻発する中、果たして大丈夫か。


                 ◆      ◆
 元原子力プラント設計技術者で、経済産業省原子力安全・保安院の安全評価(ストレステスト)意見聴取会で委員を務める後藤政志さん(62)に尋ねた。
 「一応の耐震補強はなされたと思うが危険がないとは言えない。万が一、床が抜けて燃料が飛散すると手が付けられなくなる。もうお手上げです」
 「福島原発事故独立検証委員会」(民間事故調)の報告書は事故当時、政府が作成した「最悪シナリオ」を検証している。
 首都圏3千万人避難が必要とされた最悪シナリオの引き金は「4号機プールの燃料破壊」。
 連鎖的に他号機でも燃料破壊が進展し、放射性物質の大放出に至る-。燃料プールこそ最も「弱い環」であり「死角」だったと報告書は指摘している。
 4号機問題は示唆的であると筆者は思う。使用済み核燃料は泊原発を含め全国の原発で貯蔵されている。その危険性がこれ以上ないほど明白になった。
 前出の村田さんは外交官時代も原発に象徴される経済至上主義からの脱却を唱えてきた。いま「最悪シナリオ」は何としても食い止めなければと訴える。6月9日には札幌で講演する。
 2012・5・13


◆出典:北海道新聞 2012年5月13日付朝刊「異聞風聞」より

※当記事は北海道新聞の公式サイトにないが、以下ブログが切り抜きを画像紹介している。
http://ocky.blog129.fc2.com/blog-entry-746.html
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-249.html
http://kurionet.web.fc2.com/hokkaido20120513.html




=========================================================
◎いま一番怖い福島原発4号機―むき出し燃料プール崩壊なら首都壊滅

(J-CASTニュース) 
いま一番怖い福島原発4号機―むき出し燃料プール崩壊なら首都壊滅
http://www.j-cast.com/tv/2012/05/16132192.html?p=all
2012/5/16 10:03 テレビウォッチ ワイドショー通信簿 朝ズバッ! J-CAST


なにやら東京電力福島第一原発の事故原子炉はこのところ落ち着いているようなことになっているが、実態は4号機の危険はむしろ高まっているのだという。米国の著名な原子力技術者アーニー・ガンダーセン氏はこう警告しているのだ。

「私は大変危険な状態にあると考えています。地震と津波、さらに隣の3号機の爆発で4号機建屋の外壁は吹き飛び、鉄筋が剥き出しになっています。日本政府と東京電力はこのことを正しく認識していない。
放射能が飛散すれば、その範囲は首都圏まで及び、4000万人以上の人が避難しなければならない。人類史上、最悪の事態になる」

■稼働原子炉の2・8倍の核燃料棒1500本

4号機の燃料プールに入っている使用済み燃料棒は1500本以上で、稼働原子炉で使用される2.8倍の量だ。京都大学の小出裕章助教は「地震で燃料プールが破壊され燃料棒が剥き出しになれば、広島型原爆の4000倍から5000倍の放射能が飛散する」と言う。

これに対し、東京電力は4月26日(2012年)から、自社のホームページで「4号機は補修工事が行われており、危険性はありません」と安全宣言をしている。しかし、どんな補修がされたのかは詳しく触れておらず、井上貴博アナは「プールの底が抜ければ燃料棒は溶融を起こし、メルトダウンが起きます」と伝えた。

■高放射線で取り出しクレーン設置困難

なぜ4号機対策が手こずっているのか。燃料プールから燃料棒を取り出すことが容易ではないからだ。小出助教はこう解説した。

「燃料棒取り出しのためのクレーンが破壊され、新しいのと交換しなければなりませが、高放射線の中でこのクレーンをどうやって設置するかが問題です。また、燃料棒の取り出しはキャストと呼ばれる筒の中に燃料棒を入れるのですが、必ず水中でやらなければいけない。空気に触れると周囲の人間がバタバタと死ぬぐらいの放射線が出ます」

コメンテーターの片山善博(前総務相)は「政府は昨年、原子炉は冷温停止状態になったと事故の収束宣言を出しました。東電がホームページでたった1行安全宣言を出したからといって、責任を免れることはで来ません。国民にきちんと説明する義務がありますよ」

福島原発が再び地震・津波に襲われる怖さもあるが、つくば市を襲ったような巨大竜巻が通過する可能性も考えなくてはならない。



=========================================================
Fri.2012.05.04 http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1255.html
原発・放射能
国内外のNGO連合が国連に4号機収束へ緊急要望書を作成


※↑これは書簡ではなく、世界中に告知されている連合の署名活動に関するリリース。



市民組織連合が4号機の使用済み燃料を安定させる国連の介入を求める緊急要望書を送る
Press Release: Coalition Sends Urgent Request for UN Intervention to
Stabilize the Fukushima Unit 4 Spent Nuclear Fuel

Fukushima Updateの2012年5月2日即日発表(プレスリリース)の記事です。

---------------------------------------------------------------

京都:4月30日

福島第一原発4号機の使用済み燃料を安定化させるため、ただちに緊急アクションを起こすよう、Shut泊(北海道札幌市:代表 泉かおり氏)が音頭をとって、72のNGO組織と環境NGO・グリーンアクション(代表 アイリーン・美緒子・スミス氏)が、国連と日本政府に緊急の要望書を送りました。

その書簡は、日本、及び海外のエキスパートたちによって承認されています。

書簡では、4号機の使用済み燃料プールには、チェルノブイリ原発事故の時に放出された総量の10倍ものセシウム137があることが警告されています。

もし地震や、他の出来事が起こることによって、プールから水が排出してしまった場合、破滅的な放射能火災を起こすことになります。

この書簡は、福島第一原発の使用済み燃料プールが抱えている重大な問題を取り上げてくれるよう、核安全サミットの組織化を国連に強く促すものです。

国連が、福島第一原発4号機について独立した評価チームを確立し、使用済み燃料を完全に安定化させ、破滅的な事態に至ることのないように、国際的な支援を取り付けるべきであると書かれています。

この書簡は、国連事務局長・バン・ギムン(潘基文)氏、および野田佳彦首相の両方のもとへ送られました。
日本は国連の支援をただちに求めるべきであると要求しています。

福島第一原発にある10,893本の燃料集合体のほぼ全部が、次の地震に対して不安定な状態でプールの中に収められています。
それは、チェルノブイリ事故のときに放出された放射能より長寿命の放射能で、その量はおよそチェルノブイリの85倍にもなるのです。

Shut泊の代表、泉かおり氏は、「福島第一の問題は、もはや日本だけの問題ではなく、国際的な問題になっている」と述べています。

「また、日本政府と国際社会は、手遅れになる前に、このクライシスに向けて協働することは、ぜひとも果たさなければならないことだ」とも述べています。

アーニー・ガンダーセン氏、ロバート・アルバレス氏、小出裕章氏、後藤政志氏、元駐スイス大使の村田光平氏、そして、元国連の外交官、松村昭雄氏らアメリカと日本の核の専門家たちは、4号機の使用済み燃料プールが高いリスクにさらされていると、継続して警告してきましたし、今もそうです。

Shut泊とグリーンアクションは、海外の市民組織からも(署名による)承認を求めています。
(署名の締め切りは5月20日)

この日本の72の組織に加えて、より多くの日本の市民組織が、署名してくれるものと思われます。
(署名の締め切りは5月20日)


--------------------------------------------------------------------------------

管理人:

この連合の活動は、すでに野田佳彦、核廃絶に向けて活動している国連事務総長のバン・ギムン(潘基文)氏に書簡を送っています。

次は、国連に送るための書簡を準備するために、この考えに賛同してくれる市民組織に広く告知し、国内外から署名してくれる市民組織を募っている、というもの。

この署名活動は、NGOなどの市民組織単位での署名を集めるもので、国内だけでなく、海外の市民組織へも呼びかけているようです。

戦後、最悪にして最凶、完全無責任の野田内閣は、ここに名前が挙がっている国内外の脱原発派の専門家たちの警告に耳を傾けなかったどころか、一切の科学的知見をも無視して、冷温停止(状態)宣言、収束宣言をしてしまったので、野田は、今後も4号機使用済み燃料プールの対応については東電に任せきりで知らん振りし続けるでしょう。

それなら、さらに外圧を利用するためには、国連に4号機問題が全世界的なカタストロフィーを招く可能性を訴え、まったく利益相反とは無縁の国際的な専門家チームが、この問題に当たるほかありません。

「国連が日本の原発再稼動に裏書きを与えている」と見ている米メディアもあるのですが、アメリカの上院議員も動き出したので、近々、さらに具体的な動きが出てくるものと思われます。

国連も一枚岩ではない、ということです。

日本のチンドン屋内閣が、世界をカタストロフィーに引きずり込むことのないよう、本格的な対策が講じられるまで巨大な地震が起きないように願うしかない国民は、なんと情けないのでしょう。

国民は、このデタラメ内閣が、今度は何をしでかすか、戦々恐々とうかがっているのです。まさに国民は二重苦、三重苦に喘いでいます。

この活動の中心的役割を果たしている、 泉かおり氏(Shut泊代表)、アイリーン・美緒子・スミス氏(グリーンアクション代表)の行動力には日本中、世界中の人々が注目してほしいと思います。

海外のメディアでは、こうした動きもネット上に、ちゃんと上がってくるのですが、日本のメディアの連中は、精神薄弱ですから、取り上げられることは期待薄です。

一生の間に、大マスコミ人として、一度たりとも自分らしい仕事ができないまま、リタイアしていく人のなんと多いことか。
まったく絶望的に気の毒な人々です。


=========================================================


Thu.2012.04.19

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1232.html

原発・放射能
◎カタストロフィー回避のためにアメリカの議員が動き出した

米上院エネルギー委員会の有力メンバー、ロン・ワイデン議員(U.S. Senator Ron
Wyden)
画像は、independentaustralia.net(18 April, 2012)の記事から拝借。

「福島第一原発事故収束に向けて、日本には緊急援助が必要だ」




--------------------------------------------------------------------------------

「日本の動きは遅すぎる。米国はスピードアップに向けた支援をすべきだ」

福島第一原発4号機の使用済み燃料プールのカタストロフィーを回避するために、世界中が動き出しました。

まず、アメリカの国会議員が動き出しました。
そして、カナダで。そして次々と。
ウォールストリート・ジャーナルが報告しています。



カナダの有名サイトは、世界的な世論喚起を呼びかけている

カナダの有名な独立系情報サイト(ときに陰謀暴露も)globalresearch.caでは、この記事をブログやtwitterで広めるよう薦めています。

4号機プールは、人類にとって最も大きな脅威
The Greatest Single Threat to Humanity: Fuel Pool Number 4

後日、私たちは、3.11の地震後、もっとも大きな脅威になっているのは、福島第一原発の原子炉そのものではなく、4号機の燃料プールに格納されている使用済み燃料であることに注目してくれるよう促してきました。

これを見てください。2月に記した記事です。

科学者たちは、今年中(2012年内)に、マグニチュード7.0の地震が福島を襲う確率は70%であると言っています。

また、今後3年以内にそれが起きる確率は98%に達するとも言っています。

核の専門家であるアーニー・ガンダーセン氏は、もしマグニチュード7.0、あるいはもっと大きな地震が起きれば、使用済み燃料プールの構造物全体が崩壊する可能性があると言っているように、4号機の使用済み燃料プールを収容している構造物を安定化させるためには、人類ができることはすべてやるということは焦眉の急なのです。

東電は、4号機建屋では、何がしかの構造物を造っています。
非常に困難な環境下で、それは時間との勝負です。
願わくば、東電にその勝負に勝って欲しい。

APは、このように指摘しています。

4号機の使用済み燃料プールの崩壊は、他の3つの原子炉がメルトダウンするよりもっと悪い災害を引き起こすことなるので、専門家にとっては、4号機が構造的に完全な状態にあるかどうかが、長い間の主な関心ごとになっている。

アーニー・ガンダーセン氏(以前は、使用済み燃料プールも建造していた専門家)は、

「プールの中の放射性燃料には、何の覆いも保護もされていない。
もし、4号機の使用済み燃料プールが地震によって崩壊した場合、人々は日本から脱出すべきだ。
そして、アメリカやカナダの西海岸に住んでいる人たちは、すべての窓を閉めて、しぱらの間、家の中にこもっていなければならない」
と説明しています。

見たところ、4号機の使用済み燃料プールは、十分な形を成してしません。

去年3月のマグニチュード9.0の地震以来、福島地方では 数え切れないくらいの地震が起こりました。

ドイツZDFテレビは、核技術者のナカ・ユキテル氏が、このように語っているのを伝えています。

「別の地震が起これば、4号機建屋は崩壊する可能性がある。
また、別の連鎖反応が、高い確率で起きるだろう」。
(4号機は他の放射性廃棄物と同様にプルトニウムも含んでいる)

月曜日の毎日新聞は、以下のように報道している。


「4号機建屋の貯蔵プールには、合計1535本の核燃料棒が収められており、その重量は460トンになる。

原子炉建屋は7階の構造で、それ自体が大きな損傷を受けおり、貯蔵プールのある3階、4階部分はむき出しの状態になっている。
すでに屋根が吹き飛ばされている。

貯蔵プールが壊れて水がない状態になれば、中にある核燃料が過熱して爆発を起こし、大量の放射性物質が広い範囲に拡散してしまうだろう。

米国原子力規制委員会(NRC)およびフランスの核エネルギー会社アレヴァは、ともにこの危険について警告している。

福島第一原発・事故調査委員会が2月に発表した報告の中では、『4号機の貯蔵プールは、核災害の並行的、連鎖的危機において、明らかに“弱いつながり”があることが示されている』と述べられている。

政府によった描かれた『最悪のシナリオ』(管理人:菅直人首相の指示で、近藤駿介・原子力委員長によって事故発生2週間後の3月25日に作成された)には、4号機プールの崩壊だけでなく、他のすべての原子炉の使用済み燃料が崩壊した場合も想定の内に入れられている。

万が一、これが起これば、東京を中心とする首都圏の住民は、避難を余儀なくされるだろう。

元国交大臣の馬淵澄夫氏(震災発生直後、菅直人総理によって、内閣総理大臣補佐官に任命された)は、チェルノブイリで行われたように、4号機原子炉の下側から、燃料プールの底の方までを、コンクリート注入して固めることを提案している。

【詳細記事】4号機の使用済み燃料プールにいる作業員たち

そのときの状況に通じている、ある(日本の)政府筋の人間が、このように語っています。

「海水が原子炉内に送り込まれていたので、コンクリートの腐食と強度劣化により、構造物の健全性は疑わしかった。
その上、(東電の)耐震性の計算についても、同じように疑わしかった」。

燃料棒の取出しには、少なくとも3年はかかるでしょう。
そんなに長く、この構造が保たれるでしょうか?

テレビ朝日は、先月の放送で、「もし、地震や漏水などによって4号機のプールにヒビ割れができれば、そのときは東京は終わりになるだろう」と言っています。


※ケヴィン・カンプは、RTで先月、このように述べています。

「4号機の貯蔵プール、これはプールも含めて建屋全体が傾いています。
プールの床が抜けたり、ひっくり返ったりしないように、プールの真下にスクリュー・ジャッキをあてて、下から支えられている。

もし、冷却水が失われれば、火災が発生するまで、わずか数時間の猶予しかないだろう。

そうすれば、放射性物質は環境中に放出され、セシウム137の100%が放出されるかもしれない」。


※ケヴィン・カンプ:
原子力、核兵器の廃絶を目指して活動しているBeyond Nuclearのメンバーの一人。メディアへの露出の多い著名人。



globalresearch.caの編集者からのメッセージ

世界は重大な岐路に立たされています。
日本における危機は「戦争のない核戦争」と評されています。

日本のチームを支持して、有効な処置を講ずることができるように、世界中の世論を喚起してください。
言葉を発してください。このレポートを広めてください。
フェースブックにポストしてください。

切迫した大災害を回避するのに必要な処置をすべて講ずるために、政府のすべてのレベルに対してプレッシャーをかけ、国の内外にアクションを起こすよう喚起してください。


--------------------------------------------------------------------------------

日本の外では、4号機問題について、世界的な世論となりつつある。すでに、これは国際社会の問題になっている

東電の記者発表には、まだ嘘が織りまぜられています。

そして、責任ある立場の人間は、現場に足を運ぶことなく、未だに机の上で、あちこちから持ってきた係数をかけたり、割ったり愚にもつかない仕事どころか、単なるママゴト遊びをやっているのです。

その結果、出てきた数字が、「4号機建屋の耐震強度は、3.11地震発生後の2割増しになったという計算結果」なのです。

では、地震が起きる前の耐震強度と地震後の耐震強度と、どれくらい差ができたのかは説明しないのです。
これが東電文学。
不気味な隠蔽体質が根底に流れている東電独特の企業風土が生み出した“控えめな表現で真実を隠す、誠に麗しき文学”なのです。

大新聞の記者たちも不勉強なので、それ以上、突っ込んで質問できません。東電は、こうした馬鹿な記者たちに助けられてきました。

いずれにしても、東電は、まだ嘘を言っているのです。
彼らは、間違いなく精神病に罹っています。もともと社会的な適応能力が欠けている人々なのです。

そんな人間たちが原発を動かしているのですから、なんとも恐ろしい国です。

元国交大臣の馬淵澄夫議員は、自身のブログで公表しているとおり、4号機の耐震性については早くから懸念を持っていました。

しかし、彼は官邸に巣くう悪魔的な連中から情報をブロックされ、福島第一原発の情報を与えられなかったのです。

馬淵議員は、民主党の代表選に立候補しました。
自分のためにしか泣けない男、海江田か馬淵か、と有権者は思っていたでしょう。

テレビに出演している老害政治評論家たちも、「馬淵がバランス感覚に優れている」と上々の前評判でした。

しかし、最後になって、ドジョウの野田が唐突に立候補したのです。これは有権者にとって意外でした。
「まさか、野田が、その器じゃないだろ」が世間の見方でした。

投票の結果、馬淵議員は民主党代表選挙で5候補中最少の24票しか得票できなかったのです。
摩訶不思議なことが起こったのです。

民主党代表選に臨んで、馬淵議員は、「党代表、首相になればすぐに見直し、東電の法的整理に踏み込む」と言明していました。

そして、テレビの報道番組では、「復興増税に反対、原発事故には国の責任で対応する」と強く主張していました。

これが日本を支配している経団連、原発ヤクザ組織である電事連の逆鱗に触れたのでしょう。
何の能力もないが、彼らに従順な野田を民主党の代表に据えたのです。

彼は、中身もよくわからずとも、経団連の米倉会長に言われるままTPPにまい進し、電力会社の飼い犬よろしく、東電を存命させ、仙谷由人を次期東電社長に据えるべく、東奔西走しているのですから、まったく滑稽な男です。

こうして菅直人と、実務家であり実践派の馬淵澄夫議員は、原発事故収束の現場から排除されたのです。

その功労者の一人が、“民主党の山本一太”、原口一博でした。彼は利用されたのです。

相変わらず無知な男です。

それだけ、民主党の議員は、電事連、電力総連に骨抜きにされているという証左でもあります。
もっとも、原発マネーの、ぬるま湯に浸かりっ放しの自民党の議員より、若干マシかもしれません。

そして、菅直人の次に、東電問題、(形式的に)福島第一原発事故収束に当たったのが、仙谷由人と枝野幸男、細野豪志の3人だったのです。

細野豪志は、松本剛明、原口一博と並んで「民主党のゴマスリ三人衆」と週刊誌に揶揄されるほど世渡り上手。
次は仙谷と、親分がコロコロ代わっても、うまく立ち回っていけるのです。

彼らの「被災者への補償額を減らしたい」という利害と、「住民から徴収する住民税、国からの地方交付税を減らしたくない」という福島県知事の利害とが一致し、福島の住人たちの自主避難を阻み、子どもたちを被曝させたままにしているのです。

彼らは、間違いなく犯罪者であり、将来の大量殺人者であることは世界のメディアが書きたてていることです。

さて、国立大学で土木工学を学んだ馬淵議員は、菅直人に首相補佐官に任命され、早い段階から4号機の構造的脆弱性を危惧していました。

そして、とうとう福島第一原発4号機建屋内に入って、自分の目で状況を確かめたのです。

国会議員で福島第一原発の原子炉建屋に入ったのは、馬淵議員ただひとりです。

彼は、押しつぶされそうな恐怖を感じました」と述懐しています。





馬淵:
理由は二つあります
第一に菅総理 から原発対応の首相補佐官に任命され、国会議員でただ一人、福島第一原発4号機の建屋内に入ったことです。

補佐官となって、すぐに陸海空で漏れ出る放射性 物質の封じ込めと4号機の耐震補強工事を命じました。

大きな余震で、4号機の核燃料プールが崩れたら、再臨界もありうる。
恐るべき状況でした。

他の工事は 無線でリモート化できたけど、4号機燃料プールの耐震補強は、高線量下の有人作業が避けられませんでした。これには判断に、もの凄く苦しみました。
でも、 やんなきゃいけない。

要員確保も難しい短サイクルタイムでの作業にゴーを出した。そして工事の現認のため昨年6月11日、4号機建屋に入ったんです。
彼が、引き続き福島第一原発事故収束に当たっていたら、今頃、事態は大きく変わっていたでしょう。

ひょっとしたら、日経平均も暴騰していたかもしれません。

彼は、世界の何人かの学者が言っているように、「4号機プールの下側にたくさんのスティールを入れて、すべてコンクリートで固める」という案を早くから出しています。

しかし、「冷温停止・収束宣言」を野田に言わせたかった人形師たちが、馬淵議員の排除工作を行い、代わりに毒にも薬にもならず、空気のような精神論を毎日垂れ流す野田と枝野をあてがったのです。

世界を破滅させる政治家がいるとすれば、それはチーム仙谷の妖怪議員たちでしょう。

そして、日本の経済、世界の経済を再起不能の大混乱に陥れるとすれば、原子力戦隊・スイシンジャーの面々と、原子力ムラの人々でしょう。

今、世界的に大きな世論が起こりつつあります。
それは、本当に人類のDNAに関わることです。

日本の大マスコミは、またまた一切、報道しません。

このままでは、彼ら自身も、そして彼らの家族も致命的な被曝に晒すことになるというのに、まったく頭の中がお花畑な人々です。

私たちは、心あるマスコミの人々に訴えかけるべきです。
そして世論を形成すべきです。

古館一郎、吉田照美、愛川欽也、テレビ朝日の玉川 徹。そして、もっとも大きな功労者・たね蒔きジャーナルのスタッフさんたち。
その他の優秀なフリー・ジャーナリストたち。

上のような人々でなくても結構。自分がシンパシーを感じるマスコミの人々に、メールを送ってみてください。
たった1行の励ましでもいいのです。


元国連職員の松村昭雄氏が働きかけているように、どこの誰からも指図を受けず、すべての企業と利害関係を持たない世界的な専門家チームを、早く構成すべきです。

そして、東電の壊れかけたソロバンではじき出したようなインチキ耐震偽装ではなく、科学的で正確な構造評価を与え、もっとも有効な工程表を作るべきです。

あらゆる方面で特措法を活用し、まず知事を更迭し、万一の事態が起こった場合に備えて、自主避難の時間さえない原発立地周辺の人々を強制的に避難させるべきです。

福島の住民の意向を一人一人斟酌していたら間に合わなくなるでしょう。
まずは住まいの安全、食べ物の安全確保が何より先決です。

その際、自衛隊の出動を要請することも視野に入れる必要も出てくるかもしれません。

現状は、もうそんな差し迫ったところまできているのです。

国会で、いつも足を組んでいる自称「暴走族出身」の安住淳財務大臣が、万年金欠病のIMFに気前よく5兆円を投げ出そうとしています。
経団連に言われるまま、原発輸出相手国に半ばバーターとばかり、大枚のODAを拠出する野田佳彦。

福島の被災者と、その隣県の被災者を避難させるなど、その数十分の一の予算で事足りるでしょうに。
後々を考えたら、はるかにそのほうが経済効果は大きいのです。

まったく子ども同然の政治家たち。
自殺する日本人。無関心な日本人。

情けないことですが、世界の目から見たら、私たちは、そのように映っているのです。報道されないから知らないだけです。

外国メディアが言っているように、小出助教が言っているように、本当に日本は「戦争のない核戦争」の最中にあるのです。

=========================================================



◎(要確認)ロシアが驚愕した日本政府の4千万人避難計画
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/880.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2012 年 4 月 17 日 15:08:30: FpBksTgsjX9Gw
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/880.html

http://www.eutimes.net/2012/04/russia-stunned-after-japanese-plan-to-evacuate-40-million-revealed/

(日本語訳)

来週と再来週に千島列島の領有について日本と協議を再開するにあたり、
ロシア外務省が用意した新報告書がクレムリンで回覧されている。

その報告書によると、日本の外務省から伝えられた以下の情報にロシア側は驚愕したという。
その内容とは、4千万人以上の日本人が放射能の毒性により「極めて危険な」状況下にあり、
世界最大の都市東京を含め、東日本の大半の都市から強制的に避難させられる状況に直面している。

千島列島はロシアのサハリン州にあり、北海道北東部からロシアのカムチャッカまで約1300キロに渡り
広がり、オホーツク海と北太平洋を分けている。56の島々と多くの小島がある。
大クリル列島と小クリル列島を含み、すべて第2次世界大戦末期に日本から獲得したものである。

2011年3月11日の東北大震災と津波により福島第一原発で起きた一連の機能喪失、炉心溶融、
放射性物質放出の災禍の結果として、数千万人の日本人が極めて危険な状況に晒されている。

この報告書によれば、日本の外交官はロシア側にこう語ったという。
千島列島の日本への返還は緊要な問題である。なぜならば、日本にはこれほどの人間を

移住させる土地はないからだ。これは、かつてソ連においてスターリンが数千万のロシア人を
極東に強制移住させた1930年代以来、最大の大量移住となるだろう、と。

さらに重要な点であるが、日本の外交筋はロシア側にこうも語ったと報告書は述べている。
数千万人の日本人を中国の「ゴースト・シティーズ」に移住させるという中国の申し出も、
我々は真剣に検討している、と。
この「ゴースト・シティーズ」は、よくわからない目的で建設されたもので、
ロンドン・デイリー・メール・ニューズ・サービスが2010年12月18日に次のタイトルで報じている。

==== 中国のゴースト・タウンズ:放置された数百万人都市群を衛星写真が捉えた===============
これらの衛星写真が捉えた驚くべき都市群は、中国のへき地に建設され完成後何年も放置されたままだ。
入念に作られた公共ビルやオープン・スペースは全く使われておらず。共産党本部の政府関係車両が
散見されるだけだ。一説によると空家は6400万世帯もあると言われ、さらに毎年20以上の都市が
中国の広大な土地に建設されているということだ。
===============================================================================

この報告書の中で、外交専門家たちは、日本が中国の申し出を受け入れれば、
両国は歴史上最大の超大国になり、経済は米国や欧州共同体を合わせたよりも
大きく、また2億人を越す連合軍ができるだろうと述べている。

日本の悲惨な状況については、最近、日本の外交官である松村昭雄氏が述べており、
福島原発の災禍は、地球上の生命すべてを絶滅させるほどの事件に発展しうると
警告している。

ソース:プリズン・プラネット・ニューズ・サービス

(以下略)

======(コメント)======================================

ソースはアレックス・ジョーンズのプリズン・プラネットです。
ショッキングで、にわかには信じられない内容ですが、判断は各自におまかせします。


どう考えても千島列島に大量の移民ができるわけがなく、これは福島事故を理由にして、

領土返還を迫る日本政府の戦略でしょう。

あるいは日本人のシベリア入植についての協議もすでに行なわれているのかも知れません。

中国のゴースト・シティについてはここが参考になります。

中国・内モンゴルの「オルドス」
http://oka-jp.seesaa.net/article/174387247.html
http://daisukeh.tumblr.com/post/346916794

GDP成長を目的に政府主導で建設されたようです。
不動産の買い手は大半は投資目的で、住んでいないということです。

祖国から遠く離れて砂漠の中の都市に住む自分を想像できますか?
移住するぐらいなら、被曝に苦しんでも日本にいたいという人が大半ではないでしょうか?

政府にとっては移民ではなく棄民です。国民を棄てないと国家としてこの先やっていけない。
喜んで棄民になる人はいませんから、そうせざるを得ないように仕向けるでしょう。

まずは国内の移動・引越しを禁止する、あるいは高額の課税をする。
次に福一での収拾作業、除染作業を義務化する。移民に応じる人には免除する。
移住先を用意してやったのだから、健康被害も含めて補償、損害賠償には一切応じない。

そんなふうにして、とくに貧困層をターゲットにして移住に追い込んでいくのではないでしょうか。

残念ながら日本が国家として崩壊寸前にあるという事実は否定しようがなく、
これから想像も出来なかったことが次々に起こるような気がします。

=================================
 



コメント
01. 2012年5月19日 01:06:31 : rWmc8odQao
「空気に触れると周囲の人間がバタバタと死ぬぐらいの放射線が出ます」
米国の専門家
「人類全体に差し迫った危機です。もし福島の燃料プールが倒壊したら、人々は日本を脱出しなければならず、(太平洋を隔てた)米国やカナダの西海岸でも(放射能を避けて)屋内退避することになるでしょう」
http://kurionet.web.fc2.com/hokkaido20120513.html

トンデモナイ…日本終了です。


02. 2012年5月19日 01:09:19 : rWmc8odQao
川内博史氏
「福一4号機燃料プ-ル、直下型地震によるマグニチュ-ドとガル数の関係について、来週金曜日に計算結果をいただくことになった。」
https://twitter.com/#!/kawauchihiroshi/status/203512361309585408
お願いばかりで申し訳ないが、なんとかしてください。


03. 2012年5月19日 01:54:58 : 3456CzQPMc
この国は4号機が崩壊して放射能大放出になっても、がんばろう、風評被害、ただちに問題はない、とか言って、バラエティとお笑いとスポーツ中継を流して、愚民もそれで納得して思考停止になって、死ぬまで日常を演出し続けると思うよ。

04. 2012年5月19日 03:38:29 : WDXVTlrXQw
04さんへ
それが「国体」の維持のつもりなのでしょう、 綻びだらけな事態を何とか平常に戻りつつあるかのように見せかける事に必死です。

05. 2012年5月19日 06:38:01 : FpVPO6YryM
頭が真っ白になっています…。

06. 2012年5月19日 07:00:26 : bXXBWa0NdU
>>03
>バラエティとお笑いとスポーツ中継を流して、愚民もそれで納得して思考停止になって、死ぬまで日常を演出し続けると思うよ。
それも数日で放送できなくなって、砂嵐になるだろう。電力の供給はその前に止まるかも。水道も停止。人間が生きていけない以上ペットは殺される。保健所から医師が
いなくなるので自分で殺さなくてはならない。動物園の動物は避難前に薬殺される。
刑務所の囚人はどうなるのだろう。重病患者は放置される。

食料は備蓄のある家以外、すぐになくなるだろう。災害時の配給はいつまで待っても
ない。避難自体禁止される。バリケードで道路は閉鎖される。もちろん海外への逃避
など一握りの特権階層しかできない。運がよければ、国民の食料暴動などを防ぐため
国が配布する自殺薬を手にいれられるだろう。早く死ねというわけだ。

飢餓状態では、かって戦争時のガダルカナルで人肉食が起きたように、おそろしい
ことがおこる。ガダルカナルではちょっとの油断も命取りだったそうだ。一部兵士は
ガダルカナルでは撤退できたが、歩けない兵士は仲間に殺された。万に一つの幸運で
生き残った兵士は、米軍につかまり、一列に地面に並べられ戦車でひき殺された

そうだ(wikipedia参照)。


07. 2012年5月19日 10:17:53 : jwZseyC1dQ
日刊ゲンダイに竜巻が4号炉を直撃する危険性を指摘した記事が掲載されていた

現実この春風が強い
竜巻でなくとも汚染物が成層圏まで巻き上げられている可能性が高い

08. 2012年5月19日 11:23:16 : 8ErxD2nlTg
>地震によって両原発とも、地盤が最大50~65センチ沈下したとの結果もまとめた。
http://www.mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110709k0000m040098000c.html (削除されている)
http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/155.html#c2
その外 東京新聞2011年7月9日の記事を基にして
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4363c.html
>、福島第一・第二原発は50 ~ 65 cmの地盤沈下、という状況である。
http://www.nagaokauniv.ac.jp/m-center/chiken/pdf/vol_21/031_harada.pdf
地盤沈下を認めながら安全宣言。変です。




09. 2012年5月20日 02:28:53 : bv6eDeDlJo
あの、みのもんたの番組でここまで4号機の危険性についてオンエアしたということでしょうか?
ネットでは常識でも首都圏の地価下落等、副作用もある訳ですから。地上波で扱い出したということは、
副作用を覚悟で国民に周知する必要性を当局が判断しつつかるのかも知れません。

何だか嫌な感じですね。


10. 2012年5月20日 02:50:47 : QApM3Z06yg
原発再稼働を許可した人間、放射能が安全だと言う人間、こいつ等を強制的にふくいちへ放り込もうじゃないか。
放射能が配管から漏れてるとわかってるのに、許可したのなら、許可した人間がすべて処理すべきだ。

細野豪志、橋下徹を、野田佳彦を、原発へ放り込め。


11. 2012年5月20日 03:04:52 : 4iYcr7fxJA
>>09
>あの、みのもんたの番組でここまで4号機の危険性についてオンエアしたということでしょうか?
膨大な健康被害の情報も官僚、政府の耳に入っているようです。古賀茂明氏がTV
タックルで明かしていました。国民にショックを与えないように小出しにしなければ
ならなくなったのでしょう。


12. ゆうり 2012年5月20日 03:32:26 : 3a8I1soSwx/Sc : Y2eHWbgUdE
恐ろしすぎです。鳥肌が・・・
この国はいつも重大なことをおろそかにしている。
震災直後も、風向きでどの方向に放射性物質が流れるか予測できたのに、混乱を招くからと被災者たちに伝えない。人として正義や倫理はないのかと思う。
国の体裁とか気にしてる場合じゃないんだから、地球中の賢者にSOSを泣き叫んで、4号機の対処を行っているのだろうか??それとも手に負えない財政赤字と高齢社会だから、日本が終わってもいいと思っているのか?
万が一のときは政治家たちはジェットで海外に逃げるんでしょうが・・
私はどこにSOSを出せばいいでしょうか?
私たちが騒げば、日本は余計に真実を隠すのでしょうか?
でも、このままじゃいけない気がする。

13. 弓月 2012年5月20日 04:11:59 : jSaMV/aR9adfc : DFSzDcwq6A
東京都港区の某著名公立小学校ですが、1割の外国に縁のある生徒や資産家系の児童は、海外移住しました。沖縄に逃げた生徒もいます。官僚や日銀の子弟たちも、いざとなれば避難先がある様子。
資産家はすでに逃亡してます
貧乏でも仕事や家族のしがらみのないものから、西日本に移住をしています。

まあ、予想できた状況ですが、避難のタイミングですよね、一斉にアナウンスされたら鉄道も道路もパニックになるし。


先に逃げた知人からは、ガソリンがなくなるから、車の動くうちに移動しとけ
と、かなり真剣にいわれますが、なかなかすぐには踏ん切りがつかないですよね。



でもまだ私は岡山方面が実家ですむところがある。
縁がないひとはどうするのでしょう? 

政府もとりあえず、移動させることでいっぱいで、生活支援、仕事の確保とか、まず無理でしょうし。だいたい大阪臨時首都あたりも、安全である保証もないし・・・・首都の土地は売れないだろうなぁ・・・ていうか、報道が出始めているなら、すでに売却が開始されてる?


いざクライシスになれば、良くも悪くも、歴史的転換期にもなるでしょう。
東日本汚染地帯には、自衛隊が駐留できるのか?
国連は介入してくるのか?
在日米軍は退去するだろうから、まあ、軍事独立のチャンスでもありますけどね。w




14. 2012年5月20日 08:58:44 : ykAuSiJdf2
今更ですが、「ビートたけし」は、東電から毒まんじゅうをもらって、新潮45と言う雑誌で、
原発はしっかり出来ていて安全だから、大地震の際には原発に逃げ込むのが一番安全と書いています。
彼に、作業してもらったらどうでしょうか?


15. 2012年5月20日 12:47:48 : FOgl58n5fA
妄想だけど福島原発を日本官僚政治家が保身だけで扱って、また福島原発で大事故が起きた場合、東日本の在日米軍は撤退し国連軍、外国連合軍が介入してくるかも



16. 2012年5月20日 13:03:20 : H4EiVyNZmY
昨年以降 時間の経過ともに日本経済ががたがたと壊れてきてもう完全にダメになったな。今年の冬までにどれだけの人がさらに失業するのだろう。大量餓死も発生しそうな勢いで庶民の財布はもはやカラカラだね。

17. 2012年5月20日 14:26:55 : FEC1zKK4NY
このような、世界的異常事態の危機にある4号機の解決は国がすべきだ。
問題は、役人は何でも丸投げなので、役人がやったところで、東電に丸投げ
になるということだろう。
なにしろ役人ベッタリの野田政権であることが、致命的だ。


18. 2012年5月20日 15:59:20 : cZAyJJaGzM
もう次の選挙では入れない、などと言っている場合なのだろうか?
国民が数えきれない数のデモをしても平然と無視する政権。
この事態をかかえたまま原発を再稼働させるという狂気。
たぶん国民が血を流すようなことがあっても、黙殺するだろう!
今決然と起ってくれる政治家はいないのか?!


19. 2012年5月20日 16:01:33 : Y7ckvLGYMI
むき出し燃料プール崩壊に近い状態なら、なぜ今の放射能の量が上がらないかを

考えた方が良い。
なぜ、イスラエルの管理会社が日本の原発を管理しているのか。
震災後に、なぜイスラエルの医療班だけが、日本国内での医療行為を許されたのか。

3.11大震災の公式発表には嘘が多い。
大震災前に燃料棒が抜き取られていた、自作自演の原発事故だから、
京大教授が唱えたレベルの「メルトダウン」による壊滅的被害が出ないのである。


阿修羅掲示板は反原発主義から、この原発放射能問題ではデマ発信地なので
政治板に良い事が書いてあるので、放射能問題も全部信じていると
コロッと「オレオレ詐欺」に騙されてしまう、老人レベルのカモにされるので、

3.11原発事故の仮説と放射能汚染が軽微な理由は
リチャード・コシミズ氏のブログで解説されているので、阿修羅・投稿者発信の

「スーパーフレア」も煽る、怪しい京大教授らに騙されないように、
セカンド・オピニオンを参考にして、どちらが納得できるか「真実」を探しましょう。

ちなみに、放射能汚染問題を煽って、日本経済に打撃を与えたいのが、
ユダヤ金融資本・戦争大好き・アメリカ乗っ取り操りの黒幕達の考えなので、
日本ではエセ右翼・統一教会が「放射能デマ」を流しているので、
懸命な阿修羅の住人や新人さんは、阿修羅での投稿・一定の拍手の量を見て
簡単に騙されないようにしましょう。 管理人も困ったもので、
放射能安全はの論客の投稿を目立った場所に投稿させない制限をしています。

その為、放射能デマが目立つ構造になっている。
疑問に思う人は、副島隆彦(そえじまたかひこ)さんのブログも参考されたし。


>福島原発4号機―むき出し燃料プール崩壊

ただ、4号機への警告はアメリカ人さんの偉い人が、悪徳TBSの「朝ズバ」でも
警鐘をならしていたので、「犯行予告」と捉えて警戒した方がよい側面もあります。
世界経済の混乱に乗じて、日本で核爆弾を炸裂させる計画もある。
ベンジャミン・フルフォード氏のブログも読んでいた方が良いだろう。

放射能の不安を煽る文章を書くと、お金が貰えるバイトがあるので、騙されないよに。

http://www.asyura.us ←阿修羅の拍手ランキングのURL。なぜにUS。アメリカ?
・・・という事も考えてみましょう。


20. 2012年5月20日 16:18:45 : cZAyJJaGzM
>>19
・・・・本当に?膝から力が抜けた・・・・誰を、何を信じたらいいのか・・・・


21. 2012年5月20日 19:16:31 : ykAuSiJdf2
バカだね。
ニュースを全然読んでいないじゃん。
>むき出し燃料プール崩壊に近い状態なら、なぜ今の放射能の量が上がらないかを
考えた方が良い。

むき出し燃料プール崩壊に近い状態なら・・・
まだ崩壊していないので、(プールの水に浸っているので)今の今は放射能レベルが首都圏を脅かすまで上がっていない。

心配しているのは、あの状態で震度7、8クラスの地震がありプールが壊れるか、クラックが入り水が抜けた場合、使用済み燃料が溶融をし東京が住居不能になる放射線がまき散らされると言っているのだよ。

プールの強度は十分なものであるとしても、大地震でプール底や壁面にクラックが入り水漏れの可能性はあり得るでしょ!
水に浸かっていないとアウトと言うことを言っている。

また、悪いことにすでに放射線レベルが高いので近づけないのと(上屋が壊れている)、プールに鉄骨が覆い被さって居るし、抜き取り用のクレーンが使えない&壊れている。良くわからないのだ。

またプール内の使用済み燃料の個別容器自体も一部が壊れている可能性も指摘されている。

専門家は早く使用済み燃料を安全なところへ移す必要がある(安定して冷却出来る)と言っているのだよ。(それがすぐには出来ないので本当に心配している。)

わからなければ100回読みたまえ。


22. 2012年5月20日 19:23:54 : C3ExWDHMP6
http://suihanmuzai.com/ 偽装、国 日本!         
 逃げろ!逃げろ!沖縄まで逃げろ、子供の命守れ、内地いたら湯で蛙になる。

スポンサーサイト
Comment
26
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Trackback
(友人の転送メールから)【菅総理が首都圏2500万人移住を迫られた4号機問題が解決しないどころか進行中】【世界中から心配されている4号機がピサの斜塔となりつつあり東日本全体が危険・・・静岡県立大学の前坂俊之氏、前スイス大使(国会で講演)、米上院議員、米...
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ