05 24

たね蒔きジャーナル20120524

5/24(木) 永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日は千葉猛さんの司会、毎日新聞大阪本社論説委員の池田昭さんの案内で放送されました。

 原発のニュース、核燃料サイクルの見直しで、原子力委員会の評価の前に、推進側だけを集めた勉強会が行われ、結果を事前に公表し、推進側に有利なものに書き換えられていたということです。再処理するか、せずに地下廃棄するか、電力、経産省のみの出席で、経済的に優位になるのはと後退する表現になり、再処理路線継続を求める声が出ており、鈴木委員長代理、報告書は公開で議論している、藤村氏、再処理有利に書き換えられていない、事前の提出は問題と言っています。池田さん、藤村氏のいう書き換えの疑念ではなく、毎日は原案のペーパーを入手し、明らかに書き換えられ、推進派の官僚が秘密でやっていた、誰が信用出来ると言われました。核燃料サイクルは技術上も安全上もコスト上も幕引きせよと、あまりにひどいと言われました。これを異常と思わないのが麻痺しているということです。

 野田総理、大飯再稼動を早くしろとして、中長期には原発をなくすが、短期的にはやれない、再稼動への理解を求めています。真夏の判断では遅いと、近く決断するというものです。池田さん、原発の信頼性をないがしろにして、再稼動するのかと言われました。

 福島事故で出た放射能は90万テラベクレル、天文学的数字になるというのです。東電が明らかにしたもので、推計で、保安員の試算、48万テラの倍、チェルノブイリの17%になります。

 そして、小出先生のお話、核燃料サイクルの原子力委員会の小委員会の、推進側に有利になるように書き換えていたこと、非公開で勉強会をしていたことについて、小出先生は昔からそういうもので、いまだにやっているのだなぁと言うことで、池田さんは原子力村の談合と云われました。

 もんじゅ、文科省が廃炉を含めて検討するものの、実用化できないのに研究するということ、「不思議で、どういう日本語が理解不能」であり、しかし研究すると施設はあるのに、廃炉にしたら施設はなくなるのでおかしいのです。池田さん、推進派が自分のために残していると言われて、小出先生、困った人といわれました。

 リスナーの質問、東京の方より、汚染水の処理を長いパイプで行っているが、水を入れた塔が多数あり、これが壊れたら?雨ざらしでは、というのに、「長くは持たない」、セシウムを吸着させたゼオライトなどが入っていると思われるが、猛烈な放射能でむき出しにできず、遮蔽して置くのだが、どう処理していいか小出先生も分からない、何かやらないと大変なことになるのです(数年のうちに)。しかし使用済み燃料も処理法は分からず、その一部が問題になっているのです。パイプ処理をするとこのごみは増え続けるのです。

 ごみについて、核廃棄物の処理、30年前の討論会で、ロケットに積んで宇宙へ捨てるということがあり、これについて、宇宙に捨てる方策は宇宙処分と論議されたものの、ロケットは時々失敗する、スペースシャトルも失敗した、失敗したらアウトで、技術的に無理となったのです。専門家が論議し、放射能は消せず、どこかに隔離するしかなく、あれこれ考えて、どれもアウト、地面に埋めるしか方法は残っていなかったのです(泣)。再稼動するとこれをまた作るのです。池田さん、生き方の問題と言われました。

 内部被爆の推計値をWHOがまとめて、浪江町で10~20mシーベルトなどとなり、日本政府は高いと言っている物の、事故直後の政府の反応が混乱し、放射能雲に入った人もいて、そういう人の被爆量を推計できない。ちゃんとしたデータがあれば日本政府がやればいいのに、できずにWHOにやってもらった恥ずかしいことになったのです。WHO、規制値を超えた食品も流通していると計算し、小出先生は当然そうである、現地の人は測定もせず食べているといわれました。

 今日も小出先生のお話をお届けいたしました。


たね蒔きジャーナル、今夜の特集、高齢者施設での職員による虐待事件が明らかになり、それに対して、介護保険市民オンブズマンが設立されました。MBSラジオ報道の伊佐治整(せい)ディレクターの報告です。

 神戸の施設で、職員が高齢者を虐待し、家族の隠し撮りで発覚、他にもあり、厚労省の調査では通報のみで506件、前年比100件増えているのです。
 伊佐治さん、西宮のセントポーリア愛の里を取材し、ホテルのような建物で、ロビーも個室もあり、今回はオンブズマンが二人、オンブズマンは大阪のNPO法人が運営しており、2000年に開始、オンブズマン養成講座が行われ、レポートと面接により認められるのです。勉強しないと認められないのです。

 どんな人がなるかは、60~70歳、福祉分野の人、介護に興味のある人が実情を知りたいとなっています。慣れた模様でオンブズマンがチェックして、1年かけてやり、月に2回チェックするのです。

 オンブズマンの活動に施設の人は立ち会わず、入居者の人に了承もなくランダムに調査するのです。調査は優しい感じで行われ、この点、世間話をして調査し、困っていることを聞かず、楽しい話で拾っていくということなのです。監視、告発ではなく、入居者と施設の橋渡しであるのです。生活する中での関心事は食事であり、それにより調査するのです。食べ物は高齢者には健康に直結するものであり、食べ物を飲み込む体操(食べ物が気管から灰に行き肺炎にならないように)、この手順を解説した紙が食堂にあるものの、見にくいと言ったのに、これは職員の見るもので関係ないと反応され、それをチェックしていました。施設では気づきにくい視点なのです。

入居者には施設は家そのもの、環境を良くしたいわけです。マイナス点の指摘だけでなく、提案もあるのです。施設も入居者に楽しんでもらおうとしており、現在の高齢者は趣味も趣向も多様で、知的好奇心を満たすのも求められ、それをオンブズマンに聞いてもらっています。それが楽しみなのです。

 虐待の深刻なケースを見つけるとは、虐待は極端なものの、入居者の本音も浮き彫りになり、30分話を聞いて本心が分かり、ベッドの四方を柵で囲まれた人(転落を防ぐため)が、それを取ってほしいという要望もあったのです。施設もできることから改善するのです。

 オンブズマン、施設へのメリットは、クレームは宝の山であり、オンブズマンはありがたい、入居者のために創意工夫することで、気づかされる毎日であるのです。

 虐待は密室化して起こることが多く、施設も透明性をアピールするメリットもあるのです。

オンブズマン、自治体のものもあるものの、外形的な監査が主であり、利用者と事業者の間を取り持てないのです。

 池田さん、オンブズマンが入居者の孤独を読んだ俳句を紹介し、心の中はなかなか読めない、本音まで時間がかかる、入居者の心を開くのは時間がかかるとコメントされました。

 リスナーより、オンブズマンが環境改善できないと同じ事件が起こる、オンブズマンが大事とメールがあり、児童虐待と同じで弱いところに行く、無関心ではいけないと池田さん言われました。実態が不透明な施設もあり、それを見ていかないといけないのです。千葉さん、オンブズマンを多く養成すべきと言われました。

 介護の現場のことをお知らせいたしました。

 また、東電の取締役に決まっていた数土(すど)氏、NHK経営委員長を兼ねるのを断念で、東電の再スタートは優先すると数土氏は言っているそうです。ニュースで紹介されました。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ