06 12

たね蒔きジャーナル20120612

6/12 永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞ほっと兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で放送されました。木曜は、宇宙飛行士の秋山さん(福島で有機農業をされて、原発難民、今京都)が出られます。

 原発のニュース、大飯再稼動、西川知事の視察で、地震の対策は出来ていると言うのです。免震棟も代替設備でOKと言うのです(なら作る必要なしと水野さんの突っ込みあり)。おおい町長の判断で再稼動、しかし大阪地裁で大飯再稼動の差し止め訴訟です。平野さん、西川知事のヘルメット姿を見て、県民の安全を考えているのか、免震棟なしでどうして大丈夫なのか?西川氏の独断で言えるわけではないと言われました。全員思考停止、形だけと言われました。

 今日の特集「ちょっと待って!」、民主党で、野田政権の大飯再稼動と消費税増税に反対している川内博史議員のお話で、昨年6月来1年ぶり3回目の登場です。リスナーから質問も殺到です。川内さん、東京のスタジオでの出演です。リスナーの民主党への評判は落ちに落ちており、川内さんも肌身で感じておられます。「増税のためなら全て 投げ捨てる」というリスナーの一句があり、川内さん本質を言い当てていると言われて(泣)、民主党の看板政策が消えていき、川内さん、執行部でないので内閣にも入っていない、約束が捨てられることに泣き出したいと言われました。

 リスナーより、増税と再稼動を止めないと民主党は国民から見離されるといわれ、止められるかと言うことに、それは国民の応援にもかかる、川内さん、安全なしの再稼動は何が何でも止めないといけない、野田氏、こっちにおいでと言わないといけないのです。総理になると官僚に取り囲まれて、川内さん、野田総理と一言も会話していないのです。川内さんがお願いしてもブロックされる(誰がブロックするかわからない)、官邸には秘書官がいて、再稼動も総理に117名の反対の署名を集め、国民は節電やる気なのだと届けたのに、それで野田総理と話したいのに出来ず、官房副長官でストップ、われわれの気持ちが野田氏に伝わっているのか、なのです。

 平野さん、党内の増税反対の声は増えて、党で決めたと言うのは野田、前原氏が言うものの、昨年の深夜に決めた税制調査会の文書があり、議員削減、行革とあり、これで川内さん野田氏と握手したものの、増税の前にやることがあり、しかし法案になるとやるべきことが全部なくなり、社会保障も先送り、法案だけ出させてくれとなったので、論議は打ち切られ、与野党協議は社会保障を棚上げ(先送りから後退)、みんなついていけないと、会議の雰囲気があるのです。

 リスナーより、野田政権、国民を馬鹿にしている、党を割れと言うのですが、川内さん、野田氏にしっかり話をして、野田市はシロアリ退治なしに増税なしと言っていた、その初心を思い出せと川内さんいい、順番が大事、民主党の再生を国民に見せないと、川内さん民主党のチャーターメンバーで、出て行くことは1000%考えていないのです。

 水野さん、野田氏はシロアリ退治ではなく小沢退治を考えており、リスナーより、小沢氏が原発反対と言ったら支持が出ると指摘があり、小沢氏、今日増税+再稼動+TPPは同じ根っこの問題で、どう解決するかと、問われていると言い、川内さん、代表選で小沢氏に原発について聞いたら、最終処分できないとだめと、小沢氏は脱原発であり、これを各地で言ったのに、小沢氏、政治資金報告書のことばかり言われてこれは浮かんでこない。しかし、増税、原発も小沢氏表で語り、国民の理解も増えていると川内さん言われるのです。

 再稼動、早ければ14日に決定で、この時に小沢氏がきっちり言うべきと水野さん言われて、川内さん今しかない、小沢氏の考えを国民の前で語れとなり、14日18時より、増税に反対する大集会が検討され、様々な党から議員が参加し、現時点の裁決反対の集会で、ここに小沢氏が出ることをお願いしているのです。ここで、小沢氏、原発も語る模様です。しかし、明日でないと間に合わないと水野さん言われて、しかし再稼動反対署名に小沢氏、鳩山氏他多数の名前もあり、野田氏も再稼動の判断の前に党内の声を聞くと言っており、川内さんやれることはあるというのです。

 リスナーより、再稼動を止められるのは小沢氏しかいないと指摘があり、党を出ることは小沢氏、鳩山氏は考えていない、みんなの期待に応えられる党にしたいと、再稼動、増税、TPPで議論しているのです。

 リスナーより、増税案の採決、野田氏、党議拘束をかけるとしており、これについて、中間派にも増税反対派は増えていて、社会保障と税の改革をするのに、増税だけやるのはおかしい。後期高齢者医療制度のことを反故にして、増税したら党内で誰も賛成しないのです。現執行部は強行を図り、国民会議で棚上げした増税協議は、批判噴出し、総理は自民党に入って増税しろという雰囲気になっているのです。党議拘束はかけられない、政権交代で消えた年金、後期高齢者制度などで自民党ダメとなったのに、それを国民会議というわけの分からないものにすると、これは自民党案になり、実際リスナーより民主党への失望、民主党を訴えたいという人もいて、小沢グループの離党期待の声もあるのです。マスコミ、国民の方で離党、新党という派手なほうに行くが、川内さん、みっともなくても、しがみついて党を立て直すべきと言い、政権交代の期待に応えることになる。増税を必死でやりたいのは野田氏、岡田氏、安住氏他数名で、党内の大部分はおかしいと思っており、川内さん、止めるチャンスはある(増税先送りはある)というのです。

 野田氏、自爆解散を狙うということもありますが、川内さん、野田氏は最後のバランスはあり、党を壊滅させる解散には出ない、総理と話して一致点を見るべきなのです。

 今の政治を見て、橋下氏への期待が高く、小沢氏と橋下氏の関係について、川内さん、橋下氏はすごいと見ているが、ああなればいいがなれないと羨ましく見ており、橋下氏は彼でがんばり、地方の政策は一致している。増税はやるべきことをしてからと一致しており、原発も一致し、川内さん、橋下氏と一緒にやっていけると思うが、橋下氏の考えは分からず、ブレーンに川内さんの友人も多く、話してみたいのです。

 代表選、小沢氏は誰か立てるかについて、小沢氏は震災・原発事故で日本を変えないといけないと強く主張し、自分が出るか、誰かを応援するか、みんなで話し合い決めていくのです。

 川内さん、野田氏とるより橋下氏とやるほうがいいと水野さん言われて、しかし野田氏、シロアリ退治と言っていたからそれを思い出す,仲間で同じ方向を向いていたというのです。水野さん、川内さんの説得を見ているといい、川内さん、野田氏にすがりつく、しかし官僚もすがりつくというのです。どちらが勝つかです。リスナーより、分党してでも止めてくれ、とっとと解散総選挙してという声があり、平野さん、増税と再稼動を止められるのは小沢グループのみ、霞ヶ関の既得権を跳ね返せるのは小沢グループだけとのことです。

 今日の川内さんのお話も面白かったです。これをお伝えいたしました。明日はエネルギー問題で小出先生も出られて、再稼動について聞きます。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
6/12 永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞ほっと兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で放送されました。木曜は、宇宙飛行士の秋山さん(福島で有機農業をされて、原発難民、今京都)が出られます。 原発のニュース、大飯再稼...
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ