07 11

たね蒔きジャーナル20120711

7/11 永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。

 原発のニュース、小沢新党は脱原発を目指すとしています。党議拘束もなしです。49人が参加し、反増税の党で野田氏は厳しくなります。近藤さん、五七五の非定型で、大阪では受けるかもと言われました。今は生活より命であり、生産より生存の時代になり、しかし国民の生命第一も何とかで、反応は近藤さん分からないと言われました。原発再稼動もアメリカが裏にあり、集団的自衛権と、野田政権は危ないと近藤さん言われました。

 そして、小出先生のお話、事故検証の国会の調査
、人災と言っており、これについて小出先生は「当たり前だ」、報告書にあり、東電が事故が起こらないと備えをせず、規制する安全委他も役に立たず、法律も役に立たない、日本で原子力をやる組織なしでやってきて、人災なのです。
 水野さん、地震にも津波にも耐えられる補償なしと言うので、保障はどうなのかと言う事で、「そんなものはあり得ない」、世界一の地震国でマグニチュード9が来るのに安全はあり得ない、事故調の人もそれを信じているのではないのです。
 水野さん疑問もあり、事故は津波のせいか、地震のためかは大事であり、報告書で地震でやられた可能性ありとして、今まで全て津波としており、そうではない説明があり、津波の時刻と、実際の電源喪失時刻が大切で、津波がいつ来て、第1波はいつ、第2波はいつという時間を、沖合1.5kmの記録として、原発に津波の来た時刻ではなく、1号機はもっと早く電源喪失していた記述があり、小出先生、問題は何度も言うように「現場で確かめられない」、電源の調査も出来ないし、地震による配管の破損を確かめることも出来ない事態で、原発事故の困難性を示しているのです。4つの調査報告書で、全て証拠を掴めていないのです。
 今回も、津波と言う説明の前に、筋の通った説明をするには資料がなく、事故が火力なら調べられるが、原発は現場に行けないのです。
 強制力のある国会の発動をしておらず、もっと出来なかったかと水野さん言われて、東電の説明は嘘が多く、近藤さん、人災の一人歩きを恐れる=ちゃんとしたら大丈夫と言われかねないとして、しかし日本が大変な地震大国と言わないといけない。つけこまれる余地ありとして、小出先生、もう一歩あり、日本は地震国だから何をやってもダメではなく、地震国でなくても原発は壊れるときは壊れるのです。核分裂をしたらゴミの始末も出来ないのです。
 事故調査、政府に申し入れるか決まっておらず、これから何かが改められない、それこそ人災なのです。
 今日の小出先生のお話をお送りいたしました。続いて今日結党された小沢新党「国民の生活が第一」の動向、所属する大阪15区の衆院議員、大谷啓さんのお話がありました。東京スタジオでの出演です。大谷さん、すがすがしい気持ちと使命感があると言うのです。不安は考えないようにしているそうです。

 また、沖縄ともつながり、高江(ヤンバルクイナの森)、ヘリパッドを増やすとしており、住民の座り込みが5年続き、その模様も出てきます。石原岳(たけし)さんのお話があり、3月~7月1日は野鳥のために工事をしなかったのが、今は工事再開の時になり、夕飯時の座り込みのない時にやられて車を置かれたのです。オスプレイとも関係があり、ヘリパッドは高江にも運用されるのです。オスプレイパッドなのです。

 大谷さん、沖縄について、野田政権のあり方について、アメリカに言われるがまま、従属のままの象徴と言うのです。

 新党「選挙が第一」というリスナーの声もあり、大谷さん、逆で、小沢氏に選挙で得はないと言っているのです。

 資金面ではしんどく、民主党にいると政党交付金があり、さらに党の職員の給料もあり、民主党だと年間1000万円あり、それがなくなるのです。今の増税に反対する意味はあると近藤さん言われて、小沢アレルギーはメディアも含めてやっている。それだけ民主党は裏切っていると近藤さん言われて、小沢氏のアレルギーを案じるのはというものもあるのです。

 大谷さん、小沢アレルギーを払拭する説明、マニフェストは裏切るのかと言われるので、今度は嘘と違うと言うものが要り、増税は財務省の振り付けが利いており、国民に訴求するものが要るのです。

 増税阻止、民主、自民、公明で数は足りるのですが、国民の声が大事で、官邸デモのパワーが要るのです。

 原発について、リスナーの意見があり、松原の方で、じっくり聞かせてもらうとして、本当に脱原発できるマニフェストができるかと質問があり、今具体化の議論をして、目標を決めないとダメ、小沢氏もNHKで具体的な数字を挙げ、原発に代わるものをどうするか、それを具体的に追求し、いつゼロにするかにするのです。

 リスナーより、脱原発するなら、連携すべきは官邸デモであり、小沢氏にもデモに出て欲しいとあり、それも前向きに検討したいと大谷さん言い、小沢氏が官邸前で演説するのは、具体的な要望も寄せられて、いつやめかは言えないが、検討しているのです。「言うだけは、言っておこうと反原発」との一句もあり、大谷さん、原発だけでなく、既存の既得権益、体制を抜本的に変えることが原点で、原発も官僚、原子力ムラを変えて、変えられるようにすると言う事なのです。

 今日の設立総会、どんな様子かは、みんなある意味憑き物から解放され、使命感に満ちた雰囲気であったのです。民主党時代と一変したのです。民主党の中で闘ったものの、選挙区で理解されない、これで堂々と闘えるということです。

 近藤さん、選挙の時期もあり、小沢氏のアレルギーはメディアの煽ったお金のこと+理屈で数字を取る(いろんなところとくっつく)、脱原発なら社民はOKだが、維新はどうか、訴える理念が伸ばすと薄れると言われて、これに大谷さん、数あわせと言われるが、現実は数がないと出来ないので割り切る。選挙時期は、大谷さん、新党ブームは起こらず、マイナスからのスタート、これ以上落ちない、訴えれば積みあがり、時間ともに積み上がると言うのです。近藤さん、それは潔いと言われて、まだ右往左往しているひともいるからと言われました。「小沢より 維新は野田を選んだか」とのリスナーの一句もあり、橋下氏には振り回されないようにと言うことです。橋下氏を取るのは大きいですが、最終的には政策でどれだけ結べるかなのです。が、増税反対の橋下氏が野田氏を褒めて、橋下氏との連携はまだで、これからの話、今は一喜一憂しないのです。橋下氏、原発は否定的な発言が多いものの、橋下氏は手続き論で原発も増税も批判し、政策はどうなのかと大谷さん言われて、政策で合わないのに野合はしないと言うのです。

 小沢氏、橋下氏のことをどう見ているか、今やらないといけないのは統治機構の変化、今までの仕組みを変えて、小沢氏は橋下氏を評価していると大谷さん言われました。TPPについては、大谷さんは慎重であるべきと言うことで、普通の連携と異質で、関税ゼロだけでなく、規制にアメリカの制度を押し付けるもので、今の日本外交だと危険と言うのです。集団的自衛権、アメリカの息が野田政権にかかると近藤さん言われて、自衛権は新党で結論は出ず、いずれ出すと言うことでした。

 この新党に関して、近藤さん、国民の生活「が」第一、夏が来たと、夏は来たが異なり、この「が」、助詞の入った政党名がなく、大きいと言われました。看板に恥じないようにと水野さん締めくくられました。

 今日は、大谷さんのお話をお送りいたしました。


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

tomo

Author:tomo
ジャーナリスト、池田知隆のブログです。最近の記事、イベント情報などを掲載しています。

池田知隆公式サイト
http://ikedatomotaka.main.jp/
E-mail; PEB00015@nifty.com

大阪自由大学サイト
http://kansai.main.jp/

プロフィール
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
カウンター
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ