06 27

たね蒔きジャーナル20120627

6・27 永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。

 原発のニュース、全国の電力会社9社の株主総会が開かれ、関電では橋下氏の提案反対、京都市、神戸市の議案も否決されました。総会に5時間32分。東電は国有化への定款変更が認められ、東京都の事案は否決です。自治体は物言わぬ株主であったのに、異例なことです。

 能登半島の志賀原発の株主、原発のない沖縄電力の株価が高いと指摘しています。

 大飯、また警報で、電気を外部から受ける送電線で、23日にも送電線の異常の警報が26回鳴っています。
 小出先生のお話、北陸電力の総会で、
株価低迷、原発のない沖縄電力の株価が高く、原発なしがいいと言うことについて、小出先生株のことは知らないが、原子力の発電単価は事故なしでも他より高いのが分かっており+事故=国有化、会社が潰れる危険があり、原子力を止めたほうが株が上がると小出先生言われるのです。

 火力のための燃料代でかさむというのは、愚かな選択をしてきた経営者の責任、原発が不良債権になれば経営危機は当たり前、経営者の愚かさのツケなのです。

 大飯の警報、今日も鳴り、中央制御室、特別高圧送電線開閉所で作動、これは、原子炉本体とは違うが発電所に重要で、電気の高圧受け入れをして、トラブルも多いのです。ここで漏電の模様で、火災、ショートはなく、結露の影響と言われて、たかが結露で原発の警報が鳴るのかについて、小出先生のところにも大量の電気を流す施設があり、設置していると、漏電は重要で、毎日調べているのです。小出先生のところでも漏電に近いものはあり、原因を究明はあり、原発は大量の電気の授受があり、漏電はあるのです。警報は一度鳴ったら原因が分かるまで止めてはいけない、結露の判断まで時間がかかったのです。

 警報が一晩で26回鳴っており、それは送電線の異常チェックの無線トラブルであり、いまどきたびたび起こるのか、意外と小出先生思われるのです。19日の警報、公表が半日遅れて、しかし保安員、しょっちゅう鳴るなら警報を公表しないといい、近藤さん、それはおかしいといわれ、水野さん、どれが重大なのか分からない、今までの判断を間違えた保安員の判断で、小出先生、保安院が重要か判断するのは認められないのです。これまで間違えた責任を明らかにして欲しいのです。特別な監視をしている大飯でもこの始末で、送電線は他の原発でもあり得るのです。大丈夫ではなく、事故は小さなトラブルが集まり中規模事故→大事故になるのです。警報に鳴れるのも危惧されるのです。

 今日の小出先生のお話をお送りいたしました。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ