06 20

たね蒔きジャーナル20120620

6/20(水)永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。近藤さんは放浪したいと言われています。前原氏の一任という言葉を近藤さん批判されて、民主党の終わりの始まりか(54人出たら少数与党化、小沢氏+鳩山グループで離党したら、特例公債法案もアウト)。参院で解散させられる、自民のシナリオでどじょうが踊る、自民党のシナリオ通りなのです。

 原発のニュース、大阪市が瓦礫受け入れで、ゼオライトで処理し、橋下氏、此花区民に説明して、処理です。


 大飯原発で、発電機の冷却タンクで水位の低下を示す警報機が作動。基準より10cm下がると警報で、関電は一時的な上下だと言っています。発表がトラブルから半日経ったのは、深夜に発表するものでないと関電は言っています。保安員は遅れを陳謝し、同じ程度のトラブルはすぐ公表するというのです。

 そして、小出先生のお話、大飯の警報について、よく経過か分かっていないが、小さなトラブルは日常的に起こり、警報はよく鳴るが、軽微なものか、深刻なものかを知りたいのです。 発電機の冷却タンク、原子炉を冷やす水と違い、これが減ると発電機が止まりインターロック、原子炉停止になるもので、発電機が動かないと原子炉を止めないといけない。作業員が目で見て基準より5cm低く、警報は10cmの設定で、警報が鳴ると、問題で、警報は正常でないから鳴るので、警報が出るべくして出たら、原因を突き止めないといけないのです。どれくらい大丈夫かについて、小出先生今の情報では不明。タンクの水位が一時的に上下するという関電の説明はおかしい、それなら今までも鳴っていたはずで、しょっちゅう警報の鳴る理由があり、それを小出先生知りたい。タンクの水位が減って実際警報点になった、それなら、どうしてそうなったか調べないといけないのです。警報が鳴るなら、タンクに水を貯めればいいのであり、漏れているならふさげばいい、それで再稼動が遅れるわけです。全て調べてからでないとダメ、しかしすぐに調べたら分かるはずで、明
日には分かるはずなのです。  
 近藤さん、再稼動を決め、総理が責任を持つと言ったのに、情報公開のもとに責任があり、つべこべ言うものの、法令に抵触するものでないと言うものの、情報に問題があり、小出先生、関電の自覚に問題がある。情報が不足し、どこまで重要かわからない、本当に大したことはないのかも知れないのです。

 大阪市の瓦礫受け入れ、小出先生は灰を埋め立ててはいけないといい、しかし大阪市は夢島に埋め立てて、小出先生の案は通らずで、放射能を扱う原則を橋下氏らは知らない。小出先生のところに何度も多数の人が維新として来て、放射能で汚れたものは専用に隔離しないといけないと言ったのに、そうならなかったのです。

 環境省は、海面、陸地に埋め立てても大丈夫といい、小出先生失笑されて、「安全性が確保される」と言ってはいけない、どれだけ危険かを言わないといけないのです。海の汚染は、海面を埋め立てると海に溶け出し、放射能が出る。陸で、環境に漏れない処分場で保管すべきなのです。

 地元は此花区で、住民の動きは反対の声はあるものの、橋下氏、3回説明して理解を求めるとして、すったもんだにはなっていないのです。

 今日の小出先生のお話をお届けいたしました。

たね蒔きジャーナル、続いて、消費税増税国会について、民主党小沢グループの辻恵(めぐむ)さん(大阪17区)のお話がありました。今日も民主党の両院議員懇談会に出ていた辻さんのお話です。東京スタジオでのお話です。

 民主党よ、どこへ行く、党の分裂もあり得る状態で、自民・公明と合意し、看板を捨てて増税であり、野田氏は何としてもこれを通したい。それに反対する辻さんのお話です。

 両院懇談会、5時→8時であり、場所が8時までしか借りられないところを選んでのことなのです。小沢グループの造反にリスナーの関心もあり、懇談会、社会保障と税の改革で、先週来4回やり、検討してきたのですが、法案が不十分と辻さんらが言ったのに、法案が提出され、3党協議で、民主党のマニフェストが反故にされ、自民案の丸呑みで、激論になり、昨日は台風で電車が止まったからと前原氏が打ち切り、辻さん、156名の署名で両院議員総会を開けとして(党大会を開けないときの総会で、党大会に代わる機関、議決権あり)いたのに、懇談会にされ、ガス抜きのためのものであり、民主党の根幹を揺るがす、民主党が変質しており、意思決定せよと言ったのに、総会の問題ではないと執行部は言って蹴られたわけです。

 近藤さん、手続き的なことをやっていると言われました。

 水野さん、最後は議長が野田氏と輿石氏に一任と言い出し、事実経過はその通りで、辻さんも2番目に発言して、速やかに両院総会をやらないといけないのにやらない。前原氏の打ち切りへの問題もあり、きちんとした議決をしてくれと言ったのに、4,5人しゃべらせて答えやすいものだと応える対応で、ガス抜きであり、自民党もこれで総務会+両院総会、公明も両院総会をやっているのに民主党がやらない。執行部は応えられず、うまく流そうというものです。  近藤さん、これを聞いてうんざりで、小沢、鳩山氏の取る行動は、明日10~11時に審議入り(委員会)、他の野党には知らされず、本会議で採決になり、その際の造反は、2009年のマニフェストを訴えたものの反対で、辻さん法案に反対する。反対する同志の方が多く、しかし造反するのは、辻さんは50人は超えると思われ、近藤さん、50人を超えたら処分できない(54人反対したら政権は、自公が不信任を出したら終わり)、辻さんは55人はいると感じられています。

これに危機感を持った中間派も、鹿野氏も発言し、党は情で固まれと言うのですが、理屈で対立しても賛成しろという雰囲気であるのです。党が割れないようにしようと鹿野氏は言うのです。

 リスナーより、民主は割れるべきとの声もあり、辻さん、2010年の参院選で菅氏が消費税を持ち出し、寝耳に水で、野田氏はそれを引き継ぎ、小沢氏、代表選3連敗なものの、党で責任を取らずたらい回しが良くない。処分されないなら、党に残り、代表選を戦う。来年まで任期があり、本当の政権を作るチャンスもあり、官僚言いなりの政治ではない、政治主導の政権を民主党がやるべきと辻さん言うのです。9月の代表選を闘うべきで、民主党と言うと嘘つきと言われるが、代表選で勝てばちゃんとやる機会もあるというのです。

 辻さん、解散は出来ないしやるべきでないと言われて、不信任案、問責は民主党を守るために否決する。本来のマニフェストを守る政治をしたら、国民に理解してもらえると思うのです。

 野田氏、谷垣氏、二人とも党内の支持は少なく、解散できる状態ではないのです。

 新党という声もあるものの、最初の1年がんばったが、その後言うことが変質してしまった。数は執行部を変えれば官僚を脱してやれる。小党に分裂するのは、国民生活を守るためにやるべきではないのです。

 増税ストップの手立ては、法案は2014年から上げる=次の政権が決めるので、次にちゃんとした政権が出来たらいい、今急いで採決することはないのです。しかし、自民党は民主を分裂させるために採決させようとしており、それに執行部が乗ってしまっているのです。執行部を変えて、増税しない、デフレを止めて官僚依存を止める政権を作り、それで解散総選挙をすべきと言うのです。  この法案で造反しても、55人を超えたら除名はされないのです。しかし、54人未満では変わる。状況は流動的で、筋を通して、訴える勢力を作るべきなのです。

 今日の総会は、ガス抜き、執行部の今までのやり方の延長で、しかし鹿野氏、輿石氏の明言もあり、最悪は担保されていると言うのです。辻さんと小沢氏の見解は一致しているかは不明です。  リスナーより、小沢氏が野田政権を倒してくれという声もあり、代表選で勝たないと倒せないのです。

 小沢グループは本当にひとつかとのリスナーの指摘もあり、苦しい言い訳を聞かされたとの意見もありました。国民の苛立ちを与党はどう聞くかなのです。

 今日は小沢グループの辻さんのお話でした。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
6/20(水)永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。近藤さんは放浪したいと言われています。前原氏の一任という言葉を近藤さん批判されて、民主党の終わりの始まりか(54人出...
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ