07 04

たね蒔きジャーナル20120703

7/3  永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。

 原発のニュース、東電の会長&社長が福島第1,2を視察で、会長、取り返しのつかないことをしたと言い、事故を収束させて廃炉へのめどをつけないといけないと言っています。津波被害の施設を来年3月までにすると言うのです。福島県は6つの廃炉を求めて、東電は明確にしていません。

 大飯、明日朝発電を開始し、タービンの調整完了(わずかにズレあり)で、朝7時に再稼動となります。

 そして、小出先生のお話、原子力規制委員会の人選についてのお話がありました。
安全を司る委員会のガイドライン、5人の基準が3年前まで調べられ、原子力関係者はダメ、同じ原子力事業者から一定額(年50万円)アウト、それで選ぶのですが、水野さん、今までこんな人でも良かったと驚かれて、小出先生、これまでは水野さんの言うとおり(泣)、原子力関係者が大学に移るなど日常茶飯、電力会社→大学と聞いてミズノサン唖然です。

 かつ、年間50万円アウトに関して、「もちろん出来ない」、原子力村は広い組織で、原子力学会で6000人はいる、電力会社の社員だけでなく、人選は容易なのです(泣)。新聞には人選できないと言うが、日本は原子力を進めると決めて、安全保障という始末で、それに沿うような人を選ぶのみ、「人材は山ほどいる」のです(泣)=小出先生には声はかからないのです(泣)。

 もし、小出先生引き受けるなら、安全保障削除+基本法に推進すると書いてあり、それをなくさないとダメなのです=国がやると決めたから誰がなっても同じ、引きずられるのです(泣)。

 50万円とあるものの、はっきり書かずに取引はある+たまたま50万円もらわなかった人もあるのです。

 近藤さん、選びようがあるなら、クレームはマスコミの仕事で、小出先生しっかりして欲しいが、近藤さん、経歴を調べるべきかについて、しかし、原子力への加担は調べて欲しいが、国がやると決めたから、それに引きずられるわけで、引き受ける=認める、であり、原子力推進で、中立もクソもないのです(泣)。

 福島4号機のプール、自動停止し、故障したのですが、予備の冷却装置も起動せず、原因不明で、水温が33.3度→冷却再開42.9度のことについて、もし冷却が再開できていない=どんどん上がり、100度を超えると蒸発して水が減り、核燃料が溶け出し(プールは10数mあるので時間はあるのですが)、冷却をしないといけない、ポンプ故障の原因がもし1週間分からないと100度を超えておしまいなのです。冷却停止で42度になり、小出先生、冷却は一番大切で、ちゃんと東電がやらないといけないのに、猛烈な被爆環境で作業員も被爆し、こういうこともあるのです。しかし、ここに核燃料があり、広島原爆5000発分のセシウムがあり、しかし冷却装置がトラブルはあり、1日で直ればOK、しかしこのプールは全国の原発にあるのです。

 また、キーボードを打つ手が震えました(泣)。小出先生のお話をお送りいたしました。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
7/3  永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。 原発のニュース、東電の会長&社
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ