07 06

たね蒔きジャーナル20120705

7/5(木) 永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日は千葉猛さんの司会、毎日新聞大阪本社論説委員の二木一夫さんの案内で放送されました。今日、大飯3号機の発電再開で、事故以来初の再開で、国会の事故調の報告、ダイジェストが千葉さんにあり、事故は終わっていないと最初にあるというのです。

原発のニュース、事故調は人災と結論付けています。
歴代の規制当局と東電が先送り、自分たちに都合よくやって3・11を迎えたとしています。対策を取れば事故は防げた、想定外ではないとしています。東電は訴訟で不利になるのを恐れていたとしています。本来は保安院が規制すべきなのにしていない。官邸が東電に介入したこと、東電も官邸の顔色を伺ったとしています。菅総理により全員撤退が阻止されたのではないとしています。リスナーより、自然災害でないから犯人は誰か、地震でどこまで壊れたか分からない、終息宣言の野田氏はどう責任を取るのかと言われました。二木さん、国会がどうメスを入れるのかと言われました。ダイジェストの結びに、対策は小手先、国民の目から見た安全対策が求められているとして、なら、脱原発に向かうべきと踏み込めなかったのかと言われました。それは、日本の今後のエネルギーについて、委員会では扱わなかったとあり、報告書からどちらに進むかなのです。報告書により事故が過去のものになることを懸念しています。

 大飯再稼動、事故以来初めてで、フル稼働で節電を10%に緩和です。藤村氏、安全判断は政治判断ではないと言っています。

 大飯の活断層、超党派の議員が勉強会で、渡辺先生の意見を取り入れ早く調査すべきとしているものの、関電は活断層ではないとしています。関電が資料を提出せず、議論が先送りにされたのです。リスナーより、庶民の節電意識の低下を懸念する声もありました。
 今日の特集は、超党派で作る「原発ゼロの会」の事務局長、社民党の阿部知子さんのお話でした。東京のスタジオにおられます。原発危険度ランキング、6月29日の毎日に記事があり、50基の原発を点検して危険度をチェックしたものです。うち24基は即時廃炉、残りを危険度順に並べています。詳細は、http://genpatsuzero.sblo.jp/にあります。

 阿部さん、大飯3号機の再開、政府は国民が原発ゼロに慣れないように動かしたい、政府は今まで同様事故なしと言っているのです。原発ゼロの会はこれに対して出来ず、政府は何が何でも動かしたかった。しかし、官邸にデモというより多数歩き、これを野田政権がどう受け止めるかなのです。原発を進めるなら、今のでは国民に不信を与えるだけなのです。

 動かす順番よりも、国民はどれが一番危ないか、どれを一番止めるか、ドイツは17基全部止めて、危険な8基は中止にすぐにしたのに、なぜ日本で再稼動するのか、政治が国民の声に応えていないと言うのです。

 社民党と小沢新党の協力は、阿部さんあり得る。消費増税反対、再生エネルギーも必要、格差もひどく、小沢氏らの政策と増税反対の統一戦線はあり得るのです。政権交代時、格差、デフレについて合意しており、口先だけでなく、実行を国民は期待し、一緒にできることはやるということです。本当に今、国民を裏切らない政治家が必要で、亀井氏もそう、民主党は沖縄で裏切り離脱した、裏切らないのが必要とのことです。

リスナーより質問で、この会のメンバーは自民まで入り(7会派)、自民党にも入る人がいるのは意外との見解があるのですが、河野太郎さん以外にも、長谷川学さんも加わり、国会事故調に阿部さんも不満で、みんなで危険なものを止める決断のために3ヶ月でやったのです。超党派の意味、大飯については、即廃炉を求めたのは東日本+中越沖地震、活断層のものであり、大飯も問題なのに、即廃止になりえる大飯(地盤のズレが怖い)、活断層の結果では即廃炉になる。福井は活断層の危険性が高いのですが、指摘されても調査しない、資料を出さないのです。  ランキングについて、ドイツのように危険なものから廃炉であり、24基は廃炉で、関西も多く、問題は活断層、美浜は死亡事故、その他古さで危ないのです。  その他の26基は、ワーストが大飯1,2号機(古さ+事故頻度+活断層+周辺の人口)、次には廃炉を求めるのです。阿部さんは廃炉にしたら立地自治体が困り、それを支援しつつ、原発の代替の仕事のこともやる必要があり、不安なものも動かす状態から抜け出すための支援が要るのです。

 日本は地震列島で、どれも危なく、しかしどれをどうするか指針が要り、安全でないのに安全という政府と、危険を感じる国民、立地自治体の立場も含めて、この危険度を決めて、危険なものから止めようと言う訳です。即時全廃にもお金がかかり、原発は減価償却する、それを廃止して大丈夫なお金がいる。どれも早く止めたいが、お金、自治体支援でやれず、それを決めるためのプロセスが要り、国民の思いは危険で地震の活動期であり、地震大国に50基も原発があるのは他の国の人は信じられない。地元、経済への影響もあり、それを見込んで決めないとダメで、大飯も安全配慮なし(ベント、免震棟なし+防波堤なし、オフサイトセンターは津波で一発アウト)で、お金をけちり再稼動している。安全にも、廃炉にもお金がかかる、どちらがいいか、国民に指針を示す必要があり、それを示す叩き台なのです。

 東日本で被災したものは動かせない(首の皮一枚で津波を免れたものあり)、残りも危険で、政府は安全というものの、新しい視点で見たら、人口密集、原発の集まっているのも問題で、どれも深刻な危険度であり、それを明示して、即廃炉なら10兆円いると試算され、それでもいいと国民が選ぶならやれるし、電力供給にも答えを出すものです。費用と国民負担、スピードを試算して、国民と一緒に考えたいのです。危険度ランキングで、安全度ではないのです。

 二木さん、大飯は立地自治体の経済もあり、代替エネルギーの問題もあり、具体的な対策について、7本の柱、原発ゼロ、プルトニウム取り出し中止、自然エネルギー、シェールガスを出しているのです。スタートがドイツでやったような、危険なものを止める判断を政治がすべきで、今は危険なのに動かしている。危険が明らかではない。誰かがやらないと、いろいろな意見が共有できず、これがスタートなのです。

 阿部さん、全廃はいつかについて、かかるお金と再生エネルギーの兼ね合いで、早ければ2020年、代替エネルギーは2020年に35%、これは国民がイメージできず、何を何%にするではなく、原発を廃炉にして、固定価格買取制度で、比率は変わるのです。

 仲間の議員は増えるかについて、ポーズだけの反対を増やしたくない。この政策のために、仲間を増やす人が欲しい。民主党のマニフェスト、言うだけでやらないのは信頼されない、本気で過半数にして、国民の意思でやめる方向にするのです。

 これで時間になりました。リスナーのメールが殺到し、大飯の活断層の資料を関電が出さないとは信じられない。日本は国に従事するものが大事で国民は2の次というメールもありました。二木さん、まずいから関電は資料を出さないと疑われました。 今日は充実したお話でした(昨日の萩原さんのお話は腹が立って眠れなかった(泣))。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ